SONY

メニュー
サイト内検索ボタン

検索

Communication

あらゆるものをつなぎ、リアリティ・リアルタイムを実現する

次世代セルラ通信システム(Beyond 5G/6G)

5Gの商用化が進む中、10年後を見据えた次世代セルラシステムの研究開発が進んでいます。Beyond 5G/6G通信システムでは、①大容量・高速化、②低遅延・高信頼、③多数同時接続といった、5G通信における進化軸をさらに進化させるだけでなく、これらの各要素の同時実現や、衛星通信を用いた超カバレッジの実現、さらにはネットワークの高付加価値化などが今後期待されています。ソニーでは国内外の協業を通じ、理論検討からシミュレータ開発、さらに国際標準化への技術提案に取り組んでいます。また、周波数資源活用のためのダイナミック周波数共用技術など、革新的な技術の探索や、テストベッド開発/実証実験を通じた事業化検討に挑戦しています。

IoT-超低消費電力無線システム

無線とセンサを組み合わせ、あらゆる場所や環境から情報を収集し、新たな社会基盤やサービスを生み出すソニー独自のLPWA(Low Power Wide Area)無線システム・デバイスの開発に挑戦しています。少量のセンサ情報に特化し、送信情報量を抑えることにより、太陽電池やコイン電池1個で10年以上も駆動し、かつ100kmを超える遠隔地からの情報収集も可能にします。さらに各国の規制に適合し、特に日本の厳しい規制にも親和性の高い方式を提案するとともに、さまざまな無線システムが乱立する環境でも安定した性能を実現する技術を開発しています。

次世代Wi-Fi

Wi-Fiは手軽に誰でも使えるという利便性から、最も利用されている無線通信の1つとなっています。ソニーはWi-Fi利用体験のさらなる向上を目指し、次世代Wi-Fiの研究開発と国際標準化への技術提案を行っています。動画やゲームに加え、VR/ARやリモートワークといった3R(Reality, Real time, Remote)ユースケースを実現するために、これまで以上の大容量、低遅延、カバレッジが必要となります。ソニーは、アクセスポイント協調技術や低遅延高信頼性通信技術の研究開発を行い、これらのユースケース実現に取り組んでいます。

次世代コンテンツ配信技術

近年、大手コンテンツプロバイダーを中心に普及している定額型のコンテンツ配信サービスでは、ネットワーク帯域適応型のストリーミング技術が使われています。今後成長が見込まれるVR配信サービスでは、高い没入感を実現するために配信データ量が増大します。これに対応するために、視聴領域を適応的に配信する新しいストリーミング技術が求められています。ソニーは、グループ内で配信サービスを提供しているエンタテインメント部門と協力しながらVR配信技術の研究開発と規格化を行なっています。

超高速光通信

究極の臨場感を実現するために、機器間で超高速データ伝送を行う最先端の通信技術開発を行っています。未来のVRやホログラムなどにはこれまで以上の高速データ伝送が求められ、速度限界のある無線や電気ケーブルでは実現できない、光ファイバーを用いた超高速な光伝送が必要となります。最先端の光通信技術開発にチャレンジし、将来の更なるエンタテインメントの進化を支えていきます。

このページの先頭へ