SONY

メニュー
サイト内検索ボタン

検索

Image & Video

超リアリティ映像体験を実現する

高画質化技術

あらゆる映像を4K/8K画質に変換できる「超解像処理」をはじめ「ノイズリダクション」「階調・色復元」「動きボケ除去」といった映像機器向けの信号処理技術を広く開発しています。さまざまな種類・品質の映像に対して、データ圧縮などで失われた時空間解像度、階調・コントラスト、色に関する画質要素を復元し、高解像・ハイダイナミックレンジ(高輝度)、広色域の映像を提供します。映像技術の基本となる高画質化を通じて本来の質感やリアリティを再現することで、新たな映像体験の向上を追求しています。

映像コーデック

大容量データである映像情報を、ネット配信や記録保存するために欠かせないのが、データの圧縮・伸張技術「映像コーデック」です。これまでMPEGでの国際標準規格化に技術貢献するとともに、ソニーの各製品にカスタマイズしたコーデック技術を提供してきました。8K、VR、自由視点映像など新しい映像フォーマットの普及に伴い、今後も映像情報のデータ量が飛躍的に増加していく傾向にあります。更なる高圧縮率を実現する最新ビデオコーデック規格VVCの開発や、ポイントクラウドやメッシュなど新たな映像体験を提供する空間映像に対するコーデック開発を進めています。

空間ディスプレイ

空間や物体を映像として撮像・制作・編集・伝送する技術が急激に進歩する中で、この空間や物体の情報を表示するディスプレイの実現が強く望まれています。本テーマでは、スクリーンを感じさせない映像表現や光線を正確に再生する光線制御技術により、あたかも実物が存在するかのような映像体験を目指しています。このような新しい映像表現方法で、これまでの平面ディスプレイではできなかった、親近感・信頼感のあるエージェントアバターの表示や、リモートオペレーション・リモートコミュニケーションなどを可能にします。

次世代撮像システム

特性の違う複数センサを並列配置することで高性能化を実現するマルチカメラシステムを開発しています。近年,現実世界の3次元情報のデジタル化,いわゆるデジタルツインの活用が様々な分野で取り組まれており,距離を測定できるデプスセンサの利用が広くされ始めています。このデプスセンサと従来のカメラとの組み合わせで,複数の位置で撮影した画像および距離データから,高精度に3次元情報をより簡単に取得することが可能になります。また,複数センサ間の対応箇所を検出する技術と,センサ毎の特性を融合するフュージョン技術を開発しています。

このページの先頭へ