SONY

報道資料
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。

2024年2月1日

令和6年能登半島地震による被災地・被災者への追加支援について

社員募金とマッチング寄付を加えて、グループ全体の支援額は約1.3億円に

ソニーグループは、令和6年能登半島地震による被災者への支援活動に役立てていただくため、追加の寄付を実施します。

1月5日に発表しているとおり、ソニーグループは、被災地への緊急支援として、公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンと共同で運営するファンド※1および日本赤十字社※2を通じて、合計4,000万円の寄付を実施しました。
その後、国内外のソニーグループ各社において社員募金を実施し、多くの社員が自発的に参加した結果、集まった総額は2月1日時点で約4,000万円となりました。この社員募金と、それに対する会社からのマッチング寄付約4,000万円、グループ各社による追加支援、および発表済みの4,000万円の寄付をあわせて、ソニーグループ全体としての支援は合計約1.3億円となります。追加分は、日本赤十字社、セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン、およびその他団体に寄付いたします。

被災地の一日も早い復興を心より祈念いたします。

このページの先頭へ