SONY

メニュー
サイト内検索ボタン

検索

報道資料
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。

2004年1月14日

『USBオーディオ』 商品群で新たなアイワブランドを構築

−ウェブサイトを軸に全世界で統一したマーケティングを展開−

 ソニー株式会社は、アイワブランドの新機軸となる商品群『USBオーディオ』シリーズを2004年2月以降全世界で順次発売、積極的な販促活動を展開していきます。

 個人の部屋などパーソナルな空間では、今やPC(パソコン)が生活の中心となっており、情報収集やコミュニケーションだけでなく音楽・映像・ゲームなどもPCを使って楽しむ人が増えています。こうしたPCを活用するエンタテインメントをより快適に楽しむための商品群・第一弾として、音楽を愛するPCユーザーへ『USBオーディオ』を提案します。

 『USBオーディオ』は、多くのPCに標準装備されているUSB(Universal Serial Bus)ポートを活用して、煩雑な設定を必要とせず簡単に使える新しいパーソナルオーディオ機器群です。USBストレージメディア"pavit"(パビ)を採用した各種オーディオプレーヤーから世界最薄最軽量※1・名刺サイズのHDDオーディオプレーヤー、PCディスプレイの背面に収まる高音質のスピーカーシステムまで、PCユーザーの生活スタイルに合わせた多彩な オーディオ機器群を商品化しました。『USBオーディオ』では、"pavit"をUSBポートに直接差しこむだけで音楽CD60分相当のデータなら約18秒※2での高速転送を実現するなど、PCユーザーにとっての使いやすさを様々な形で追求しました。

  • ※1 2004年1月14日現在、ソニー調べ。
  • ※2 USB2.0対応機器でMP3フォーマット/128kbpsの音楽データをPCから"pavit"に転送する理論上の最速転送時間。

 『USBオーディオ』の核となる顧客層は、インターネットで遊び、音楽と共に行動し、自分の時間と感性を大切にするデジタル世代です。世界中のデジタル世代と共鳴し合って新たなブランドイメージを構築していくために、アイワブランドでは本日1月14日からウェブサイトに重点を置いたマーケティング活動を展開していきます。世界共通のポータルサイト"www.aiwa.com"と日本国内向けのサイト"www.jp.aiwa.com"を刷新、以下のような新しい取り組みを通して、お客様とのコミュニケーションを深めていきます。

(1)直感的なデザイン・メッセージ表現の導入
 言語を超えて世界中のデジタル世代に働き掛けていくために、斬新なデザインや直感的なメッセージ表現を導入しました。"aiwacon"(アイワコン・図A)は、パソコンと共に楽しむ商品群のアイデアや機能を視覚化したアイコンです。また"sonics"(ソニックス・図B)はロック、レゲエ、ヒップホップからハワイアンまで、イラストと音楽でアイワの楽しさを伝えるロゴ・キャラクターです。

(2)インタラクティブ・コンテンツの拡充
 機能的で双方向性が高い商品情報サイトに加えて、音楽系やアート系の多彩なクリエイティブ・コンテンツを拡充、更新していきます。現在、新進気鋭の音楽家やクリエーターとのコラボレーションによる多様な企画を準備中です。独自のビデオクリップや楽曲、ゲームなどのプレミアム・コンテンツを充実することで、サイトへの誘導と感度の高いコミュニティづくりを図っていきます。

(3)オンライン販売の積極展開
 パソコンユーザーへ商品提案および販売を行なっていく手段としても、ウェブサイトを重視していきます。国内においては、ソニーのeコマースサイト「ソニースタイル」(URL:http://www.jp.sonystyle.com)上に『AIWA SHOP』が新設され、フラッグシップ店として本日1月14日より『USBオーディオ』シリーズの取り扱いが開始されます。今後も、国内外における各種サイトとのタイアップ、パートナーシップを通じて、オンライン販売を積極的に展開してまいります。

図A:"aiwacon"(アイワコン)

図A:

図B:"sonics"(ソニックス)

sonics

アイワからは今後も自由な発想で、シンプルで使いやすい商品を発売していきます。 
どうぞご期待下さい。

アイワ商品の詳細は、ホームページwww.jp.aiwa.comをご参照下さい。

以上

このページの先頭へ