SONY

FAQ・お問い合わせ

採用に関するよくあるご質問について、まずは以下のFAQをご確認ください。
それでも解決しない際は、以下のソニーグループお問い合わせフォームよりご連絡ください。

留学生の方からのよくあるご質問

Q1. ソニーで仕事をするのに、どのような語学力が求められますか? / What language skills are required to work for Sony?

ソニーはグローバルにビジネスを展開しているため、共通言語としての英語によるコミュニケーションが必要になります。そのため、社員一人ひとりの英語力を向上させる様々な研修を用意しています。各自のレベルに応じたクラスを充実させており、多くの社員が参加しています。
日本に拠点を置いて仕事をする際には、日本語のコミュニケーション能力も求められます。ビジネス文書を読み書きできる、会議の場で発言できるなど日本語によるコミュニケーションができると、仕事の幅がさらに広がります。
ソニーには多様な価値観や個性を持った社員が集まり、お互いを認め、支えあう文化が根付いています。入社後のコミュニケーションについても心配することはありません。仕事を通じて日本語の環境に自然となじんでいただくことができるでしょう。
As Sony develops business globally, communication in English as a common language will be required. To improve the individual's English skills, rich and various training courses with different levels are available, and many employees are attending courses that suit their levels.
If your job is based in Japan, Japanese communication skills are also desirable. If you can communicate in Japanese, such as reading/writing business documents or giving opinions in a meeting, opportunities in your work will expand.
Sony has established a corporate culture in which employees with diverse values and characters can get together and respect and support each other. There's no need to worry about communication after you join Sony. You will naturally become familiar with a Japanese-speaking environment through your work.

Q2. 日本語が母国語ではない社員に対して、ソニーに入社した後、どのようなサポートがありますか? / What kind of support will be offered if I join Sony?

ソニーに入社した後に、チューターが1年間あなたの仕事の立上げをサポートします。あなたが専門的な知識を習得し、ソニーでの仕事の進め方を理解できるように丁寧にフォローアップします。
ソニーで働く外国人は増えています。グローバル化にともない、社員向けのポータルサイトを英語・日本語の併記にする体制を整え、入社後の必須研修やe-Learningを英語で受講できるようにしています。
A tutor will help you start up your job in the first year. Careful follow-up by the tutor will let you acquire technical knowledge and understand how to carry out your job in Sony.
Sony has a growing number of non-Japanese employees. With the progress of globalization, we are planning to make the intranet portal websites bilingual (English/Japanese) and preparing for e-Learning in English for such employees.

入社後の育成や社内制度についてのよくあるご質問

Q1. 研修プログラムについて教えて下さい。

ソニーでは学ぶ意欲のある人、学び続ける姿勢を持つ人に、若手から管理職まで各々の役割に着眼した多くの学習機会を用意しています。
詳しくは、研修・能力開発支援をご覧ください。

Q2. キャリア形成支援について教えてください。

ソニーは、社員のチャレンジ精神を尊重しており、社員の間にも「自分のキャリアは自分で築く」文化が定着しています。
同時に「組織で人を育てる」ことを重視し、一人ひとりが能力を最高に発揮できる環境と成長の仕組を提供します。
詳しくは、挑戦を後押しする制度をご覧ください。

Q3. 部署を越えた異動はできますか。

最初の職場でまず実績をしっかりと出すことが重要ですが、その後のさらなる成長のために転機が必要な場合、自分のキャリアについて上司と直接話し合う「キャリア月間」などで、他部署への異動を一つの選択肢として取り上げて、上司と部下の間でオープン話し合うこともできます。また、「社内募集制度」を利用することもできます。

Q4. 海外で働くチャンスはありますか。

ソニーのビジネスはワールドワイドに展開しており、職種を問わず多くの部署において海外とのテレビ会議や海外出張などのやり取りが頻繁にあります。
海外赴任のチャンスという意味では、ビジネスニーズにもよりますが、個人の意思を尊重し、明確な意志と実力があれば、年齢を問わず、可能性が十分あります。

Q5. 留学の制度はありますか?

ソニーでは、社員を対象に公募留学を募っています。社内選考に合格すれば、海外大学の研究室や研究所に留学することが可能です。主な留学先はカーネギーメロン大学、スタンフォード大学、スイス連邦工科大学等です。
シカゴ大学やコロンビア大学等のロースクールに職場が派遣することもあります。
その他、海外大学に短期間で就学できる機会があります。
留学経験者は、最先端技術と深い専門性を身につけ、各領域に精通する一流の有識者との人脈を形成し、社内の様々な分野で活躍しています。
また、自身の専門性を深化・拡大させるための私費留学も可能で、最長2年まで留学のための休職ができるフレキシブルキャリア休職制度もあります。

このページの先頭へ