SONY

メニュー
サイト内検索ボタン

検索



プレスリリース

< 報道資料 >

ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。 検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。現在発売されている商品に関しては、ソニーマーケティング(株)「SonyDrive」をご覧ください。
ソニーマーケティング(株)発表の広報発表文(ソニー製品等)はこちらの目次をご覧ください。
2003年5月21日



世界初の1チップGPS用LSIを商品化
コンパクトサイズ、低消費電力を実現し、さまざまな機器への搭載が可能に


 ソニー株式会社(以下、ソニー)は、GPS*の信号受信用RF回路と信号処理用ロジック回路を世界で初めて**1チップに収めたGPS用LSI「CXD2951」を開発しました。本年7月下旬よりLSIのサンプル出荷を開始し、同8月中旬より本LSIを搭載し表面実装を可能にしたGPS モジュール「GXB5001」のサンプル出荷を開始いたします。約3分の2のサイズ、5分の1の低消費電力、5倍の位置情報演算速度を実現した1チップGPS用LSIにより、今後は更に多彩な機器へのGPS機能搭載が可能となります。
* GPS:衛星利用測位システム(Global Positioning System)
**2003年5月21日現在、ソニー調べ。


写真左GPSデバイス「CXD2951」/同右GPSモジュール「GXB5001」
写真左GPSデバイス「CXD2951」/同右GPSモジュール「GXB5001」


型番 サンプル出荷開始時期 サンプル価格
1チップGPS用LSI「CXD2951」 2003年7月下旬 3000円
GPSモジュール「GXB5001」 2003年8月中旬 10000円

 GPSは、手軽な測位を行うシステムとして1970年代より実用化が進められ、カーナビゲーションを中心にその用途が拡大してきました。近年ではレジャー用途など、位置情報を利用するさまざまなアプリケーションへの応用が進んでいます。
 また米国での「E911法*」の施行などにも見られるように、携帯電話を中心とするモバイル機器へのGPS機能の搭載は今後一層の拡大が見込まれ、GPSデバイスに対しては、更なるコンパクト化・低消費電力化などが求められています。これらのメリットを実現する有効な方法として目指されてきたのが、ソニーがこの度成功したGPS用LSIの1チップ化です。
*E911法:E911=拡張型緊急通報システム。FCC(連邦通信委員会)が、携帯電話での緊急通報に際して通信事業者に発信位置の特定を義務付ける法律を制定し、2001年10月5日に施行。


■新製品の特長:

1) GPS用LSIの1チップ化
 これまでのGPS用LSIは、バイポーラ*技術で作られたRF**用LSIとCMOS***技術で作られたロジック用LSIの2つのチップから構成されており、モバイル機器への応用においては小型化、低消費電力化が課題となっていました。これに対し、ソニーの新開発LSIは、CMOS技術での製造が難しいとされていたRF回路をロジック回路と同じCMOS技術で製造し、GPS用LSI全体の1チップ化を達成、その結果小型化や低消費電力化を実現しました。
*バイポーラ:バイポーラ(双極性)トランジスタと呼ばれる素子を使用した半導体回路
**RF:無線周波数(Radio Frequency)、***CMOS:相補系金属酸化膜半導体

2) 多彩な機器への応用を可能にする小型・低消費電力
 「CXD2951」は1チップ化により、チップ面積比で3分の2の小型サイズを実現し、応用製品の小型化に寄与します。また、低電圧駆動を実現することにより受信時の消費電力を50mWに抑えています。これは当社従来品の270mWと比較して5分の1以下の削減となっており、バッテリー駆動が主となるモバイル機器への応用を容易にしています。

3) すばやく快適な動作を可能にする高速位置情報演算
 「CXD2951」は、受信データから位置情報を算出する演算速度の高速化を図り、3次元位置情報を約2秒*で算出可能です。従来の約10秒*から大幅に時間を短縮することで、快適なGPSの利用を提供します。
*数字はいずれもホットスタート時のもの

4) 様々な場面で安定した動作を実現する高感度
 「CXD2951」は当社比約8dBアップした -150dBmという高い感度を実現することで、GPS信号の受信感度が低い場所でもより安定した動作が可能です。

5) 周辺回路を搭載したGPSモジュール
 GPSモジュール「GXB5001」は、LSI駆動回路などの周辺回路が一体となったGPSモジュールです。新開発LSIを表面実装し、これまでにない小型サイズ(幅14mm×奥行23mm×高さ1.8mm)を実現いたしました。


GPS用LSI「CXD2951」の主な仕様および当社従来品との比較

CXD2951 CXD2932A+CXD9931TQ(当社従来品)
受信チャンネル Parallel 12ch Parallel 16ch
パッケージサイズ 12mm×12mm 13mm×13mm+9mm x 9mm
CPU Core ARM7TDMI ARM7TDMI
供給電圧 1.7〜2.1V、2.7〜3.7V 3.0〜3.6V
消費電力 平均50mW 平均270mW
演算所要時間 2秒(ホットスタート時) 10秒(同)
感度 捕捉感度: -140dBm
トラッキング感度: -150dBm
捕捉感度: -137dBm
トラッキング感度: -142dBm

■お客様からのお問い合わせ先:
ソニー株式会社 マイクロシステムズネットワークカンパニー
エレクトロニックデバイスマーケティング本部
システムマーケティング部門 システムLSI部 RFカスタマーマーケティング課
電話:03-5435-3516 FAX:03-5435-3586