SONY

サステナビリティレポート

「サステナビリティレポート2022」 (以下、本レポート) は、幅広いステークホルダーの皆様向けに、非財務情報を網羅的かつ詳細に報告するために発行しています。

Sustainability Report 2022 サステナビリティレポートSustainability Report 2022 サステナビリティレポート

各セクションPDF

財務・非財務情報の開示・コミュニケーション

ソニーは、ステークホルダーの皆様への適切な情報開示とコミュニケーションが大切であると考えています。
ソニーでは、中長期の価値創造に向けた経営方針、事業戦略など、財務情報と非財務情報を統合的に報告する「Corporate Report」を2019年から発行しています。また、主に投資家・株主の皆様に向けに、事業の概況および財務・非財務情報をウェブサイト「投資家情報」で開示しています。
さらに、幅広いステークホルダーの皆様向けに、サステナビリティ・CSRに関する活動などの非財務情報を報告する「サステナビリティレポート」を発行しています。

財務・非財務情報の開示媒体

財務・非財務情報の開示媒体の図。図の上位に位置する統合報告書Corporate Report では、中長期の価値創造に向けた経営方針、事業戦略など、財務情報と非財務情報を統合的に報告します。 投資家情報ウェブサイトとサステナビリティレポートはその下に位置します。投資家情報ウェブサイトでは、事業の概況および財務・非財務情報を開示し、経営方針説明会、決算業績説明会、事業説明会、ESG・サステナビリティ説明会などの投資家向け説明会、財務レポートとして有価証券報告書、米国SEC提出書類、コーポレートガバナンスに関する情報が含まれます。 サステナビリティレポートでは、幅広いステークホルダーの皆様に向けたサステナビリティ、CSRに関する活動などの非財務情報の開示を行っています。

参考ガイドライン

本レポートは、「グローバル・レポーティング・イニシアティブ (GRI) スタンダード」を参考に情報が記載されています。また、環境省発行の「環境報告ガイドライン (2018年度版) 」を参照しています。

報告原則として
重要性に対する考え方

マテリアリティを「中長期的な社会の変化および多様なステークホルダーのニーズを踏まえた、ソニーの価値創造に影響を与えるサステナビリティに関する重要項目」と定義し、自社視点・ステークホルダー視点の両面から「マテリアリティ分析」を実施しています。

第三者保証

環境データについては、第三者検証を受けています。詳しくは独立保証報告書をご参照ください。