宇宙感動体験杉本博司

"宇宙視点"の芸術を
創出する

STAR SPHEREでは、一般の方々やアーティスト・クリエイターの方々に、
ソニー製のカメラを搭載した人工衛星(宇宙カメラ)により、宇宙で作品を制作する機会を提供します。
宇宙からの視点に基づく創作活動を進めることで、新しい「”宇宙視点”の芸術」の創出を目指します。

この取組の最初のパートナーとして、精緻な写真作品を中心に多彩な芸術活動を展開し、
人類や文明に対しても深い考察を行ってきた世界的な現代芸術家、杉本博司氏を迎えました。
杉本氏とともに、”宇宙の視点”で人類と文明の未来について思索するとともに、
宇宙カメラを用いた”宇宙の視点”に基づく芸術作品の制作に取り組みます。

「宇宙感動体験×杉本博司」とは?

宇宙カメラを用いた作品制作

宇宙カメラの最初のユーザーとして、杉本博司氏が作品制作を行う予定です。
これまで、「時間」や「物語」の概念を中心としたコンセプチュアルな写真作品を制作してきた杉本氏が宇宙カメラを手にしたとき、一体どのような作品が生まれるのでしょうか?

"宇宙の視点"を思索する対談シリーズ「科学から空想へ」

これまでの宇宙開発は、科学を軸に進められてきました。これに対し、STAR SPHEREでは、美しさや感動など「感性」を軸にした宇宙の利用を進めます。

これは、宇宙における「科学」から「こころ」への価値観のシフトです。
「宇宙の視点」が解放され、人々が科学だけではなく、もう一度こころや空想を通して宇宙を捉えたとき、人類は、文化・芸術は、文明・社会は、どのように発展していくのでしょうか?

現代芸術家・杉本博司氏は、人類とアートの起源に立ち返り、世界、宇宙、自分の距離を図る場所として、1万年後まで続く「未来の遺跡」として、江之浦測候所を作りました。
本対談シリーズでは、江之浦測候所を舞台に、杉本氏が、宇宙カメラを用いた作品制作に向け、「科学から空想へ」をテーマに、現代人が獲得しつつある”宇宙の視点”およびそこから生まれる文化・芸術、文明・社会について、様々な分野の第一人者を招き、思索を深めます。

対談シリーズ
"科学から空想へ"

2021.10.18

予告編

私たちはいま、気候変動、エネルギー危機、感染症のパンデミックなど、既存の科学や技術のあり方では解決できない、地球規模の難問に直面しています。その行き詰まりを飛び越えるために必要なのは、これまでの常識に囚われることのない、未来を思い描く空想の力ではないでしょうか。数千年先に遺跡となるべく構想されたアートサイト「江之浦測候所」を舞台に、現代美術作家・杉本博司を案内役として、「宇宙の視点」がもたらしうる、来たるべき人類の変革についてゲストと共に語り合います。

出演:杉本博司、村木祐介

  • 杉本博司
    現代芸術家
    1948年東京生まれ。活動分野は写真、彫刻、インスタレーション、演劇、建築、造園、執筆、料理と多岐に渡り、世界のアートシーンにおいて地位を確立。代表作に『海景』、『劇場』、『建築』シリーズなど。2017年10月には「小田原文化財団 江之浦測候所」をオープン。1988年毎日芸術賞、2001年ハッセルブラッド国際写真賞、2009年高松宮殿下記念世界文化賞(絵画部門)受賞。2010年秋の紫綬褒章受章。2013年フランス芸術文化勲章オフィシエ叙勲。2017年文化功労者。
  • 村木祐介
    ソニー宇宙エンタテインメント推進室
    宇宙戦略プロデューサー
    JAXAの宇宙エンジニアとして国際宇宙ステーションや地球観測衛星の開発利用に従事、民間と連携した宇宙ビジネス共創を担当。STAR SPHEREの発起人の一人で、2021年4月より、クロスアポイントメント制度を活用し、STAR SPHEREにおける事業開発や技術支援をソニー職員として担当。「宇宙感動体験 x 杉本博司」企画のリーダーを務める。茶道を趣味とし、宇宙x文化芸術の推進をライフワークとする。
2021.10.18

エピソード0 "科学から空想へ"

茫漠と広がる海。神霊の存在さえ感じさせる巨樹。止むことのない鳥のさえずり。昇る月に沈む太陽──。数千年先に遺跡となるべく構想されたアートサイト「江之浦測候所」の隧道の暗がりに響く声は、「科学という夢に続くような大きな絵を描いてみたいと思う。空想力こそが人間に与えられた唯一の取り柄なのだから」と予言するのです。現代美術作家・杉本博司を案内役として、来たるべき人類の変革についてゲストと共に語り合う。全5回を予定するシリーズのコンセプトを示す、序曲がいま、はじまります。

