SONY

報道資料
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。

2001年5月28日

賛同企業が一堂に会し「Memory Stick Partners'Forum」を開催

小型IC記録メディア"メモリースティック"の賛同企業が一堂に会する「Memory Stick Partners'Forum(メモリースティックパートナーズフォーラム)」が5月28日、東京品川にて開催されました。本フォーラムは、国内外のハードウエア企業、ソフトウエア企業、サービスプロバイダー、コンテンツホルダー、部品メーカーなどのメモリースティック賛同企業同士が最新情報を交換し、さらに簡単で、楽しい"つながる"世界を推進することを目的としており、今回が第1回目の開催となります。

(メモリースティック賛同企業 計157社、2001年5月25日現在)

5月28日のフォーラムでは、賛同企業などより"メモリースティック"のビジネス概況や今後の ロードマップ、プロモーションプラン、技術情報(新アプリケーションフォーマット/各種ソリューション /互換性検証)などの説明があった他、41社の賛同企業より関連製品の出展が行なわれました。

また、メモリースティックでつながる世界を拡大していくための新たなアプリケ-ションとして「メモリースティックROM」(仮称)が紹介されました。「メモリースティックROM」は、コンテンツホルダーがネットワークを介さずに音楽や画像などのコンテンツを流通する手段として開発され、マスクROMを採用したことにより、従来と比較して低コストでの製品化を可能にしております。「メモリースティックROM」は2001年度中の市場導入を目指しております。

"メモリースティック"は、画像やPCデータなどを記録するための「ストレージメディア」から、インターネット、テレコミュニケーション、マルチメディアキオスクなどネットワークサービスに対応した「ネットワークメディア」へ、1998年9月の発売以来、メディアの全世界累計出荷数が、本年3月末に1,000万枚を達成し、同5月末までには、"メモリースティック"対応機器の全世界累計出荷台数も1,000万台に到達する見込みです。

"メモリースティック"賛同企業各社は、来るブロードバンドネットワーク時代に向けて、"メモリースティック"をさまざまなコンテンツとお客様をつなぐ プラットフォームへとさらに発展させるべく、企業間の連携をより一層強めてまいります。

このページの先頭へ