SONY

報道資料
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。

2003年10月28日

サムスン電子とソニー、第7世代アモルファスTFT液晶ディスプレイパネルの製造会社を合弁設立することで基本合意

サムスン電子株式会社
ソニー株式会社

サムスン電子株式会社(以下、サムスン電子)とソニー株式会社(同、ソニー)は、第7世代のアモルファスTFT液晶ディスプレイパネル製造を行う合弁会社を、2004年第1四半期を目処に設立することで基本合意し、覚書(MOU:Memorandum Of Understanding)を締結しました。

両社出資による合弁会社は、サムスン電子が韓国忠清南道湯井(タンジョン)に建設する施設内に、第7世代(ガラス基板サイズ:1,870mm×2,200mm)のアモルファスTFT液晶ディスプレイパネル製造ラインを敷設します。合弁会社に関する具体的詳細については、今後両社協議合意の上決定しますが、同製造ライン敷設にあたっては、2005年夏を目処に月産能力数万枚規模(基板ベース)で量産稼動することを目指し、およそ20億米ドルの設備投資を予定しています。

テレビ受像機の薄型化が進み、中でも液晶ディスプレイパネルは今後その需要が益々拡大し、2005年にはテレビ市場の10%以上を占め、全世界で1400万台規模の市場になると予測されて います。

合弁会社による第7世代アモルファスTFT液晶ディスプレイパネルの量産により、両社は、 薄型テレビ市場に向けたコスト競争力のある同パネルを安定して生産する体制が構築できます。 サムスン電子が進める世界最大規模となる第7世代アモルファスTFT液晶ディスプレイパネル の生産ライン構築は、標準基板サイズとしての第7世代のポジションを確固たるものにし、 急成長するテレビ向け液晶ディスプレイパネル市場におけるサムスン電子の更なる事業拡大を 可能にします。ソニーは、これまでの調達先に合弁会社を加えることで、拡大する薄型テレビ市場に向けた自社製品向けアモルファスTFT液晶ディスプレイパネルの安定した調達を実現、 世界需要に対応した積極的な商品開発・展開を進めます。

合弁会社の概要(2004年第1四半期を目処に設立予定)
会社名: 未定
資本金: 約20億米ドル
代表者: 未定(CEOはサムスン電子、CFOはソニーから選出予定)
所在地: 韓国忠清南道湯井(タンジョン)
生産品目: アモルファスTFT液晶ディスプレイパネル
設備投資: およそ20億米ドル(量産稼動開始分まで)
生産能力: 数万枚/月 第7世代(1,870mm×2,200mm)
  • 詳細については、今後両社協議の上、本契約にて決定する予定です。
このページの先頭へ