出演:杉本博司、山本貴光、橋本麻里

  • 山本貴光
    文筆家・ゲーム作家。東京工業大学教授、金沢工業大学客員教授。過去五千年の学術の歴史を捉えようと試行錯誤中。著書に『記憶のデザイン』、『マルジナリアでつかまえて』、『文学問題(F+f)+』、『「百学連環」を読む』他、編著に『世界を読み解く科学本』、共著に『人文的、あまりに人文的』『その悩み、エピクテトスなら、こう言うね。』『脳がわかれば心がわかるか』(吉川浩満と)、『高校生のためのゲームで考える人工知能』(三宅陽一郎と)ほか。
  • 橋本麻里
    ライター・エディター。公益財団法人永青文庫副館長。金沢工業大学客員教授。小田原文化財団理事。専門領域である日本美術を柱に、記事執筆から編集、展覧会企画・広報、ホテル等のアートディレクションまで幅広く携わる。著書に『SHUNGART』、『京都で日本美術をみる[京都国立博物館]』、『変り兜 戦国のCOOL DESIGN』。編著に『日本美術全集』20巻ほか。
2021.12.23

エピソード1 "宇宙の時空をみはるかす"

秋分の朝日が射し込む茶室《雨聴天》で、光に神の来臨を感じながら供茶の点前を務めるのは、武者小路千家15代家元後嗣の千宗屋。二畳という有限の空間である茶室が、無限の宇宙と接続する一瞬を垣間見るところから、シリーズ「科学から空想へ」の幕がついに上がる。

第1回のゲストは、時間的・空間的にもっとも巨大な視野をもって世界を見渡す天文学者の渡部潤一、そして人類が地球上に築いたもっとも古い文明のひとつ、古代エジプトを専門とする考古学者の河江肖剰だ。

天を見上げて星や太陽の運行を観察し、個人の生きる時間を遥かに超える長期暦を運用した古代の人々は、現代の我々よりずっと「宇宙視点」に近かったのではないか。にもかかわらず、幾多の文明がやがて滅びを迎えることになったのはなぜか。人類という種自体が、未だ成熟の途上にあるからなのか。その人類が宇宙視点という名の成熟を手に入れるためには、あと何万年の時間が必要なのか。

地上と宇宙、時間と距離を超えて自在に往還する対話が、シリーズ「科学から空想へ」がこれからめぐる道程の豊饒さを予告する。

出演:杉本博司、渡部潤一、河江肖剰、橋本麻里

  • 渡部潤一
    国立天文台副台長、上席教授、総合研究大学院大学教授。理学博士。国際天文学連合副会長。流星、彗星など太陽系天体の研究の傍ら、最新の天文学の成果を講演、執筆などを通して易しく伝えるなど、幅広く活躍している。国際天文学連合では、惑星定義委員として準惑星という新しいカテゴリーを誕生させ、冥王星をその座に据えた。著書に「古代文明と星空の謎」(筑摩書房)、「第二の地球が見つかる日」「最新 惑星入門」(朝日新聞出版)ほか。
  • 河江肖剰
    エジプト考古学者/名古屋大学高等研究院准教授。ギザのピラミッド時代の都市遺構『ピラミッド・タウン』の発掘や、エジプトのギザの三大ピラミッドの3D計測に従事。異分野融合によるピラミッドの研究調査を推進している。TBS世界ふしぎ発見、NHKスペシャル、日テレ世界一受けたい授業などに出演し、エジプト文明についての知見を広めている。著書に『ピラミッド - 最新科学で古代遺跡の謎を解く』(新潮文庫)、『世界のピラミッド wonderland』(グラフィック社)ほか。
  • 橋本麻里
    ライター・エディター。公益財団法人永青文庫副館長。金沢工業大学客員教授。小田原文化財団理事。専門領域である日本美術を柱に、記事執筆から編集、展覧会企画・広報、ホテル等のアートディレクションまで幅広く携わる。著書に『かざる日本』、『SHUNGART』、『京都で日本美術をみる[京都国立博物館]』、『変り兜 戦国のCOOL DESIGN』。編著に『日本美術全集』20巻ほか。
  • 千宗屋
    武者小路千家15代家元後嗣、慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科特任教授、明治学院大学非常勤講師(日本美術史)。2017年秋、『千宗屋キュレーション 茶の湯の美』展(MOA美術館)を監修。2018年10月 奈良興福寺中金堂落慶法要において史上初5日連続の献茶ご奉仕を勤める。著書に『茶 利休と今をつなぐ』(新潮社)、『もしも利休があなたを招いたら 茶の湯に学ぶ“逆説”のもてなし』(角川書店)、『茶味空間。茶で読み解くニッポン』(マガジンハウス)、『茶の湯入門』(監修/小学館)、『茶のある暮らし 千宗屋のインスタ歳時記』(講談社)など。
2022.05.27

