SONY

メニュー
サイト内検索ボタン

検索

より高性能・高機能なセンサーを実現する、成膜プロセスの技術開発で世界をリード中。 厳樫 一孝 工学系研究科 マテリアル工学専攻
研究部門 研究6部

私の仕事

入社から取り組んできたこと

イメージセンサーの開発プロジェクトの一員として、主に成膜プロセスの技術開発に取り組んでいます。イメージセンサーなどの半導体デバイスは多くの工程を経て製品となります。より高性能高機能なセンサーを実現するために、それぞれの工程で常に新しい技術開発が必要です。他の工程の担当者と綿密に連携を取りながら研究開発を進めています。成膜工程ではプロセス中の熱やプラズマによってできあがる製品の特性が変化します。変化のメカニズムを想定し、検証を繰り返すことで、より良いプロセスの実現をめざしています。

とある1週間

チューターからみた厳樫 一孝

一年目にして、一つの業務を一人で責任を持って担当してくれています。関係者と直に会話しながら、いかに効率的に業務を進めるかを意識できているところが強みですね。まだ伸び代は残されているので、期待しています。

池原 成拓

上司からみた厳樫 一孝

難易度が高い業務内容にも関わらず、周囲を巻き込んで積極的に取り組んでくれています。現在はプロジェクトの1つの業務を担当していますが、今後はさまざまなスキルを身につけてもらい、プロジェクトを牽引するリーダーになるように期待しています。

押山 到

10の質問

就職活動について

  • 01. 学生時代に頑張っていたことは何ですか?
    研究とアルバイトの両立です。大学3年から大学院の修了まで飲食店でアルバイトをしていました。研究室に配属され本格的に研究に取り組み始めるとアルバイトとの両立は大変でしたが、最後までやり遂げたことで、何事にも粘り強く取り組む姿勢を身につけることができたのではないかと思います。
  • 02. ソニーの選考で印象に残っていることはありますか?
    面接で学生時代の研究内容を説明した時のことが非常に印象に残っています。専門性が高い内容にもかかわらず面接員は話を熱心に聞いてくださり、ついつい熱く語ってしまいました。個人面接で一人ひとりに時間を割いて、丁寧に話を聞いてくださったのが印象的です。
  • 03. 学生時代に勉強してきたことを、今の仕事に活かせていますか?
    学生時代は材料工学を専攻しており、半導体デバイスですでに実用化されている材料で新たな特性を発現させるための研究を行っていました。基礎的な物性の研究がメインであったため、学んだことがそのまま業務に直結するわけではありませんが、研究で培った考え方や物事の進め方は今も役に立っていると思います。

ソニーについて

  • 04. 将来の夢を教えてください
    今まで誰もつくったことがない新しいものを世の中に出して世界を驚かせることです。今は周りの優秀な先輩方から知識と技術を吸収し、職場に貢献できるよう日々の業務に取り組んでいます。将来、自らかかげた夢を実現するためにも、日々の業務や経験の積み重ねを通じて成長したいと考えています。
  • 05. 新人研修はどうでしたか?
    3か月ほどかけて、基礎から徐々に専門的な知識を得る新人技術研修がありました。さまざまな部署から高い専門性を持った先輩が講師を担当してくださいました。丁寧な講義のおかげで、学生時代には触れたことがない内容でも、分かりやすく学べました。最先端の技術開発をしている方々から直接講義や実習をしていただけるのは非常に刺激的でした。
  • 06. ソニーに入って良かったと思う瞬間はどんな時ですか?
    ソニーは世界をリードする技術を持っており、その技術を支える優秀な方に囲まれる職場で働けることを誇らしく思います。世界最先端の技術力を身近に感じながら、多様なバックグランドを持つ仲間達とプロジェクトに取り組める恵まれた環境です。みんなで協力して世の中を感動させるような製品をつくっていくのが楽しいです。

プライベートについて

  • 07. 学生時代との1番の違いは何ですか?
    生活のリズムが規則正しくなったことです。学生時代は遅めに大学に行き夜中まで実験に取り組む生活でしたが、今は朝から働いて夕方や夜には帰る健康的な生活。また、会社帰りや休日に、友達と食事に行ったり家でくつろいだりと、オンとオフのリズムがきちんと整っているので仕事も打ち込むことができます。
友人とおしゃれなご飯を食べに行きました。
  • 08. 同期のつながりはどうですか?
    非常に強いと思います。今は会社の寮に住んでおり同期ともすぐに会える環境です。ノー残業デーの日に仕事終わりにふらっと飲みに行ったり、週末に遊びに行ったりしています。すぐ近くに、仕事の相談をしたり他愛もない話をしたりできる同期が大勢いるのは心強いです。
休日に会社の同期とボルダリングにチャレンジ。
  • 09. 初ボーナスは何に使いましたか?
    貯金しました(笑)。学生時代は貯金なんてほとんどできませんでしたが、社会人になると全部自分の給料でやりくりしないといけないので、将来のために堅実に貯金に回しました。

最後に

  • 10. 就職活動中の学生さんへ一言
    就職活動ではいろいろな会社を知り、また自分を見つめるまたとない機会です。さまざまな業種・会社に目を向けて、自分が何をやりたいかじっくりと考えてみてください。就職活動は短い期間で大変なことも多かったですが、自分と向き合って新しい面を知ることもできました。やりたいことが明確になれば自信を持って進むことができます。頑張ってください。

あなたを動かす ”好奇心”

半導体・デバイス・材料

※ 所属は取材当時のものです。

このページの先頭へ