SONY

ソニーの環境教育プログラム

生態系をつくって、育てて、考える
シネコポータル・ワークショップ

ワークショップの
詳細はこちら

©Sony Computer Science Laboratories, Inc. / Synecoculture Association

  • シネコポータルって?

    「シネコポータル」は、小さな拡張生態系を実際につくりながら、環境とのつながりを感じて学んでいく「入り口」となるものです。この小さな生態系は、近くの植物や動物、雨や風や光、そして遠く離れた場所にある別のポータル、まだ会ったことのない人々との交流を通じ、誰もが生態系の豊かさにつながれるきっかけになるようデザインされています。

    シネコポータルPDF

    「拡張生態系」は、ソニーコンピュータサイエンス研究所 研究員の舩橋真俊が2010年から進めている「協生農法™(Synecoculture™)をはじめとする拡張生態系」の研究に基づいています。生態系に人の手を加えることで、生物多様性や生態系機能が、自然状態を超えて高まった状態を「拡張生態系」と呼んでいます。

    研究へのリンク
  • 小さな拡張生態系

「小さな生態系」シネコポータルをつくってみよう!

  • ワークショップの概要

    実施概要

    全国の小学生に、約6か月間シネコポータルづくりに挑戦してもらうワークショップです。子どもたちには、植物を植えるところから、日々の水やり・収穫をお願いします。植物の成長やそこに生息する生物の観察記録をつけてもらい、全3回オンラインでの共有会を実施します。
    夏休み(7~9月)には、一般社団法人シネコカルチャーの講師が各校への出張授業を行い、子どもたちが育てたシネコポータルを直接見ながらお話しします。
    ワークショップの参加校は、全国公募により募集しています。

    一般社団法人シネコカルチャーは、協生農法の科学的研究成果の社会還元と普及活動のために、舩橋真俊によって設立された団体です
  • 全国各地の小学生
  • 第1回
  • 5月25日
  • 「シネコポータルをつくろう!」
  • シネコポータルの特徴とつくり方を学びます
  • 第2回
  • 7月13・14日
  • 「発見をシェアしよう」
  • シネコポータルの観察を通して気づいたことをお互いに発表します
  • 出張授業
  • 7月下旬〜9月上旬
  • 「仮説を立てて秋植えをしよう」
  • 春植えの経験を踏まえて仮説を立て、秋に植える植物がどのように育つか予想します
  • 第3回
  • 11月9・10日
  • 「仮説を検証しよう」
  • 仮説に対する結果を観察し、なぜそうなったかを検証します

学びのポイント

多様な植物や生物を観察する、収穫した果実や野菜を口にする、といった体験を通じて、自然の豊かさや生態系の存在を意識するきっかけをつくります。
生物多様性を高めるために人間ができることは何かを一緒に考えます。
全国の子どもたちと交流することで、価値観の多様性を体感することを目指します。
自然や環境問題だけでなく、好奇心を原動力に、子どもたちが自ら学びのサイクルを拡げていけるようサポートします。
2022年度 シネコポータル・
ワークショップの様子
  • ナビゲーターメッセージ

    みなさんこんにちは。ようこそシネコポータルへ。はるか昔、宇宙に星ができ、岩が集まり、そこに海ができました。その星もまた年をとり、きらめく超新星となって宇宙に飛び散りました。飛び散った星や岩や海のかけらは再び集まり、渦を巻き、私たちの太陽や地球や海になりました。草や木が育つのに必要な光、水、土、空気。どれも全て星のかけらです。草や木を食べて生きている動物も、全て星のかけらでできています。もちろん私たちも。まるで関係ないようなものがつながり、影響しあいながら、目もくらむような様々な形の生き物が生まれてきたのです。シネコポータルは、そんなつながりを感じるための、小さな地球です。この不思議をみなさんと一緒に楽しめたらと思っています。

  • 宇宙の星
  • 福田桂
  • ナビゲーター 福田桂 (シネコアトリエ)

    インターフェースデザイナー。多摩美術大学でプロダクトデザインを学んだ後、ゲームメーカー、家電メーカーを経て2002年に独立。2018年より一般社団法人シネコカルチャー ナビゲーター。協生農法・拡張生態系の普及を目指し、2018年より同社団の本條陽子とユニット「シネコアトリエ」を組み、小さな拡張生態系(シネコポータル)を作りながら周囲の環境との交流を体験し、学ぶための活動を展開中。

参加校の様子Instagram

more

2022年度 シネコポータル・
ワークショップの様子
2022年度参加校の先生・児童の声は「リセマム」掲載の記事をご覧ください

ワークショップの様子

5月25日(木)第1回「シネコポータルをつくろう」open
7月13日(木)・14日(金)第2回「発見をシェアしよう」open
7月21日(金)出張授業「仮説を立てて秋植えをしよう」open
最新の様子11月9日(木)・10日(金)第3回「仮説を検証しよう」
  • 福岡県の学校 神奈川県の学校 兵庫県の学校 群馬県の学校 福島県の学校 新潟県の学校
  • 約6か月間にわたって取り組んできたワークショップの最終回では、秋植えで仮説を立てて、検証したことなどを各校から報告してもらいました。第1回のワークショップでは、植物の植え方や育て方を迷っていた子どもたちも、最終回には自ら考えて実際に試してみた成果を教えてくれました。
    福岡県の学校は秋植えの際に、種類の異なる植物を混ぜて植えるか、種類ごとに分けるか話し合い、両方試しているそうです。実は、どのくらい混ぜて植えるのが良いかは福田さんたちも研究中だそう。Instagramでの子どもたちからの続報が楽しみです。神奈川県の学校はフウセンカズラの種を色と大きさで分け、発芽の様子を比較した結果を報告。熟していない緑の種も発芽したのは、福田さんも予想外だったそうで「まだわからないことがあるね!」とワクワクしていました。夏休み前に倒れたミニトマトがどうなるか観察を続けていた兵庫県の学校は、倒れたところから太くて長い茎が伸びて実がなった驚きを伝えてくれました。
    ブルーベリーが弱ってしまった群馬県の学校は、「日当たりと水はけの良いところが適している」と植物の特性と環境の関係を推測。また、比較のために2本のブルーベリーのうち1本をシネコポータルに、もう1本は単独で植えた福島県の学校では、単独で植えたほうが枯れてしまいました。ブルーベリーの根がむき出しになってしまった様子から「(草木の根がしっかり張っていないために起きる)土砂崩れと同じ原因ではないか」と仮説を立てていました。
    また、新潟県の学校は毎月1日の朝6時から夕方6時の気温を音階に変換して木琴で演奏してくれました。8月から9月は高音がつづき、暑さが厳しかったことがよくわかる音楽でした。
    最後に半年間の活動の感想を聞いてみると「植物にはあまり興味がなかったけど好きになった」「生物は争い合っているイメージがあったが、助け合っているイメージに変わった」「生態系について知ることができて楽しかった」などの声が聞かれました。シネコポータル・ワークショップが子どもたちの好奇心を刺激して、それぞれの興味を探求するきっかけになることを願っています。

  • 教育プログラム「CurioStep」について
  • 子どもたちの好奇心を個性豊かに育み、世界を動かす夢とチカラになるように、
    CurioStepでは、ソニーの多様なテクノロジーとクリエイティビティを活かした、
    さまざまな教育プログラムを展開しています。

育ち盛りの好奇心に、世界を動かす夢とチカラを CurioStep ENTER

CurioStep with SonyFacebookページ CurioStep with SonyLINE公式アカウント