エピソード2 "宇宙像と想像力の臨界"

戦国時代の茶室には、キリシタンの日本人が亭主を務めることも、イエズス会の宣教師が客として招かれることもあっただろう。杉本博司はそんな空想を交えて、客を迎える茶室の床に「天使来迎図」と名づけたレンブラントの銅版画をかけ、14世紀初頭のキリスト像(頭部)を置いた。

古代から現代にいたるまで、神話からSFまで、人間が言葉や画像を通じて描いてきた宇宙の像は、まさにその人や社会の想像力の限界を示すものとも言える。では限界をいかにして乗り越え、更新していくのか。衛星が搭載したカメラは、限界をどこまで押し広げることができるのか。「宇宙像と想像力の臨界」と題したシリーズの第2回は、ロマネスク美術を専門とする美術史家の金沢百枝、そして言語実験的な作品で知られる作家の円城塔とともに、真空に被せられた人間的な空想の豊かさとナイーブさを縦横に語りあった。

出演:杉本博司、円城塔、金沢百枝、山本貴光

  • 円城塔
    一九七二年北海道生まれ。作家。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。「オブ・ザ・ベースボール」で文學界新人賞。『烏有此譚』で野間文芸新人賞。『道化師の蝶』で芥川龍之介賞。『屍者の帝国』(伊藤計劃との共著)で日本SF大賞特別賞。『文字渦』で川端康成文学賞、日本SF大賞。『Self-Reference ENGINE』でフィリップ・K・ディック賞特別賞。『ゴジラS.P』構成・脚本・SF考証等、ジャンル問わず活動中。
  • 金沢百枝
    美術史家(特に中世ヨーロッパ美術)
    1968年、東京都生まれ。インドで育ち、英国で教育を受けた後、東京大学大学院理学系研究科及び総合文化研究科博士課程修了。理学博士・学術博士。2009年より東海大学文学部准教授、2014–2020年まで同大学教授。2020年より多摩美術大学美術学部芸術学科教授。主な著書に『ロマネスクの宇宙 ジローナの《天地創造の刺繍布》を読む』(東京大学出版会、島田謹二記念学藝賞)、『ロマネスク美術革命』(新潮社、第38回サントリー学芸賞、『イタリア古寺巡礼 シチリア→ナポリ』(新潮社)など。『工芸青花』(新潮社)でスぺイン、フランス、スイスなどのロマネスク美術について連載中。
  • 山本貴光
    文筆家・ゲーム作家。東京工業大学教授、金沢工業大学客員教授。過去五千年の学術の歴史を捉えようと試行錯誤中。著書に『記憶のデザイン』、『マルジナリアでつかまえて』、『文学問題(F+f)+』、『「百学連環」を読む』他、編著に『世界を読み解く科学本』、共著に『人文的、あまりに人文的』『その悩み、エピクテトスなら、こう言うね。』『脳がわかれば心がわかるか』(吉川浩満と)、『高校生のためのゲームで考える人工知能』(三宅陽一郎と)ほか。

未来へ、宇宙へ、現代人のこころを遺す「宇宙視点の芸術」の創出

人類の誕生から現在にいたるまで、ひとは宇宙に思いを馳せ、様々な芸術を生み出してきました。
最古の絵画とされるラスコーの壁画には、2万年前の生活の様子や動物などとともに星座が描かれています。このラスコーの壁画は、古代人が生きた環境そのものだけでなく、彼らが何を敬い、美しいと思っていたか、現代人がその“こころ”を知る貴重な手がかりとなっています。

人類の宇宙到達から60年が経ち、宇宙からの様々な映像が人々に届けられるようになりました。それらをデータとして記録するだけでなく、“こころ”を作品化していくことは、古代人がわたしたちに遺したラスコーの壁画のように、未来人や将来出会う地球外生命体に対する貴重な遺産となっていくことでしょう。

