SONY

報道資料
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。

2001年8月22日

「Anycast, Experience the Future」- Sony at BIRTV 2001

(北京、中国 2001年8月22日)ソニーは、第10回北京国際ラジオ・映画・放送機器展覧会2001(BIRTV 2001、開催期間:8月23日~26日)において、アナログからデジタルへのスムーズな移行を実現するデジタル放送機器の最先端技術を提案いたします。

Anycast World

ブロードバンド時代の到来により、放送事業者は、様々なデジタルコンテンツ配信に関するソリューションを必要としています。ソニーは、リッチコンテンツ(魅力あるコンテンツ)の制作ツールとユニークな制作環境を提供することで、"Anycast World"における、お客様のデジタル放送機会実現に向けて努力してまいります。ブロードバンドネットワーク環境が、「いつでも(ANYTIME)、どこでも(ANYWHERE)、そして誰もが(ANYONE)行える放送」の世界、"Anycast World"のキーとなります。

今回、ソニーブース(展示フロア:720㎡)では、幅広い放送機器のラインナップを展示。 "Anycast World"のコンセプトの基に、HD、MPEG、アーカイブシステム、配信システム、DVCAM、オーディオ、ディスプレイの各分野で構成されています。

The HD World

今回、HDデジタルカムコーダー「HDW-750」と、HDデジタルレコーダー「HDW-2000」を展示します。また、ライブプロダクション及びポストプロダクション向けに、XPRI(HDTV/SDTV用ノンリニア編集機)、「MVS-8000」(マルチフォーマットプロダクションスイッチャー)、BVM-Dシリーズのデジタルモニター、マルチアクセスビデオレコーダー「MAV‐777」を展示します。

The Open MPEG World

デジタルネットワークドブロードキャスト環境に向けて、MPEGは"end to end"で、圧縮されたデジタルデータをやり取りできる制作環境を実現する最良の手段です。ソニーは、「MSW-900P」カムコーダーや、ベータカム、MPEG IMX、ベータカムSX、ベータカムSPでの再生互換のある「MSW‐2000」レコーダーシリーズなど、MPEG IMXファミリーをサポートしています。また、J-シリーズコンパクト再生機は、製作者やジャーナリストにリーズナブルなコンパクトオフィスビューアーを提供します。

デジタルから実用性へ

"Anycast World"の展示で、ソニーはシステムソリューションを紹介します。メディアアセットマネージメントシステムは、将来放送制作環境が複雑になっていく中、より効率的で信頼性の高いアーカイブシステムを実現するものです。PetaSiteシステムはシンプルなメディアストレージから様々な自動大容量ストレージシステムまで用途も容量も幅広く取り揃えています。主な製品群は以下のとおりです。
「DMS‐B9」、「DMS‐B35」、「PetaSite 80」、「PetaSite 150」、「PetaSite 8400」(容量:540GB~29PB)

DVCAMシリーズは、中国市場で累計15,000台以上(2001年6月時点)を販売しています(2001年3月時点、世界販売台数:約200,000台)。

以上

このページの先頭へ