SONY

メニュー
サイト内検索ボタン

検索

Life Science & Healthcare

分子レベルで人体を理解し、健康社会に貢献する

バイオメディカル

健康で感動に満ちた毎日を送るため医療の進歩に技術で貢献するというミッションのもと、ライフサイエンス分野の発展に寄与する研究機器に関わる技術開発を行っています。ライフサイエンスの研究においては、細胞を生体内に近い環境で取り扱い、測定することが必要な場合があります。そのために、微細な流路を用いて細胞を扱う流体制御技術を研究しています。また、細胞の活動を分子レベルで理解するためにタンパク質や遺伝子に目印を付け、その位置や相互作用を特定することで、細胞の機能や疾患の仕組みを理解することができます。この目印となる物質、測定対象への付け方、あるいは目印を特定するためのイメージング技術と画像処理技術の研究も行っています。開発した技術の有用性を確かめるため、東京医科歯科大学内に設けたオープンラボなどで、ライフサイエンス分野の先端研究者らと共同研究を行っています。

デジタルヘルス

デジタルテクノロジーによる医療やヘルスケアへの貢献が期待されています。この領域は「デジタルヘルス」と呼ばれ、疾患の治療だけでなく疾患の予防やウェルビーングの実現まで広い範囲を含みます。ソニーがこれまで培ってきた技術を適用し、疾患の治療・予防、及び人々の生活の質の向上に貢献するというミッションのもと、デジタルヘルスの研究開発への取り組みをはじめています。例えば、日常の行動をセンシングしたデータを解析し、その状態を見える化することは遠隔での患者のモニタリングをきめ細かく行うことができる可能性を持っています。研究開発にあたってはアカデミアとの共同研究や他社とのパートナーシップを積極的に進めています。

このページの先頭へ