SONY

報道資料
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。

2021年6月8日

“新Ginza Sony Park”の建設工事を前にしたファイナルプログラム
『Sony Park展』を6月26日より開催

6つのテーマに6組のアーティストが参加するクリエイティブな企画を展開

ソニーグループ株式会社(以下、「ソニー」)は、2021年6月26日から9月30日までGinza Sony Park (銀座ソニーパーク)にて、ソニーが取り組む6つの分野「ゲーム、音楽、映画、エレクトロニクス、半導体、金融」をテーマに、ソニーミュージックの6組のアーティストたちが加わって展開する、遊び心あふれるプログラム『Sony Park展』を開催します※1

Ginza Sony Parkについて

Ginza Sony Parkは、東京・銀座で50年間続いたソニービルの跡地に2018年8月に誕生し、「街に開かれた施設」というコンセプトを継承・進化させ、アートやデザイン、音楽、映画、食、ファッション、テクノロジーなど多岐にわたる分野の個性豊かなパートナーとともに、「変わり続ける実験的な公園」をつくり上げています。2024年※2の“新Ginza Sony Park"の完成に向け、今秋2021年10月より新たな建設工事を開始します。

  • ※1お客様やスタッフの健康・安全を守るため新型コロナウイルス感染防止対策を徹底してイベントを開催します。
  • ※2Ginza Sony Park最終形の完成時期は当初2025年としていましたが、計画を進めるなかで2024年完成予定となりました。

『Sony Park展』について

今回開催する『Sony Park展』は、現在のGinza Sony Parkとしてのファイナルプログラムです。ソニーの6つの分野「ゲーム、音楽、映画、エレクトロニクス、半導体、金融」のそれぞれに「ゲームは、社交場だ。」「音楽は、旅だ。」など遊び心あるテーマを設定してイベントを実施します。イベントには、岡崎体育、奥田民生、東京スカパラダイスオーケストラ、millennium parade、YOASOBI、Creepy Nutsの6組のアーティストが加わり、3か月にわたって、現在のGinza Sony Parkでしか体験できないクリエイティビティあふれるさまざまな企画を展開します。
ご来園いただけないお客さまにも、バーチャルでのウォークスルー体験や、各アーティストが出演するオンラインイベントをお楽しみいただける特設サイトを公開予定です。

また、テクノロジーとデザインをテーマにした3つのイベントを開催します。ソニーファウンダーのひとりでソニービルを創業した盛田昭夫の生誕100年を記念した「Bar Morita」もオープンします。

現在のGinza Sony Parkの特徴でもあるオープンな「垂直立体公園」の空間形態を生かした最後の体験型プログラムをお楽しみください。

『Sony Park展』概要

  • 期間:
    2021年6月26日(土)~9月30日(木) 11:00~19:00
    ※ Bar Moritaのみ12:00~20:00(毎週月曜定休日)となります。
    ※ 準備のための休止期間があります。ご注意ください。
    ※ 開催日時はやむを得ず変更となる場合があります。
  • 場所:
    Ginza Sony Park(PARK B2~B4/地下2~4階)
  • 料金:
    入場無料(一部 事前予約制)
  • 特設サイト:
    Sony Park展
    ハッシュタグ:#sonypark展
このページの先頭へ