SONY

報道資料
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。

2001年3月19日

光ファイバを用いたデジタルインターフェース

"OP i.LINK"の仕様Ver.1.0を策定、ライセンス供与を開始

シャープ株式会社
ソニー株式会社

シャープ株式会社(本社:大阪府、代表取締役社長:町田勝彦)とソニー株式会社(本社:東京都、代表取締役 社長兼COO:安藤国威)は、 ブロードバンド時代のホームネットワークに向け、光ファイバを用いてデジタルAV(音響映像)/IT(情報)機器間を接続するデジタルインターフェース "OP i.LINK"の仕様Ver.1.0を策定いたしました。両社は、本仕様のライセンス供与を2001年4月2日より開始します。

"OP i.LINK"は、デジタルインターフェースの国際規格"IEEE1394a-2000"の通信プロトコル(制御手順)に準拠しており、 一芯POF(プラスチック光ファイバ)を介して静止画や動画、音楽、ファイルのデータを伝送する方式です。 また、従来のメタルケーブルを使用してIEEE1394に準拠するi.LINKとのプロトコル上の互換性も確保しています。
有償にて供与する仕様Ver.1.0には、光学/電気特性、コネクタ形状、PHY(物理層)LSI仕様、バスマネージャー実装規定と、その試験/測定方法が含まれています。

なお、本仕様に準拠したデバイスやデジタルAV/IT機器の相互接続性を確保するための検証、ロゴ}ークの供与(OP i.LINK仕様の準拠認証)を、第3者機関を代行機関として実施します。

両社は、このたび共同開発したOP i.LINKを、デジタルAV/IT機器など様々な商品への搭載を提案することにより、ホームネットワークの実現を目指すとともに、さらに大容量データの高速伝送を目的に、400Mbpsまで伝送可能なVer.2.0の仕様策定に取組んで参ります。

【OP i.LINK Ver.1.0の主な仕様】

  • 伝送方式
    1芯POF 全2重伝送方式
  • 光ファイバ
    SI(ステップインデックス)型
  • 発光素子
    LED(発光ダイオード)、LD(半導体レーザ)
  • 波長
    650nm
  • 符号化方式
    8B10B
  • 伝送距離
    60cm~10m
  • 伝送速度
    100Mbps
  • コネクタ形状
    スーパーミニジャック型コネクタ(φ2.5)
      主な用途:携帯電話やPDAなどの小型携帯機器
    ミニジャック型コネクタ(φ3.5)
      主な用途: 据置型AV/IT機器 前面パネル、携帯型CDプレーヤやカメラ一体型VTRなどの携帯型AV機器
    メカニカルロック付コネクタ(φ3.6)
      主な用途:据置型AV/IT機器 背面パネル

【ライセンス窓口】

シャープ株式会社 電子部品事業本部 電子部品研究所IPチーム

  • 担当:
    吉田智彦(主任研究員)
  • TEL:
    0745-63-3543
  • Mail:
    yosida-t@ex.shinjo.sharp.co.jp
このページの先頭へ