SONY

メニュー
サイト内検索ボタン

検索

武藤 瑛里

2017年入社

法務部コーポレート法務グループ ディスクロージャーチーム

ソニーが生み出す感動を、法務の観点から支える

ソニーが掲げるミッションに共感。ビジネスの現場で法務の仕事を突き詰めたい

私が法務という仕事に興味を持ったのは、大学法学部のゼミで国際商取引の模擬仲裁や交渉のロールプレイングを行なったり、訴訟や紛争につながりかねない契約書の事例を研究するうちに、実際のビジネスの現場ではどのように業務が行われているか、その実態をこの目で確かめてみたくなったことがきっかけです。また、私は小さいころからピアノを習っていて、演奏を通して人を感動させる可能性に楽しさを感じ、現在も趣味でピアノを続けています。就職活動を進めるなかで、企業として「クリエイティビティとテクノロジーの力で、世界を感動で満たす」という目標をソニーが掲げていることを知り、その考え方に強く共感したことから、ソニーの法務部が開催するインターンに参加し、入社を決意しました。

世界中に発信されるメッセージとなる、法務としての大きな責任とやりがい

入社からの3年間は法務グループに所属し、クリエイターとの契約のサポート業務や新規事業に関する法律相談などを主に担当しました。なかでも、広告などに使用される文言のレビューでは、製品やサービスのコンセプトをより感性に響くように伝えつつ、法的にも問題のない表現を模索するのが難しくもあり、同時に楽しさも感じました。現在はコーポレート法務グループのディスクロージャーチームに異動し、株主や投資家、ステークホルダーに対する情報開示や、有価証券報告書などの法定開示書類を適切に提出するためのサポートを行っています。具体的な業務としては、決算発表前には決算短信や四半期報告書などの資料から業績説明会での役員のスピーチ原稿まですべてに目を通し、内容に問題がないか、適切に伝わるかを細かくチェックしています。そのなかで自分が提案した表現が採用され、ソニーのメッセージとして世界中に発信されるのは、大きな責任を感じるとともにやりがいにもつながっています。また、コーポレート法務という立場上、トップマネジメントの考えや今後の会社の方向性などの情報にいち早く触れられるのも、他にはないこの仕事の面白さだと思います。

※新型コロナウイルス感染予防のため、撮影時のみマスクを外しています。

他部署からの信頼が厚く、事業への貢献を実感できる職場

ソニーでは、法務担当の意見や提案に対し、他の部署の人たちがいつも真摯に耳を傾けてくれます。それは、これまで長い年月をかけて法務部が社内で築き上げてきた信頼関係が今なお脈々と受け継がれていて、法務の重要性を会社全体で認識していることの表れだと思います。時には、事業の方向性を左右するようなアドバイスを求められることもありますので、ビジネスへの貢献を実感できる職場でもあります。また、ソニーには本当にさまざまな事業がありますので、わざわざ転職しなくても、グループ内で多種多様な業種の案件を経験できるところもポイントです。法務部のなかだけでも、担当する領域が変わると業務の内容も大きく変わるので、常に新鮮な気持ちで働ける環境だと思います。年齢や経験を問わず自分の意見を発信することが歓迎される社風も、法務部はもちろんソニー全体の大きな魅力だと感じています。

多くの感動が生まれる瞬間に、法務として立ち会いたい

これまではコーポレート法務の業務をメインで担当してきましたが、今後はまだ経験していない分野の事業を法務の立場からサポートすることにもチャレンジしたいです。たとえば、BtoBの事業で企業買収に関わったり、エンタテインメント事業におけるアーティストとの契約業務を行ったり、規模の小さなものから大きなものまで、ソニーが扱う幅広い業種に携わり経験を積むことで、法務担当としての守備範囲をどんどん広げていきたいと思います。私にとって、ソニーのいちばん好きなところは、多くの人に感動を与える製品やサービスを生み出せるところです。その感動が生まれる瞬間に、できるだけたくさん立ち会っていきたいと思っています。

自分の強みがあれば仕事が広がる。ソニーで好きと言えるものを見つけること

法務の仕事は全般的に文章を読んだり書いたりすることが多いですが、コーポレート法務の業務ではそこに“数字”が加わってきます。特に決算関連の業務では、資料に記載された数字を細かく確認する機会がよくありますので、数字に苦手意識がなく、正確に扱える方は大きな強みになり、できる仕事の幅が広がると思います。私自身は今のチームに来るまで数字を扱う機会はあまりありませんでしたので、現在も業務を通して日々勉強中です。また、せっかく入社するからには長く活躍していただきたいですが、そのためには、ソニーという会社や製品、法務の仕事など、何かひとつでも好きなものを持つことが大切だと思います。自分の好きなポイントを明確に持っている方は、とても生き生きと仕事に取り組んでいますので、一緒に働いていてとてもいい刺激をもらえます。入社された際には、ぜひあなたなりの好きなものをソニーで見つけてほしいなと思います。

技術と創造

電気/通信
萩原 浩樹

電気/通信
松本 智宏

先端素材/機能デバイス
町田 貴志

ソフトウェア/ネットワーク
朝川 智

 

電気/通信
明壁 祐基

その他技術系
友永 周介

その他技術系
菊地 正人

ソフトウェア/ネットワーク
ネットワークプラットフォームサービス部

ものづくり対談

その他技術系
大竹 基之 × 清利 麻耶

育児や介護と
両立しながら働く

ソフトウェア/ネットワーク
渡邉 達也

電気/通信
喜多村 扶佐子

その他技術系
大内 眞紀

※所属は取材当時のものです。

このページの先頭へ