SONY

報道資料
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。

2023年12月22日

プロフェッショナル向けドローン Airpeak S1が業界初の「第二種型式認証」を取得

飛行許可・承認手続することなく特定飛行が可能に

ソニーグループはプロフェッショナル向けドローンAirpeak S1(ARS-S1)において、2022年12月5日より開始された国土交通省による無人航空機(ドローン)の型式認証制度の第二種型式認証を、登録検査機関である一般財団法人 日本海事協会からの検査を終え、2023年12月22日に業界で初めて取得しました。

プロフェッショナル向けドローン Airpeak S1

型式認証制度は、無人航空機のメーカー等が設計・製造する量産機を対象として、機体の強度や構造、性能について検査を受け、その安全性を担保するものです。今回の認証取得により、型式認証を受けたAirpeak S1については、個別の機体について行う機体認証の検査の全部または一部※1を省略できるようになりました。また、機体認証を取得したAirpeak S1は、通常では許可・承認申請が必要な人口集中地区上空や、人や建物などから30メートル未満の特定区域において、立入管理措置を講じた上で申請することなく飛行が可能※2となりました。

ソニーグループは、今後もさまざまな分野でプロフェッショナル向けドローンAirpeak S1の活用を推進していきます。

  • ※1機体の状態(新品もしくは中古およびメーカーによる整備の有無)によって変わります
  • ※2二等以上の操縦者技能証明が必要となります
このページの先頭へ