SONY

メニュー
サイト内検索ボタン

検索

報道資料
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。

2021年4月21日

ソニーグループとVodafone Germany
VISION-S Prototypeの5G走行試験を開始

高度な自動運転の実現や、新たな車内空間の価値創造に向けて

ソニーグループ株式会社(以下、ソニー)とVodafone Germanyは、VISION-S Prototypeの5G走行試験をドイツのアルデンホーフェンにあるテストコースで2021年4月より開始しました。

VISION-S

通信技術の進化により次世代移動通信システム5Gの普及に向けた動きが活発化する中、モビリティ領域においても、5Gの低遅延、大容量、高速の特長を活かした安全性や利便性向上等の技術革新が期待されています。

実環境で5Gのパフォーマンスを最大限に発揮するためには、アンテナ形状やレイアウトの最適化、また基地局間をまたぐ走行においてもシームレスに接続を維持するためのTCU(テレマティクス・コントロールユニット)におけるモデム制御の最適化が必要となります。通信システムのハードウェア・ソフトウェア設計ノウハウや通信品質評価指標の策定、フィールドテストにおける伝搬特性解析等は、ソニーが長年スマートフォンの開発を通じて培ってきた技術であり、これらをモビリティ開発に展開していきます。

VISION-S Prototypeには5Gネットワークへの接続機能が搭載されており、車載システムとクラウドが常に繋がり、データや制御信号の同期、またOTA(Over The Air)でのシステムのアップデートが可能です。走行試験では、車両から取得する各種センサーデータのクラウドへの低遅延伝送や、クラウドから車両に対するリアルタイム制御の可能性を検証するために、高速走行中の車両でも通信環境を最適化するための検証と開発を進めていきます。

Vodafone Germany CEO, Hannes Ametsreiter(ハンネス・アメットストライター)氏のコメント

『リアルタイムのモバイル通信により、自動車は車輪の付いたデータベースに変貌します。Vodafone Germanyの5Gモビリティラボにおいて、VISION-S Prototypeのリアルタイムでの通信を評価します。ソニーと我々は共同で5Gで初となるプロトタイプを準備しており、将来、無線とシンプルなソフトウェアアップデートにより、新たな機能を自動車に搭載できるようになります』

ソニーは、VISION-Sの取り組みを通じてオープンなパートナーシップを拡張していくことで、グローバルに様々な技術・ノウハウを有する企業とのコラボレーションを今後も積極的に推進していきます。
また、最先端テクノロジーを組み合わせることで、安心・安全かつ、新たな感動をもたらす車内エンタテインメントの実現を目指し、モビリティの進化へ貢献していきます。

このページの先頭へ