SONY

メニュー
サイト内検索ボタン

検索

師岡 美紗子

2020年中途入社

法務部通商グループ 輸出管理チーム

ブレーキを踏むだけでなく、法的側面からビジネスを加速させる

これまでの経験と、興味のある分野が重なったソニーの法務

私は新卒で入社した前職の自動車部品メーカーで輸出関連の業務を担当したのち、同社の法務部へ異動。契約法務をはじめ、株主総会の運営などコーポレート法務の分野で6年間ほど経験を積みました。そのなかで今後のキャリアを見つめ直し、より幅広い業務を経験したいと思い転職を決意。ソニーの法務部を選んだのは、これまで培ってきた経験を生かしながら、もともと興味のあった映画や音楽などのエンタテインメントの分野にも挑戦でき、法務としてソニーの多種多様な事業に携わりたいと考えたからです。入社後、グループ各社のさまざまな事業部の方とお話する機会があるのですが、前職の法務で培った、法律的・抽象的な概念を言語化してわかりやすく伝えるためのアウトプットにかかわるスキルや、相手の要望や必要な情報を効果的かつ過不足なく引き出すためのスキルがとても役立っています。

法令の改正内容を的確にとらえ、多種多様な事業部の輸出管理をサポート

入社後、まずは輸出管理業務について全体像をつかむため、輸出の相手先や品目のスクリーニング(審査)業務を担当しました。現在の主な業務としては、海外の法令改正について情報収集・分析し、社内に周知するとともに、法改正の影響を受ける事業部の方と相談しながら、各国の通商担当者や海外法人の弁護士と対策を検討するなどの業務を行っています。その他、ソニー本社や各グループ会社が適切に輸出管理できているかの監査、当局の立ち入り調査への対応などの検査関連の業務にも携わっています。また、さまざまな輸出規制に関する問い合わせの対応も任されており、エレクトロニクスから半導体、金融やAI、エンタテインメントに至るまで、幅広い事業のあらゆる部署からの問い合わせに日々奮闘しています。それぞれの方に対して適切なアドバイスを行うためには、膨大な情報収集と知識のアップデートが欠かせないので大変ですが、さまざまな事業部の方とのコミュニケーションはとても興味深く、また刺激があって面白いですね。

コミュニケーションが活発で、成長の機会がどこにでもある職場

私が入社した時期は、すでにコロナ禍でテレワークが中心でした。当初は、わからないことを気軽に質問できるだろうか、うまく馴染めるだろうかという不安がありましたが、いざ入社してみると、オンラインのミーティングでも皆さん一人ひとりがちょっとした雑談をはさむなど意識的にコミュニケーションをとろうとされていたり、積極的に声をかけてくださったおかげで、すぐに打ち解けることができました。入社して驚いたのは、ベテランから若手まで誰もが自発的にどんどん新しい知識を吸収し、他のメンバーにフィードバックすることが習慣づいていること。それがチームにとてもいい刺激を与えてくれます。上司も一方的に案件を割り振るのではなく、部下の適性を見極め、キャリアプランなどをしっかりヒアリングしたうえで仕事を任せてくれるので、経験が浅い若手でも伸び伸びと成長していける職場だと思います。また、ソニーの法務部では私の所属する通商グループのほか、契約法務やコンプライアンスなど、一口に法務と言っても業務は多岐にわたり、多種多様な案件に関われるため成長の機会が多く、大きなやりがいを感じられると思います。

ブレーキを踏むだけでなく、ビジネスを前に進める法務へ

入社から間もないので、まずはいま任されている通商業務を一人でこなせるようになりたいと思います。そして、ゆくゆくは前職でもやっていた契約法務の立場でビジネスに携わったり、映画や音楽、ゲームなどエンタテインメントの分野にも積極的にチャレンジしていきたいです。また、法務として法律や規制を遵守し、リスクを回避するため時にはブレーキをかけることももちろん大切ですが、その法律や規制のなかで「ではどうすれば実現できるか」という視点でビジネスをサポートができるところも、この仕事の面白さだと思います。ただ“NO”と言って終わるのではなく、柔軟な発想でビジネスを前進させる法務のあり方を、これからも追求していきたいです。

法務担当に欠かせない好奇心と向上心を

ソニーの法務は、日々変化する世の中の潮流や世界情勢をさまざまな観点から能動的にキャッチし続ける姿勢と、法令を適切に理解し具体的な事例に当てはめて考えられる法律的な思考、この二つがバランスよく求められる仕事です。その両立は決して簡単ではありませんが、社会の動きとダイナミックにつながる面白さや法的側面からビジネスをサポートすることにやりがいを見出せる方には、ぴったりの職場だと思います。私は前職で法務の経験はありましたが、通商の業務に関してはソニー入社後に一から覚えていきました。ですので、たとえ通商や貿易に関する知識や経験がなくても、それまで身に付けたスキルを生かして成長していける環境が整っています。どんなことにも好奇心を持ち、常に向上心を忘れない姿勢があれば、きっとソニーの法務部で活躍できると思います。

技術と創造

電気/通信
萩原 浩樹

電気/通信
松本 智宏

先端素材/機能デバイス
町田 貴志

ソフトウェア/ネットワーク
朝川 智

 

電気/通信
明壁 祐基

その他技術系
友永 周介

その他技術系
菊地 正人

ソフトウェア/ネットワーク
ネットワークプラットフォームサービス部

ものづくり対談

その他技術系
大竹 基之 × 清利 麻耶

育児や介護と
両立しながら働く

ソフトウェア/ネットワーク
渡邉 達也

電気/通信
喜多村 扶佐子

その他技術系
大内 眞紀

※所属は取材当時のものです。

このページの先頭へ