SONY

メニュー
サイト内検索ボタン

検索

報道資料
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。

2021年6月10日

プロフェッショナル向けドローン Airpeak S1を発売

かつてない自由な視点を生み出す飛行性能と撮影性能で空撮映像制作の可能性を拡張

2021年6月10日
2021年9月3日改訂

ソニーグループ株式会社は、ドローンのさらなる発展や最高峰の価値創出に貢献する志を込めて開発を進めてきたAirpeakの第一弾として『Airpeak S1』を発売します。業務用ドローンAirpeak S1は、独自開発のモーターやプロペラ、制御システム、センシング技術などにより、高い敏捷性を有しダイナミックかつ緻密な飛行が可能で、フルサイズミラーレス一眼カメラα™ (Alpha™)搭載可能機種で世界最小クラスを実現していることから、映像制作クリエイターの創造力を余すことなく支援します。また機体を意のままに操れる送信機と、センシングによる障害物検知や自動飛行に加え、機体や飛行情報のクラウド管理による安全な飛行等により、高画質空撮映像制作をサポートします。

主な特長

運動性能を磨き上げた機体

高い基本性能によるダイナミックな飛行

  • 最高速度90km/h※1、最大角速度180°/s※2、最大傾斜角度55°※3を実現しました。

強風下における安定飛行

  • 独自開発のキーデバイスを組み合わせた推進デバイスと飛行制御で最大20m/s※4の耐風性能を有し、強風下でも安定飛行が可能です。

独自開発の推進デバイスと飛行制御システム

  • 軽量で高効率、高強度、高応答性のある独自開発17インチのプロペラやブラシレスモーターに加え、これらを最適に制御するESC(Electric Speed Controller)を搭載しています。
  • 推進デバイスと全てのセンサー情報を統合し、安定した飛行と高い操縦応答性を実現する、独自の飛行制御システムを構築しました。
  • ※1ペイロード無し、障害物ブレーキ無効時
  • ※2ビジョンポジション無効時
  • ※3障害物ブレーキ無効時
  • ※4ペイロード無し時

センシングによる安定飛行

高性能センサー群で自己位置と姿勢を正しく把握

  • ソニー製イメージセンサーが内蔵されたステレオカメラを機体5方向(前後左右下)に配置し、さらに、それらのカメラ情報を同時に高速処理できるソニー製ビジョンセンシングプロセッサと独自アルゴリズムを搭載。Airpeak S1は、それら視界情報とIMU(Inertial Measurement Unit)、コンパス、気圧、赤外線測距などのセンサー情報を統合し、自己位置・姿勢を高精度に推定して周囲の空間をリアルタイムに認識します。これにより、屋内や橋梁下などGNSSを受信しづらい条件下でも安定した飛行を実現します。

多彩なカメラ・レンズバリエーション

幅広いカメラ・レンズを選択可能

  • 用途に合わせたαシステムの選択により映像制作の幅を広げることができます。α7Sシリーズや『FX3』搭載時はノイズを抑えた高い描写力、またα7Rシリーズ搭載時は高精細に、そしてα9シリーズ等では歪の少ない映像の撮影が可能です。
  • 8K動画撮影が可能な『α1』も搭載可能です。

自由自在な操作性

高い操作性を実現した送信機と、機体と機材を一元的に操作できるモバイルアプリ『Airpeak Flight』

  • αの映像をリアルタイムに確認しながら機体やカメラ、ジンバルを操作できます。
  • iOS/iPadOS対応のモバイルアプリAirpeak Flightは機体と送信機、カメラ、ジンバルを統合し、画面上で飛行距離やバッテリー残量などの状態確認や、各種操作、設定変更が可能です。

自動飛行による高効率ワークフロー

Webアプリ『Airpeak Base』によるクラウドでの統合管理

  • Airpeak Baseは機材管理や飛行プラン作成、フライトログ管理が可能なWebアプリです。
  • 機材管理では使用した機材情報が自動でリストアップされ、フライトログをもとに管理します。現場に赴く前に機体の状態を確認できるため、トラブル軽減に寄与します。

映像制作向けミッションの作成とミッション飛行・再現飛行

  • Airpeak Baseでは、高度な飛行プランを作成し、あたかも空中にレールを設置したかのように自動的に何度も機体を飛行させることが可能です。
  • タイムラインに沿って機体の位置(緯度・経度・高度)や速度を設定し、ジンバルの向きや動画・静止画撮影のタイミングを指定できます。地図上で滑らかな曲線を描くこともできます。
  • 再現飛行は過去に飛行したフライトログをもとに飛行ルートとジンバル、カメラの動きを自動で再現する自動飛行機能です。

関連サービス

Airpeak Baseの豊富な機能を使用できるクラウドサービス『Airpeak Plus』と、商品を安心してご利用いただくためのサービスプラン『Airpeak Protect Plan』を用意しました。詳細は商品販売開始前にAirpeakサイトで公開します。

販売について
商品名 型名 販売価格 発売/
サービス提供開始予定日
ドローン Airpeak S1 『ARS-S1』 オープン価格 2021年9月※5
2021年10月下旬以降
  • ※52021年9月より順次出荷予定です。
  • 発売/サービス提供予定日を変更しました。(2021年9月3日改訂)
  • 発売延期は、新型コロナウィルスの影響により一部部品の供給や物流に遅延が発生しているためです。
  • 商品発表以来、多くの反響をいただいており、今後正規販売店で予約受付を開始します。日程は改めてご案内いたします。
  • 発売に関する最新情報は適宜更新し、オフィシャルサイトで提供していきます。

Airpeakの情報は下記サイトで随時アップデートしていきます。

展示会Japan Drone 2021に出展

ソニーグループは2021年6月14日~16日に千葉・幕張メッセで開催されるドローンの展示会、Japan Drone 2021に出展します。また、ソニーグループ株式会社 執行役員AIロボティクスビジネス担当 川西泉が6月14日午前に基調講演を行います。

ソニーグループは、Airpeakでプロフェッショナルクリエイターの創造性を拡張し、かつてない映像表現でエンタテインメントの楽しみを広げていきます。そして映像クリエイターのみならず、システムインテグレーターや産業パートナーなど幅広い領域のプロフェッショナルサポーター※6との共創活動を推進し、ドローンの可能性を追求していきます。

  • ※6ドローンを活用してお客様に商品やサービスを提供している方です。プロフェッショナルサポーターに登録すると、
    ソニー主催のイベント情報や、機体飛行の体験機会、商品の最新情報等がメールで届きます。
  • Airpeakは、ソニーグループ株式会社の商標です。
  • 記載されている会社および商品・サービス名は、各社の商標または登録商標です。
  • 商品の仕様は予告なく変更される場合があります。
市場推定価格

『ARS-S1』税別:1,000,000円前後(税込:1,100,000円前後)

  • 「市場推定価格」は、発売前の製品について、市場での販売価格を当社が推定したものです。
    なお、製品の実際の販売価格は、各販売店により決定されます。
このページの先頭へ