SONY

メニュー
サイト内検索ボタン

検索

報道資料
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。

2004年2月12日

難燃型植物原料プラスチックを開発

〜DVDプレーヤーの筐体に採用〜

 ソニーは、地球環境の保全に関する取り組みの一環として、バイオマス資源(※1)から作られる植物原料プラスチックを製品の筐体や包装材に使用しております。
 従来の植物原料プラスチックは難燃性の点で筐体への使用が限られてしまうため、難燃性能の向上が普及拡大の面で課題となっていましたが、今回、以下のような特徴を持つ植物原料プラスチックを三菱樹脂(株)と共同で開発し、2004年秋に発売するDVDプレーヤーの筐体に採用する予定です。

DVDプレーヤー 難燃型植物原料プラスチック(試作品・フロントパネル部)※2 DVDプレーヤー 難燃型植物原料プラスチック(試作品・フロントパネル部)※2

1. UL規格でV-2基準(※3)の難燃性を確保

 難燃剤および副原料の選定や主原料であるポリ乳酸(※4)との配合比率、配合方法を工夫し、UL94V-2クラスの難燃基準を実現しました。この開発によって、同クラスの難燃性を必要とする多くの製品で植物原料プラスチックの採用が可能になります。

2. 環境に配慮した無機系難燃剤を使用

 RoHS指令(※5)で禁止されているPBDE(ポリブロモジフェニールエーテル)に代表される臭素系難燃剤ではなく、無機系難燃剤を使用しました。

3. ABS樹脂(※6)と同等レベルの強度を実現

 筐体に採用するために要求される耐久性や耐衝撃性、成形性などの性能が向上しました。

4. 通常のプラスチック成形と同効率の成形加工技術を開発

 従来、植物原料プラスチックの射出成形品は、耐熱性を確保するために時間をかけて金型内でポリ乳酸を結晶化させてから取り出す必要がありました。
 今回、配合する添加剤および成形加工時の各種条件を工夫し、通常のプラスチック成形とほぼ同じサイクルで耐熱性を高めた成形技術を確立しました。製造設備は一般の射出成形機が利用でき、従来の難燃性を持たない植物原料プラスチックでも実用的な成形時間で結晶化の処理が可能です。

 ソニーはこれからも、環境保全に寄与するオリジナリティにあふれた技術開発に積極的に挑戦し、可能な限り環境負荷を低減できる関連技術の確立および商品化に努めてまいります。

  • ※1 バイオマス資源:生物資源の総称で、具体的には農林水産物やその余剰物、未利用資源を指す。石油と異なり太陽エネルギーを受けて毎年再生できるので、エネルギーや素材分野で次世代の資源として活用が期待されている
  • ※2 写真は既発売モデルの金型を利用して成形したもので、採用1号機として2004年度に商品化予定のDVDプレーヤーではありません。
  • ※3 UL規格、V-2基準:米国の民間機関であるUL(Underwriters Laboratories Inc.)が定めているプラスチックの難燃性に関する規格。V-2は難燃性能のクラスを表し、電気・電子機器の多くがこのクラスの難燃性を満たすことが要求されている。
  • ※4 ポリ乳酸:トウモロコシやジャガイモなどのデンプンや糖類を乳酸菌で発酵させ、さらに化学的に結合(重合)して作られるプラスチック。生分解性があり、環境中で徐々に分解し、最終的に水と二酸化炭素になる。
  • ※5 RoHS指令:欧州における電気・電子機器への特定有害物質の使用制限指令。2006年7月施行予定。
  • ※6 ABS樹脂:電気・電子機器に広く使われるプラスチックの1つ。

以 上

このページの先頭へ