SONY

報道資料
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。

2022年8月4日

ソニーグループ、ウクライナにおける人道支援活動のための追加支援

UNICEFのLearning Passportへ100万米ドルを寄付

ソニーグループ(以下、ソニー)は、ウクライナで影響を受けている方々や周辺地域に避難された方々への人道支援活動のため、寄付および製品寄贈を継続して実施しています。

新たな追加支援として、ソニーグループ株式会社の完全子会社であるSony Corporation of Americaが、国連児童基金(UNICEF)のLearning Passportへ100万米ドル(約1.32億円)の寄付を行うことを現地時間8月3日に発表しました。この寄付金は、ウクライナおよびその周辺地域の子どもたちとその家族に質の高い継続的な教育機会や必要なツールを提供するために活用されます。
また、ソニーのグループ各社では、現地で人道支援活動を行う国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)へのXperia™スマートフォンの寄贈や、子どもたちの心理的ストレスを軽減する目的でウクライナの避難所への音響・映像機材の寄贈なども行っています。
これらの活動によって、ソニー全体としての支援額は、3月2日および3月31日に発表した支援を含め、累計約656万米ドル(約8.66億円)となります。

今後もソニーはパートナーの団体と継続的に協議し、世界の人道的危機に対して中長期的な支援を行っていきます。一刻も早くウクライナおよび世界における平和が取り戻されることを願います。

  • 2022年8月2日の換算レートによるもの(1米ドル=132 円)
このページの先頭へ