SONY

メニュー
サイト内検索ボタン

検索

未来の社会を豊かにする新しいインタラクションのためのアイデア創出、プロトタイピングに奮闘中。 尾崎 保乃花 人間文化創成科学研究科 理学専攻 情報科学コース
R&Dセンター 統合技術開発第2部門 インタラクション技術開発部 4課

私の仕事

入社から取り組んできたこと

入社から約半年間は、自分自身でテーマを決め、社内発表に向け研究を行う「新人テーマ研修」に取り組みました。私は「新しい通知手法の提案」をテーマに選び、コンセプト決定、実装、評価実験など、一通りのプロセスを経験しました。慣れない業務に悩むこともありましたが、時には自分の力で考え、時には周りの経験豊富な先輩方に協力していただくことで、最後までやり遂げることができました。最終発表で来場者に自分の考えが伝わり、アイデアに共感してもらえた時は、大変やりがいを感じました。現在は、人の生活を便利にする新しいインタラクションの提案をめざし、アイデア創出やプロトタイプ作成を行っています。

とある1週間

  • アイデア出し

    今後の開発コンセプトを定めるため、10年先の未来に必要となる技術を見据え、チームメンバーとアイデア出しを行います。既成概念にとらわれずに発想すること、些細なことでも積極的に発言することが大切です。

  • 本社で打ち合わせ

    本社にて担当案件に関するミーティングに出席。他部署の人とコミュニケーションを取るときは、相手の視点に立って物事を考え、順序だてて説明をすることをいつも以上に心がけています。

  • ノー残業デーで友人と飲み会!

    18時に仕事を終え、夜は小学校時代の友人と久々に飲み会!お互いの仕事や将来に関しての話題が多くなり、「私たちも大人になったな」と実感します。みんな性格や癖は昔から変わらなくて懐かしい気持ちに浸っていたら、あっという間に時間が過ぎてしまいました。

  • プロトタイプ作成

    システムのプロトタイプを作成。この日はしっかりと実装に集中する時間をとりました。プロトタイプ作成では、目的を理解し、必要とされる機能を見極め、スピーディに実装することを心がけています。

  • チームミーティング

    チーム全体でミーティング。プロジェクトの進捗具合や課題点などを確認します。困っている点を相談すると、先輩方が一緒に解決策を考えてくれるため、とても心強いです。

  • ピアノクラブの定例会へ参加

    ピアノ好きなソニー社員で構成されるクラブに所属しています。この日は月に1度の定例会に参加。人前で演奏するのは緊張しますが、お互いの演奏を聴きあうことは、モチベーションアップにつながります。

  • お散歩

    行き先を決めず、のんびりとお散歩をするのが好きです。この日は隅田川沿いを歩きました。このリフレッシュタイムが、次の1週間の活力となります。

チューターからみた尾崎 保乃花

このシステムを使用するユーザーはどのような気持ちになるか?を念頭に置きながら、必要な項目を見つけ出し、最適な手段を選び、着実に実装する力を持っています。歳も一つ違いで発想の温度感も似ているため、お互いに学び教え合うことができ、これからも一緒に面白いものをつくっていける仲間だと思っています。

日下部 佑理

上司からみた尾崎 保乃花

他の人にないユニークな発想と芯の強さを併せ持ち、業務に真摯に取り組んでいます。新人テーマ研修でもその発想力をいかんなく発揮して彼女らしい素晴らしい成果をあげました。今後も自主的に知識や技術を身につけて、未来のソニーをつくっていきましょう。

