SONY

報道資料
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。

2024年3月5日

ソニー、6年連続で「World's Most Ethical Companies®(世界で最も倫理的な企業)」の1社に選定

2024 World's Most Ethical Companies

ソニーグループ株式会社(以下、ソニー)はこの度、企業倫理の基準を定義し、推進を行う世界的なリーダーである米国「Ethisphere Institute(エシスフィア・インスティテュート)」より、6年連続で「World's Most Ethical Companies(世界で最も倫理的な企業)」の1社に選定されました。

「World's Most Ethical Companies」は、最高水準の倫理、コンプライアンス、ガバナンスの実践を通じて、事業における誠実さに関して卓越したリーダーシップと貢献を行った企業を表彰する賞です。①倫理・コンプライアンスに関する取り組み、②コーポレートガバナンス、③倫理的企業文化、④環境・社会への影響、⑤第三者管理、の5つの項目において評価され、今年度は世界20か国・44の業種から、136社が選定されました。

今回の選定は、「クリエイティビティとテクノロジーの力で、世界を感動で満たす」というソニーのPurpose(存在意義)を実現するために、ソニーのValues(価値観)の1つである「高潔さと誠実さ」を踏まえ、社員一人ひとりが倫理的で責任ある行動を積み重ねてきたことが評価された結果であると考えています。今回の選定を糧に、今後も、「ソニーグループ行動規範」を核とするソニーの倫理・コンプライアンスプログラムをより一層進化させ、倫理的な企業文化を土台として、持続的な価値創造に向けた取り組みを強化してまいります。

ソニーグループ株式会社 代表執行役 会長 CEO 吉田 憲一郎のコメント

「2024 World's Most Ethical Companies」に6年連続で選定されたことについて、大変嬉しく光栄に思います。ソニーは「高潔さと誠実さ」をグループにおける重要なValues(価値観)の一つと位置付けています。今後もこのValuesを共有する11万人の社員と共に、倫理的な経営を実践、進化させながら、成長を目指して長期視点の価値創造に取り組んでまいります。

Ethisphere Institute CEO エリカ・サーモン・バーン氏のコメント

「World's Most Ethical Companies」の表彰を通じて、いつも感銘を受けております。厳格な審査の過程で、すべてのステークホルダーのために倫理、コンプライアンス、ガバナンスの取り組みを継続的に改善する企業の献身的な姿を目の当たりにします。最高の倫理的企業文化と誠実性を備える企業は、同業および競合他社の手本となる、企業市民としての模範を示しています。ソニーがこの栄誉を獲得し、強い倫理観と優れたビジネスとが循環していることを実証されたことをお祝い申し上げます。

  • 「World's Most Ethical Companies」、「Ethisphere」の名称およびロゴは、Ethisphere LLCの商標です。

【ご参考】
ソニーの企業倫理とコンプライアンスに関する取り組みの詳細はこちらをご覧ください。
「2024 World's Most Ethical Companies」に選定された企業の一覧はこちらをご覧ください。

このページの先頭へ