SONY

メニュー
サイト内検索ボタン

検索

市場競争に打ち勝ち、ビジネスを主導できる人材になるべく、ソニーの“経営” にコミット中。 金森 裕亮 商学部 会計学専攻
経営企画部門 事業管理部

私の仕事

入社から取り組んできたこと

入社後半年間は、スマートフォンの売上原価の管理に携わりました。モデルごとに週次で管理し、エンジニアからは製造や試作に関するコスト情報を、資材からは部品のコスト推移に関する情報をもらいながら、目標数値に達するためのプランを策定・実行する業務を行っていました。その後、研修の一環として半年間、経理部へ異動し、現在はソニーの研究開発費用に関わる債権・債務や帳簿の管理に携わっています。ソニーがどのような技術に対してお金を投資しているかを知ることができ、面白さを感じながら業務に励んでいます。

とある1週間

チューターからみた金森 裕亮

現状のやり方に疑問を持ち、より良い方法を模索する姿に私も日々刺激を受けています。金森くんの仕事は設計・資材など他部署と連携し、リードしていく力が求められるため、謙虚さを忘れず・持ち前のポジティブさを活かしてさらなる活躍を期待しています!

名賀石 靖世

上司からみた金森 裕亮

入社して半年経ちましたが、素直に先輩社員の話を聞いて咀嚼し、好奇心旺盛に自ら手を挙げて積極的にチャレンジする姿勢は非常にいいと思います。経営管理のスキルを体系的に身につけて、一日も早く自立して活躍することを期待しています。

阪井 伸紀

10の質問

就職活動について

  • 01.学生時代に頑張っていたことは何ですか?
    IT・ベンチャー企業でのインターンシップです。ここでは、自分で課題の設定から解決することまでを求められ、慣れず戸惑いもしましたが、自分の努力が明確な結果として現れる喜びを知ることができました。
学生時代、留学中に旅行で訪れたマカオで。
  • 02.自分のどんなところがソニーに向いていたと思いますか?
    挑戦することを許容してくれる環境が自分に合っていると思います。私は、事業部門長が講師となり、若手社員と1対1で仕事のスキルセットやマインドセットを学びとる、社内メンター制度に参加をし、ものづくりにおける経営の一端を学んでいます。マネジメントの考えや行動を身をもって吸収する絶好の機会。たとえ新人であっても挑戦を後押ししてくれる環境がとても合っていると感じています。
  • 03.ソニーに興味を持ったきっかけは何ですか?
    就職活動以前から、カメラ・スマートフォンなどのエレクトロニクスから映画・金融まで多角的に事業を展開している企業として関心は持っていました。就職活動にあたり、他の多くの企業が総合職といった形で採用をしている中で、職種別採用をしていたことからさらに興味を持ち、自身のやりたい経営部門での仕事ができるのではないかと考え応募しました。

ソニーについて

  • 04.将来の夢を教えてください
    日本に限らず、成長著しいアジアにおいて事業全体の経営・管理を担える人材になることです。
    変化・競争の激しい地域・市場ではありますが、そこで利益を上げ、勝ち残れるようにビジネスを主導できる人材として活躍するのが現在の目標です。
  • 05. 入社してからどのような研修がありましたか?
    一番大きな研修はテーマ研修という入社後3か月間を通して取り組む研修でした。自身でテーマ・目標を設定し、それに対するアウトプットを社内に向けて発表する研修です。テーマ設定から調査・ポスターの作成・プレゼンの準備まで自分で行わなければならずハードでしたが、その分達成感も非常にある研修でした。
新人テーマ研修後の懇親会にて
  • 06.記念すべき初仕事は?
    スマートフォンの月間の売上・販売台数などの経営情報を、マネジメント陣が参加する会議で報告したことです。その数字が何を意味しているのか、なぜそうなったのかを説明できるように事前準備を行いましたが、同時に自分の報告した内容が会社の経営に影響するのでとても緊張したことを覚えています。

プライベートについて

  • 07.学生時代との1番の違いは何ですか?
    スケジュール管理を意識するようになったことです。学生時代は時間が有り余っているので、いつ何をするかを決めないこともありましたが、社会人になるとプライベートに使える時間が少なくなるので、スケジュール管理を意識するようになりました。
  • 08.普段はどんな格好をしていますか?
    普段はシャツにスラックスといったオフィスカジュアルな服装を着ています。ソニーでは清潔感が保たれていれば服装は個人の自由として任されていますが、私はプライベートとの差をつけたいので、あえて勤務中は固めの服装を選んでいます。服装一つとっても、ソニーには多様な人がいることが分かるので面白いです。
  • 09.これからチャレンジしてみたいことはありますか?
    自分で事業プランを立ち上げたいです。ソニーには新規事業創出プログラム(Seed Acceleration Program)という、事業アイデアを応募し、審査に合格すると実際に事業化される仕組みがあります。将来はこのプログラムで自分でも事業プランを提出しようと考えています。採用されると自身が事業のマネジメントとなって経営を主導していくので、企業内起業ができる魅力的なプログラムだと感じています。

最後に

  • 10. 就職活動中の学生さんへ一言
    就活中は業界・企業を絞りすぎるのではなく、さまざまな会社を見るのが良いと思います。そうすれば、自身がどんな業界・企業・仕事を魅力的に感じるかが分かってくるはずです。悔いの残らないように最後まで走り抜けてください!

あなたを動かす ”好奇心”

ビジネスマネジメント&ファイナンス

※ 所属は取材当時のものです。

このページの先頭へ