SONY

メニュー
サイト内検索ボタン

検索

イギリス 根津 大輔 海外マーケティング Sony Europe Limited 赴任期間:2015年 ~現在

現在の仕事を教えてください。

欧州マーケットにおける、液晶テレビの企画・マーケティング業務を行っています。
ヨーロッパ諸国での店頭やウェブ上での販売戦略の策定と展開や、お客様の要望を集め次世代テレビへの仕様検討を行うなど、業務は多岐に渡ります。
例えば、商品を店頭でより良く見せるための什器の企画・導入では、販売データを元に、傾向を読み、今後どのような商品のニーズがあるのか国や地域ごとに戦略をつくっています。
常に考えているのは、お客様の視点に立ち、“ソニーのテレビの良さを簡単に分かってもらえるようにするにはどうしたら良いか”です。
欧州各国とコミュニケーションをとっていくため、関わる人種も多種多様です。その分英語に対しては非常に寛容で、私のつたない英語でも何とかやり取り出来ています。

海外赴任をするまでの経緯について教えてください。

ソニー入社以降約10年間は機械系エンジニアとして液晶テレビの開発を担当し、新規技術の開発、部品の設計、工場での立ち上げとものづくりの過程を経験してきました。
入社当時から、海外での製造所への赴任を希望していましたが、自分のつくった製品が増えるにつれ、自分の設計したテレビがどのように売られお客様に届くか非常に興味が湧きました。
その想いを当時の上司に相談し、これまでエンジニアではあまり例がありませんでしたが、海外の販売会社での赴任のチャンスを得ました。

実際に赴任してみてイメージどおりでしたか?ギャップはありましたか?

Go to Gemba! 実際に現場に立って、
お客様の声を聞きます

エンジニアの経験しかなかった私には、販売会社での業務はすべてが新鮮で、越えなくてはならないハードルが多くありました。
言語の壁も当然ありますが、文化・習慣の壁を克服し、各国のメンバーに協力してもらいながら販売現場の環境を整えていくのは非常に大変ですね。
そのような中、時には実際に量販店に販売員として立ち、現場の声を集めたりするなど、日々コミュニケーションを大切にし、お互いに歩み寄ることで、何とか立ち上げることが出来たと思います。
生活面では、日本では当たり前のサービスが受けられないなど、トラブルもありましたが、家族や友人のサポートもあり乗り越えることが出来たと思います。家族の絆もより深まったのではと感じています。

海外で仕事をすることのやりがいを教えてください。

商談会が終わった後のメンバーと

最前線に立って商品を売ると毎日結果が数字に表れるため、より“会社の経営にかかわっている”ということを今まで以上に感じられます。
それに加え、さまざまな人種のメンバーと協業する難しさと、課題を乗り越えたときの達成感は、自分の人生にとって代えがたい経験です。
今後は、さらにソニーの商品の良さを分かってもらうため、設計段階でどういうことが出来るかなど、自分のならではの経験を活かしていきたいと考えています。

プライベートはどのように過ごしていますか?

休日は出来る限り外出し、家族と一緒にイギリスの生活を感じるように心掛けています。
イギリスは、夏は21時ごろまで明るく、気温も暑くないため非常に住みやすい環境です。家族や友人と一緒に、BBQやゴルフ、それぞれ違った魅力のある地方都市を巡るなどして楽しんでいます。
冬のクリスマスのシーズンは、どこもライトアップされており、大変綺麗です。昨年の冬休みは、ドイツの各地のクリスマスマーケットをめぐってヨーロッパの冬を楽しみました。
また、年に数回開催される、会社主催のソフトボール大会、ドッジボール大会に家族で参加しています。多くの赴任者家族と関係が深まり、今では家族ぐるみで遊んだり、食事をする仲になっています。

クリスマス、サンタさんと
会社のソフトボール大会

海外で活躍することを目指している学生にメッセージをお願いします。

多種多様なメンバーの中で、お互いの文化や習慣を理解し、リードしてひとつのゴールに向いて動き出す。そのため、コミュニケーションには日本にいた時以上に、時間をかけています。語学力もそうですが、相手の意見を聞く傾聴力、自分の意見をしっかり伝える能力、そして何より自分自身が何をしたいのか常に冷静に考えられる能力が必要ですね。
もう一点重要なことは、自分がなぜこの場所に必要なのか、どうやったら価値を見出せるかを考えることだと思います。これは、学生の皆さんでも十分考えられることだと思います。
自分を見つめ直して、本当にやりたいこと、そのためには何が足りないかを一生懸命考え、行動に移してみてはいかがでしょうか?
最後に、学生時代を楽しんでください!

Q.1日で使う言語の割合を教えて下さい。
(会話・電話・メール含む)
A. 日本の本社とのコミュニケーションなどは、どうしても日本語になりますが、基本は英語での業務となります。日々、地域ごとの英語の訛りに悪戦苦闘中です。

英語 75% 日本語 25%

Q.赴任する前までに海外で生活していた国と
期間の割合を教えてください。
A. 学生時代に、短期留学や、アジア、欧米への長期出張などには行っていましたが、長期間海外で生活するのは、初めての経験です。

日本 100%

セールス&マーケティング

※ 所属は取材当時のものです。

このページの先頭へ