SONY

報道資料
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。

2001年10月17日

ソニー取締役会議長 大賀典雄 「ドイツ大功労十字星章」を受賞

このたび、ドイツ連邦共和国より、当社取締役会議長 大賀典雄に対し、ドイツ連邦共和国功労勲章大功労十字星章 (Grosses Verdienstkreuz mit Stern des Verdienstordens der Bundesrepublik Deutchland )が授与されることになりました。
叙勲式は、本日(17日)午前10時30分より在日ドイツ大使館において行われ、ケストナー駐日大使閣下より同勲章が授与されました。

同勲章は1951年に制定された勲章で、あらゆる分野において国家に多大な貢献をした者に対し、ドイツ連邦共和国政府から授与されるものです。

ソニーは、1970年6月に現地販売会社としてソニー・ゲー・エム・ベー・ハー(86年、ソニー・ドイチュラントに社名変更)を設立し、現地に根ざした販売活動を推進する一方、2000年6月には欧州本社であるソニーヨーロッパの社屋を兼ねた複合型総合エンタテインメント施設として、同国ベルリン市に「ソニーセンター」を設立しました。
今回の受章は、これらの事業展開における企業家としての貢献に加え、音楽家としてもベルリンの地に声楽を修めた後、近年にあっても指揮活動を通じて両国の関係にもたらしてきた貢献が評価されたことによるものです。

同勲章についてはソニーとしては初めての受章となります。
なお、大賀は同国より1994年に「ドイツ連邦共和国功労勲章大功労十字章」(Grosses Verdienstkreuz des Verdienstordens der Bundesrepublik Deutchland)を受章しております。

以上

このページの先頭へ