城間 真

10の質問

就職活動について

  • 01. 学生時代、頑張っていたことは何ですか?
    研究に打ち込んでいました。研究活動を通して身についた、ユーザーの視点に立って課題解決手法を考える力、自分の研究をコンパクトに人にプレゼンしディスカッションを行う力は、現在の業務に役立っていると感じます。また、私の場合は学生時代の研究分野と現在の業務領域が近く、当時得た知見を直接活かすことができており、これはとてもありがたいことだと感じています。
  • 02.自分のどんなところがソニーに向いていたと思いますか?
    「興味を持ったことにはチャレンジしてみる」という性格です。ソニーには、失敗を恐れずにチャレンジすることを認めてくれる文化があるので、やる気があればいろいろなことに挑戦できます。また、自分一人で解決できない問題があっても、周りにさまざまな専門性を持った人がいて、気軽に質問できる環境が整っています。
  • 03.学生時代にやっておいてよかったと思うことはありますか?
    「自分の専門はこの分野」だと決めつけず、さまざまな領域に対して興味を広げていたことです。多分野に知見を広げることで、自分の専門分野を幅広い視点から見る力がついたと思います。また、異なる領域の専門家と交流することで形成した人脈は、社会人になった今でも活きることが多く、宝物だと感じています。

ソニーについて

  • 04.職場の雰囲気はどうですか?
    とてもオープンな雰囲気だと感じます。技術のことでも、それ以外のことでも、先輩方に質問をすると一緒に解決策を考えてくれます。また、「アイデアが浮かんだら、まず実装してみる」という考え方の人が多く、誰かが制作したプロトタイプの周りに集まり、皆でわいわいと次の実装のアイデア出しをする光景も見られます。
  • 05.入社してから1番印象に残っていることは何ですか?
    服装がとても自由だったことです。好きな洋服を着て出社するとテンションが上がり、より一層業務に前向きに取り組める気がします。それだけでなく、「こうでなければならない」という制約が少なく、個々の個性を認めてくれる会社だと思います。そのような文化が、伸び伸びと仕事に取り組める雰囲気をつくっているのだと感じます。
  • 06.挑戦してみたい仕事はありますか?
    ユーザーの生活を豊かにする新しいインタラクション技術の提案を通して、自分のアイデアを社会に発信する仕事に挑戦してみたいです。そのために現在は、上司がどのように自分のアイデアを外部に発表しているのか、また、さまざまな領域の人とどのようにコミュニケーションをとっているのかを観察し、そのノウハウを学んでいます。

プライベートについて

  • 07.休みの日の過ごし方を教えてください。
    学生時代の友人や会社の同期と、旅行に行ったりおいしいご飯を食べたりすることでリフレッシュしています。友人と遊ぶ予定のない日は、のんびりと散歩をすることが多いです。街並みを眺めながら歩いていると、自分の頭の中が整理されていくような気がします。また、街角でたまたま発見したお店に入って可愛い雑貨やコスメを買うと、とても幸せな気持ちになります。
  • 08.夢中になっていることはありますか?
    幼少期から習っているピアノに夢中です。入社後、ソニー関係者で構成されるピアノクラブに入会しました。先輩方が楽しそうに演奏する姿を目の当たりにし、私も仕事と趣味をしっかり両立したいと感じました。定期的に行われる定例会や演奏会に向けて、時間を見つけて練習しています。
テーマ研修が一区切りしたので、同期と旅行へ。
北海道に行きました。
  • 09.同期とのつながりはどうですか?
    所属を越え、多くの同期と交流しています。さまざまな部署に所属する同期で集まり、それぞれの業務への取り組み方や考え方について話を聞くと、自分も頑張らなければと刺激を受けます。また、業務上の付き合いだけでなく、休日に行われる展示会や旅行にも一緒に行ったりして交流を深めています。

最後に

  • 10.就職活動中の学生さんへ一言
    「就活」という響きに不安を感じる方もいるかもしれませんが、就職活動の時期というのは、さまざまな業界について知り自分自身と向き合うこともできる、人生でなかなか訪れることのない貴重な期間です。今、自分が本当にやりたいことは何か、時には深く分析を行い、時には直感を大切にしながら、ぜひ楽しんで取り組んでください。

あなたを動かす ”好奇心”

ソフトウェア・信号/情報処理

※ 所属は取材当時のものです。

このページの先頭へ