SONY

報道資料
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。

2001年3月21日

デジタルコンテンツ著作権管理・配信システム
「OpenMG Light」を開発

著作権保護技術「OpenMG」をモバイル機器向けデジタルコンテンツ流通へ展開

ソニーは、ネットワークインフラの進展ならびに携帯電話やPDAなどのモバイル機器の多機能化に対応するため、モバイル機器向けのデジタルコンテンツ著作権管理・配信システム 「OpenMG Light(呼称:オープンエムジー ライト)」を開発しました。音楽を始めとして、今後さらに多様化するデジタルコンテンツの配信ビジネスに柔軟に対応できる著作権管理・配信技術として、通信事業者、音楽レーベルをはじめ、関連する業界、企業に提案してまいります。

本システムは、サーバ/クライアント型の著作権管理・配信システムです。 パソコン内の音楽データの著作権保護技術として実績のある「OpenMG」の機能を、デジタルコンテンツを配信するサーバ側システム 「OpenMG Lightサーバシステム」と、コンテンツをダウンロードして記録・再生するモバイル機器側の ソフトウェア「OpenMG Lightクライアント」に分担させることにより、著作権の管理、配信を行います。
システム全体として「OpenMG」と同等の信頼性の高い著作権管理を実現しながら、 「OpenMG Lightクライアントソフトウェア」のプログラム規模を小さくして処理量を少なくすることにより、携帯電話やPDAなど小型で構成上制約の多いモバイル機器への著作権保護技術の組み込み を容易にするとともに、消費電力の抑制を可能にしました。

一方、デジタルコンテンツの配信を行う「OpenMG Lightサーバシステム」には、サービスの追加や変更が容易な自由度の高いアーキテクチャーが採用されています。これにより、既存の課金システムや配信システムとの混成が可能です。また、多数のクライアントからの同時アクセスが予想されるサービスにも適用することができます。さらに、モバイル環境を考慮した機能として、コンテンツのダウンロード中の通信切断に対応して配信を途中から再開する機能なども装備されています。

このページの先頭へ