SONY

報道資料
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。

1996年8月22日

デジタルスチルカメラ 2機種および
デジタルカラープリンター、デジタルピクチャーアルバム 発売

デジタルスチルカメラ『DSC-F1』(手持ち)
デジタルピクチャーアルバム『DPA-1』(左)
デジタルカラープリンター『DPP-M55』(右)
デジタルスチルカメラ『DKC-D5PRO』(手前)

ソニーは、1.8型液晶カラーモニター搭載のコンパクトサイズのデジタルスチルカメラ『DSC-F1』、12倍ズームレンズ採用の高画質デジタルスチルカメラ『DKC-D5PRO』を発売します。併せて、写真さながらの高画質でプリントできるデジタルカラープリンター『DPP-M55』やデジタルスチルカメラで撮影した画像等を手軽に保存・編集できるデジタルピクチャーアルバム『DPA-1』を発売します。

型名 発売日 価格(税別) 当初月産台数
1.8型液晶モニター搭載メモリー内蔵方式 デジタルスチルカメラ 『DSC-F1』 10月10日 88,000円 40,000台
PCカード記録方式 デジタルスチルカメラ 『DKC-D5PRO』 10月10日 198,000円 1,500台
デジタルカラープリンター 『DPP-M55』 10月10日 49,800円 8,000台
デジタルピクチャーアルバム 『DPA-1』 11月10日 118,000円 2,000台

近年、デジタル信号処理技術及びコンピューター技術が進歩するなか、画像のデジタル化が急速に進んでいます。今後は、デジタルスチルカメラなどで撮影したデジタル画像データをパソコンに直接取り込み、手軽に加工や編集作業を加え、インターネットのホームページ上の画像制作、電子絵はがき、電子アルバムの作成など、様々なデジタルカラー静止画の楽しみ方が広がるものと思われます。
当社は、デジタルスチルカメラをはじめ、デジタルカラープリンターやデジタルピクチャーアルバムなど関連機器の商品構成の充実を図り、ビジュアルコミュニケーションの魅力を追及する"DIGITAL IMAGING"というコンセプトのもと、積極的にビジネスを展開して参ります。
DSC-F1』は、総画素35万画素の全画素読み出し1/3インチCCDを搭載、4MBフラッシュメモリーを内蔵したデジタルスチルカメラです。記録枚数は、画質に応じて30枚、58枚、108枚が選択できます。
DKC-D5PRO』は、総画素45万画素の全画素読み出し1/3インチCCDを搭載。記憶媒体は、PCMCIA ATA TypeII規格準拠のPCカード(別売)を採用。10MB容量のカードに画質に応じて42枚または158枚の記録が可能なデジタルスチルカメラです。
DPP-M55』は、プリント画素数640×480ドット、プリント色数約1677万色の昇華型熱転写方式デジタルカラープリンターです。写真さながらの高画質でプリントが可能です。
DPA-1』は、"MDデータ"ディスクを記録媒体に使用し、カラー静止画の記録/再生のための"ピクチャーMD"規格を採用。記録された画像の書き換え/並べ換えやナレーション/BGMの録音、スライドショー機能などを搭載したデジタルピクチャーアルバムです。
なお、『DSC-F1』 『DPP-M55』 『DPA-1』の各機器は、コードレスで画像データ転送が可能な"IrDA"規格※1に準拠しています。デジタルスチルカメラ『DSC-F1』で撮影した画像データを赤外線通信を使って、手軽に、かつ、高速に『DPP-M55』に転送し直接プリントアウトしたり、『DPA-1』に転送して保存・ファイルすることができます。
また、お持ちのパソコンに別売 赤外線通信アダプターキット※2を接続し、『DSC-F1』から画像データを高速転送することができます。

  • ※1IrDA(Infrared Data Association)規格:赤外線を使用したデータ通信の標準化と普及を目的とし、1994年6月に設立された業界団体で、赤外線通信の物理層とプロトコル層の仕様を標準規格化した通信フォーマット。
  • ※2『DSKIT-IR1W』(近日発売予定、IBM PC/AT及びその互換機、Windows95用)と別売のパソコン接続キット『DSKIT-PC1W(Windows用)』が必要です。
  • Windows、Windows95は米国Microsoft社の米国及び他の国における商標もしくは登録商標です。
  • Macintoshはアップルコンピュータ社の登録商標です。

Cyber@jam(Get on Sonyへ) ※現在はアクセスできません

  • お客様からのお問い合わせ先:
    ソニー(株)お客様ご相談センター
    東京 03-5448-3311
    名古屋 052-232-2611
    大阪 06-539-5111
このページの先頭へ