SONY

報道資料
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。

2001年7月16日

シーアイエス株式会社とソニー株式会社が経営情報コンサルティング事業で合弁会社を設立

ブロードバンド時代に向けて、世界に通用するビジネスモデル、 ビジネス手法、ITストラテジーを統合したコンサルティングサービスを提供

シーアイエス株式会社
ソニー株式会社

シーアイエス株式会社とソニー株式会社は、このたびコンサルティング事業を目的とする合弁会社「ジェンシス コンサルティング株式会社(GENCIS Consulting Inc.)」を設立することで合意致しました。本年7月23日の法人設立及び8月1日からの業務開始を予定しております。

新会社はブロードバンド&モバイル時代の本格的到来に向けて新たに『経営戦略とIT戦略の統合型コンサルティング事業』を展開してまいります。従来のコンサルティング業界は、マネジメント・コンサルティングとシステム・コンサルティングのどちらかに偏る傾向がありました。新会社は企業本来の『目的』としての経営戦略と、その達成の『手段』としてのIT戦略の双方を高次元で融合させることで、最も効果的で付加価値の高いコンサルティング・サービスを提供してまいります。

昨今のブロードバンドに象徴される"オープン・デジタル・ネットワーク"の進化は、企業経営のパラダイムを根底から覆すインパクトを持っております。新会社は、企業がこの変化を"絶好の機会"として活用するための経営手法と事業モデルを提案し、同時にそれを実現する為に真に有効な情報テクノロジーの応用と実践のノウハウを提供してまいります。

ソニーは、会長兼CEO出井伸之を中心とするマネジメントチームの下、本格的なブロードバンド・ネットワーク社会の到来を見据えXのカスタマーに最適なサービス並びにソリューションの提供をその使命と考えております。一方、シーアイエスは、1988年の設立以来、創業者である社長兼CEO 戸高 修のリーダーシップの下、"Global IT Evangelist"(世界先端のITメソドロジーを日本の経営革新の現場に伝道する)を標榜して、ITコンサルティングの領域で数多くのプロジェクトを経験してまいりました。

スピードとユニークさを実現する経営革新を推進するソニーは、シーアイエスの持つITコンサルティングの能力と経験にかねてから着目し、高く評価しておりました。今回、シーアイエスが主体的に運営する新会社に出資することで、ソニー外はもとより、ソニー社内に対しても、質の高い統合コンサルティングサービスの提供を期待しております。新会社は共に日本を発祥とするソニーとシーアイエスの志と英知が合わさり、両社のリソースとノウハウを活用することで、日本から世界に向けてアイデアを発信できるコンサルティング事業を展開してまいります。

当面以下の4つのコンサルティング業務を行う予定でおります。

  1. 新時代に向けた経営戦略、事業戦略、組織戦略、提携・資本戦略に関わる『ストラテジック・コンサルティング』
  2. 業績評価/QCの手法、コーポレートガバナンスの体制、コーポレートブランディング/IR等に関わる『メソッド・コンサルティング』
  3. 小規模なネット企業から既存業界の大手企業まで、市場で真に通用するビジネスモデルの創造とビジネスプラクティスに関わる『ビジネス・インキュベーション・コンサルティング』
  4. 上記項目を最大のコストパフォーマンスで達成する為のデジタル&ネット戦略、実装技術、ナレッジ教育に関わる『ITコンサルティング』

尚、新会社の運営と事業の拡張については主として、シーアイエス株式会社が責任を持って主体的に行ってまいります。シーアイエス株式会社は、新会社の事業推進と、その為に必要な人材とノウハウの提供、並びにこれまで蓄積された顧客基盤とIT業界におけるネットワークを鋭意提供して行く所存でございます。

  • 戸高 修 ジェンシス コンサルティング株式会社代表取締役 〔シーアイエス株式会社代表取締役社長〕
    新会社の名称に新しいコンサルティング業務のあり方を提案するという思いを込めました。頭語の"GEN"はラテン語源で『ものごとの起源』『知らしめる』を意味しております。現代語に派生してGENE(遺伝)やGENOME(ゲノム)、GENERATE(創造する)やGENERATION(世代)、GENESIS(創世記)などに使われております。尾語の"CIS"は新会社が提供すべき価値を凝縮して『Corporate Intelligence & Strategy』を略称すると同時に、シーアイエス(CIS)の志を共有する意味を顕わしております。
     主に経営及び事業戦略の視点からコンサルティングを提供する新会社と、IT戦略と実践を主体とするシーアイエスは、いろいろな側面から多大のシナジーを発揮出来るものと信じております。
     また、ソニーの協力を得て、日本企業や広くアジア、欧米の企業にまで通用するビジネスモデルやビジネス・IT手法、コーポレートガバナンスのあり方など、高品質のコンサルティング・サービスの提供を実現してまいります。
  • 戸高 修 略歴
    1955年生まれ。慶応義塾大学大学院経営管理研究科(修士・MBA)卒業後、ソニー株式会社に入社。ソニーグループ全体の中期経営計画、CD・8ミリビデオ等新規事業の立ち上げに参画。米国ソニー、英国ソニーにて、現法組織・オペレーションの再構築とニュービジネスを立ち上げる。その後、本社にて長期経営ビジョンの策定、大型M&Aプロジェクトに参画。1988年にソニー株式会社を円満退社後、シーアイエス株式会社を設立。2000年6月に店頭市場にて株式を上場させる。
  • シーアイエス株式会社 概要
    シーアイエス株式会社は、エンドユーザーの経営改革を支援するためのIT戦略の立案から先端システムの開発・導入、さらに全社的なビジネスプロセスの改革まで、幅広いシステムコンサルティング事業を手がけております。1988年の創業以来、IT戦略コンサルティングに加え、サプライチェーンやCRM(営業支援)を中心とする基幹ソリューションの提供、並びにグループウエアを中心とするネットワーク製品群の自社開発を通じて、現在進行しつつある「IT革命」を顧客企業において先導してまいりました。
     また、IT教育分野においても、「Knowledge Transfer」の実現を理念に掲げ、専門のトレーニングセンターを持ち、IT技術者の育成やエンドユーザーの情報リテラシー教育など、多岐にわたる教育サービスを提供しております。
     1999年、マイクロソフト社との包括的事業提携を行い、日本企業としては初めて米国マイクロソフトより20%相当の出資を受けました。
  • 設立
    1988年11月
  • 株式店頭上場
    2000年6月5日 (証券コード:4758)
  • 資本金
    払込資本金 3,303,265,000円
  • 従業員数
    165名 (2001年6月末現在)
  • 売上高
    50億6800万円 (2000年12月実績)
  • 経常利益
    7億3300万円 (2000年12月実績)
  • ホームページ ※現在はアクセスできません

新会社の概要

  • 商号
    ジェンシス コンサルティング株式会社
    GENCIS Consulting Inc.
  • 資本金
    4億9千万円
    (内訳:シーアイエス(株) 3億円、ソニー(株) 1億9千万円)
  • 役員
    代表取締役  戸高  修
    取締役  Richard Y. Huh
    取締役  福森 哲也
    取締役  椿  茂実(ソニーより非常勤取締役)
    取締役  佐藤 和朗(ソニーより非常勤取締役)
    監査役  山根  節(慶應義塾大学院・教授)
  • 従業員数
    初年度 約20名
  • 住所
    東京都港区西新橋3-2-1 共同ビル
  • 設立日
    7月23日(予定)
  • 業務開始日
    8月1日(予定)
このページの先頭へ