SONY

報道資料
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。

1998年4月22日

コンパクトなボディで机の上でも編集やダビングが可能
DV方式のビデオウォークマン 2機種 発売

ビデオウォークマン『GV-D300』(左) 『GV-D900』(右)

ソニーは、デジタルビデオカメラで撮影した映像を屋外で再生して楽しんだり、 ビデオカメラ等と接続して机の上でも省スペースで編集・ダビングを行なうことができるDV方式のビデオウォークマン『GV-D900』(5.5型液晶モニター搭載)、 『GV-D300』の2機種を発売します。

型名 発売日 価格(税別) 当初月産
デジタルビデオカセットレコーダー
『GV-D900』
5月20日 240,000円 1,200台
『GV-D300』 5月20日 160,000円 500台

1995年秋にデジタルビデオカメラが登場し、1997年には国内のビデオカメラ市場 約138万台(EIAJ統計)の内、約90万台(当社推定)をデジタルビデオカメラが占めるまで成長しています。こうした状況下、当社は、DV方式で記録されたテープを手軽に再生・編集できるビデオウォークマン2機種を発売することにより、デジタルビデオの新しい使い方を提案します。
今回発売するビデオウォークマン2機種は、DV方式を採用することにより、色にじみやジッターのほとんどない安定した画質を実現し、静止画やスローにおいてもブレのない高画質再生が可能です。また、劣化の少ない編集を可能にするDV端子(i.LINK)や、8ミリビデオカメラ等を接続できるアナログ入出力端子を装備。デジタルビデオカメラで撮影した映像の編集・ダビングを行なえる他、8ミリビデオカメラで撮影した映像をミニDVカセットに録画して、保管の省スペース化が可能です。
さらに、"LASER AVLINK"を装備し、内蔵された赤外線発光部から別売の受光部に向けて映像・音声を送信し、テレビとケーブルで接続することなく、簡単コードレス再生を実現します。
なお、『GV-D900』は、好きな場所で手軽に高画質の映像を再生して楽しむことができる22.4万画素の5.5型液晶モニターを搭載しています。また『GV-D300』は、液晶モニターなど外部機器を接続して、場所をとらずに手軽にDV方式での録画・再生ができるポータブルデッキです。

主な特長

  1. 5.5型液晶モニターを搭載(『GV-D900』のみ)
    22.4万画素の液晶パネルでDV方式の高画質を楽しめます。寝室やデスクトップなどどこに置いても安定した見やすい角度に調整することができます。
  2. 高画質DV方式
    色にじみやジッターのほとんどない安定した画質を実現。静止画やスローにおいてもブレのない高画質再生が可能です。
  3. アナログAV入出力端子の装備
    8ミリビデオカメラ等を接続できるアナログ入出力端子を装備。8ミリビデオカメラの映像をミニDVカセットに録画し、保管の省スペース化が可能です。また、デジタルビデオカメラで撮影した映像をVHSに編集・ダビングすることも可能です。
  4. DV端子(i.LINK)
    他のDV端子付きビデオと接続して、劣化の少ないデジタル編集に対応。 また、DV入出力付きのパソコンと接続したり、別売のDV静止画キャプチャーボード等を使用し、高画質な静止画像をパソコンに取り込むことができます。
  5. 20プログラム編集機能
    本機を再生側、VHSビデオデッキなどを録画側として20プログラム迄のカット編集が簡単に行えます。録画側のビデオは赤外線リモコンに対応したほとんどのビデオが使用できます。
  6. LPモード録画/再生機能
    標準モードの1.5倍の時間録画が可能。長時間録画に対応します。
  7. スタミナ連続再生、インフォリチウムバッテリー対応
    本体の低消費電力化と高容量バッテリーにより最大5時間45分の連続再生が可能です。また、"インフォリチウムバッテリー"に対応し、分単位での残量表示が可能です。
    ※NP-F950満充電、液晶OFF時の目安です)
  8. 多目的に活用できるマルチコネクターを装備
    併せて発売する小型カラービデオカメラ"まめカム"「CCD-MC100」を 接続することにより、ビデオカメラでは撮影が困難な狭い場所や手がふさがる状態での撮影が可能になります。また、別売のテレビチューナー「TGV-100」を側面に直接取り付ければ、屋外でもテレビ番組の録画等もできます。
    ※ロッドアンテナを使用した場合、電波状態によっては映りが悪くなることがあります。その時は外部アンテナの使用をお勧めします。
  9. その他の主な特長
    • (1)PCMデジタルステレオ音声(16ビット/12ビット)。BGMなどを追加できるアフレコ機能 (12ビット時)も搭載しています。
    • (2)赤外線伝送が可能な、LASER AVLINK 対応。
    • (3)画面上にタイトルを入れられるタイトル機能。オリジナルのタイトルの作成も可能です。
    ※タイトル機能はメモリー付きカセットのみでお使いいただけます。

主な仕様

  『GV-D900』 『GV-D300』
規格 DV方式(民生用デジタルVCR SD規格)
使用カセット ミニDVカセット
映像記録方式 デジタルコンポーネント記録
録音方式 回転2ヘッド、16ビット48kHz/12ビット32kHz
録画時間 60分(SP)/90分(LP) DVM-60使用
液晶パネル 5.5型TFT ×
入出力端子 DV端子(i.LINK)、S映像/AV入出力端子
スピーカー 内蔵 ×
電源電圧 7.2V(バッテリー),8.4V(ACチャージャー)
消費電力 10.9W(液晶ON),6.2W(液晶OFF) 6.2W
最大外形寸法(幅×高さ×奥行) 148×62×135mm 148×48×135mm
本体質量 約970kg 約610g

主な別売アクセサリー

  • ラービデオカメラ"まめカム"『CCD-MC100』(5月20日発売) 価格65,000円
    • (特長)
      41万画素プレシジョンCCD、ステレオマイク、手動3倍ズームを搭載しながら、奥行き70mmのコンパクト設計。さらに、カメラ部分は防滴仕様となっており、撮影場所を選びません。ビデオウォークマンの側面に付けて、または別売のリチウムイオンバッテリーと接続ケーブルを使用して単体カメラとしても 使用できます。
  • TVチューナーユニット『TGV-100』(既発売) 価格20,000円
  • ビデオ/コンピューターインターフェイス『CI-100』(既発売) 価格20,000円
  • アクセサリーキット 『ACC KIT-IF95』(既発売) 価格36,000円
  •           〃           『ACC KIT-950』 (既発売) 価格28,000円
  • ACチャージャー『AC-V700』(既発売) 価格10,000円
  • DCチャージャー『DC-V700』(5月発売) 価格13,000円
  • リチャージャブルバッテリーパック『NP-F750』(既発売) 価格12,000円
このページの先頭へ