古代から続く「地上から宇宙を見上げる視点の芸術」を受け継ぎながら、「宇宙視点に基づく新たな芸術」を創出することを目的の一つに掲げ 、ソニーは宇宙の視点を人々に解放する宇宙感動体験事業を立ち上げました。

そのとき真っ先に思い浮かんだのが、写真家であり現代美術家でもある杉本博司さんでした。

精緻な写真作品を中心に多彩な芸術活動を展開され、人類や文明に対しても深い考察をされている杉本さんに、ソニーの宇宙カメラで作品を制作していただけないか。宇宙視点に基づく人類・文明の変化について考察していただけたらどんなに素晴らしいだろう。そんな想いからご相談させていただき、2018年6月からコラボレーションが始まりました。

舞台は、杉本さんが「”世界や宇宙と自分の距離を測る”測候所」として、「人類とアートの起源に立ち返り、国内外へ芸術を発信する拠点」として、さらに「1万年後まで続く未来の遺跡」として作られた、江之浦測候所です。

わたしたちは、杉本さんと、江之浦測候所において宇宙視点について深く考察するとともに、「宇宙視点の芸術」を代表する作品の制作に取り組んでいきます。

杉本氏からのメッセージ

科学から空想へ

この物語は、江之浦測候所を終生の作品として作り続けるアーティスト、杉本博司と、人類を宇宙へと導く手助けをしようとするソニー、JAXA、東京大学が手を組んで、宇宙からの視点をアーティストに託してみるという初の試みを記録するものです。
今まさに打ち上げが予定されている2022年の宇宙の旅を前にして、人類がこの地点にまで至り得た歴史的過程をもう一度ふりかえり、私たちはこの先何処へと向かえば良いのかを考えてみる手助けとなるような思考の場を持ちたいと思います。
未来が輝いていた前世紀とは打って変わって、私たちの環境そのもの、生存与条件が問題となっている今日この頃、文明の行く末と科学技術の有り様についての思索の旅を宇宙旅行の旅の道連れにしたいと思うのです。

杉本博司

Profile

  • 《海景》Sea of Japan, Oki, 1987
  • 《放電場》Lightning Fields 128, 2009
  • Opticks 008, 2018

杉本博司

公式サイト>

1948年東京生まれ。1970年に渡米、1974年よりニューヨーク在住。活動分野は写真、彫刻、インスタレーション、演劇、建築、造園、執筆、料理と多岐に渡り、世界のアートシーンにおいて地位を確立してきた。杉本氏のアートは歴史と存在の一過性をテーマとし、そこには経験主義と形而上学の知見をもって、西洋と東洋との狭間に観念の橋渡しをしようとする意図があり、時間の性質、人間の知覚、意識の起源、といったテーマを探求している。世界的に高く評価されてきた作品は、メトロポリタン美術館(NY)やポンピドゥセンター(パリ)など世界有数の美術館に収蔵。代表作に『海景』、『劇場』、『建築』シリーズなど。

2009年に公益財団法人小田原文化財団を設立。2017年10月には構想から20年の歳月をかけ建設された文化施設「小田原文化財団 江之浦測候所」をオープン。古美術、伝統芸能に対する造詣も深く、演出を手掛けた『杉本文楽 曾根崎心中付り観音廻り』公演は海外でも高い評価を受ける。2019年秋には演出を手掛けた『At the Hawk’s Well(鷹の井戸)』をパリ・オペラ座にて上演。

主な著書に『苔のむすまで』、『現な像』、『アートの起源』、『空間感』、『趣味と芸術-謎の割烹味占郷』、『江之浦奇譚』。

1988年毎日芸術賞、2001年ハッセルブラッド国際写真賞、2009年高松宮殿下記念世界文化賞(絵画部門)受賞。2010年秋の紫綬褒章受章。2013年フランス芸術文化勲章オフィシエ叙勲。2017年文化功労者。

  • 《海景》Sea of Japan, Oki, 1987
  • 《放電場》Lightning Fields 128, 2009
  • Opticks 008, 2018

小田原文化財団 江之浦測候所

公式サイト>

類い稀なる景観を保持し、四季折々の変化を肌で感じることができる小田原市片浦地区の江之浦にある現代美術作家・杉本博司氏自らが敷地全体を設計した壮大なランドスケープ「江之浦測候所」は、ギャラリー棟、野外の舞台、茶室などで構成され、人類とアートの起源に立ち返り、国内外への文化芸術の発信地となる場として構想されました。長さ100メートルに及ぶギャラリー棟には杉本博司氏のアート作品が展示され、野外の石舞台、光学硝子舞台では、さまざまなプログラムが開催されています。