SONY

メニュー
サイト内検索ボタン

検索



<報道資料>
ここに掲載されている情報は発表日現在の報道機関向け情報ですので、 検索日と情報が異なる可能性があります。 また、新製品情報の場合、販売がすでに終了している場合があります。 あらかじめご了承ください。
現在発売されている商品に関しては、 SonyDrive の 「家庭用機器」「業務用機器」 をご覧ください。
プレスリリース 目次
1996年 3月 18日

新製品

テレビ会議システムなどへの組み込みに最適
パン チルター一体型カラービデオカメラ2機種商品化


パン チルター一体型カラービデオカメラ『EVI-D30』『EVI-G20』



 ソニーは、テレビ会議システムへの組み込みや、パソコンを用いたテレビ会議の利用に適したパン チルター一体型カラービデオカメラ『EVI−D30』『EVI−G20』の2機種を商品化します。両機はVISCA端子を装備し、カメラ操作用のソフトウェアをユーザーが制作すれば、パソコンからの操作でカメラの向きやズーム倍率、フォーカス等を変えることもできます(RS-232Cコントロール)。
 4月上旬よりテレビ会議システムを製造しているメーカーや、システムインテグレーターなどへ向けてサンプル出荷を開始します。

型名サンプル出荷時期サンプル価格
カラービデオカメラ
EVI−D30
4月上旬220,000円
カラービデオカメラ
EVI−G20
120,000円

 『EVI−D30』は、検出した被写体の動きに反応してカメラの向きを変えたり(上下±25°、左右±100°)、捕捉した被写体をオートズームにより同じ大きさの画角で撮り続けたり、逆光になった場合にアイリスを調整する“自動追尾機能”を搭載しています。テレビ会議システム、遠隔教育、科学の実験などへの利用に適しています。
 また、画面上に予め設定した検出範囲で捉えている画像に、その画像内のものとは異なる輝度か色合いを持つ被写体が出現したとき、これを感知してメッセージを送る“動体検出機能”を搭載しています。監視システム、生態観察などへの利用に適しています。
 『EVI−G20』は、当社独自の“マッハスピードダイレクトドライブシステム(DDシステム)”を採用したパン チルター(上下±15°、左右±30°)を内蔵し、パン・チルト動作の高速化と本体の小型化を実現しています。
 なお、両機は、現在開催されている「インターネット・エキスポ'96」に、オフィシャルカメラとして採用が決定しています。今後、同エキスポの各種イベントで、幅広く活用される予定です。




●『EVI−D30』の主な特長

1. 自動追尾機能
カメラブロックと一体化したパン チルターを搭載。当社独自の自動追尾機能により、被写体の動きに反応して、カメラの向きが自動的に変わったり(上下±25°、左右±100°)、オートズームにより捕捉した被写体を同じ大きさの画角で撮り続けたり、逆光になった場合に自動的にアイリスを調整します。テレビ会議システム、遠隔教育、科学の実験などへの利用に適しています。

2. 動体検出機能
動体検出をしたい画面に長方形の検出エリアを設定しておきます。その範囲で設定した画像内のものと異なる輝度か色合いを持つ被写体が現れた場合に、この被写体を感知し、メッセージを送りだします。システムの内容により、例えば、メッセージを利用してアラームを鳴らしたりVTRを起動させるという様な利用ができます。監視システム、生態観察などへの利用に適しています。

3. 充実した高機能光学系
12倍光学ズームや高速オートフォーカスなどの機能を備えています。

4. 6通りの被写体の撮影条件がプリセット可能
テレビ会議などで、最大6ポジションまでの撮影条件(カメラのズーム倍率、アイリスなど)をプリセットでき、複数の被写体に対するときも撮影ポイントにより早くカメラを向け撮影することができます。

5. VISCA端子装備
“VISCA端子”を装備し、カメラコントロール用のソフトウェアを制作すれば、パソコンからのコントロール(RS-232Cコントロール)も可能です。

6. 赤外線リモコン付属
パン、チルト、ズーム、フォーカス、ポジションのプリセットなどが、カメラから離れた位置で行えます。『EVI−D30』では、自動追尾機能と動体検出機能のオン・オフ、逆光補正なども行えます。


●『EVI−G20』の主な特長

1. マッハスピードダイレクトドライブ(DDシステム)パン チルター内蔵
ソニー独自の“DDシステム(小型高速化・ロングライフ化を図ったメカニズム)”を採用したパン チルター(上下±15°、左右±30°)を内蔵。このパン チルターは偏平ブラシレスモーターを使用したダイレクトドライブ方式によって、パン・チルト動作の高速化と本体の小型化を実現しています。

2. 3通りの被写体の撮影条件がプリセット可能
テレビ会議などで、最大3ポジションまでの撮影条件(カメラのズーム倍率、アイリスなど)をプリセットでき、複数の被写体に対するときも撮影ポイントにより早くカメラを向け撮影することができます。

3. VISCA端子装備
“VISCA端子”を装備し、パソコンからのコントロール(RS-232Cコントロール)も可能です。

4. 赤外線リモコン付属
パン、チルト、ズーム、フォーカス、ポジションのプリセットなどが、カメラから離れた位置で行えます。


●主な仕様

  EVI−D30EVI−G20
CCD1/3インチ1/4インチ
有効画素数38万画素
レンズf=5.4〜64.8mm
F1.8〜2.7
(12倍ズーム、オートフォーカス)
f=4.5〜13.5mm
F2.3〜4.1
(3倍ズーム、オートフォーカス)
最低被写体照度7lux/f1.8(50ire)16lux (50ire)
ホワイトバランス自動、室内、屋外、強制引込み自動、白熱灯、蛍光灯、強制引込み
自動露出方式オートアイリス、AGCCCD自動シャッター
水平解像度460TV本(NTSC)/450TV本(PAL)
S映像出力端子4ピンミニDINジャック(1系統)
映像/音声出力端子ピンジャック(各1系統)
音声入力端子ミニジャック(モノラル)
チルト角度上下±25°上下±15°
自動被写体追尾機能×
動体検出機能(MD)×
外部コントロールRS−232C(VISCA)
パン速度最大80°/秒最大150°/秒
パン可動角度左右±100°左右±30°
ACアダプターDC13.5V、1ADC9V、800mA
外形寸法(W×H×D)142×109×164mm84×69×142mm
質量約1200g約450g
付属品赤外線リモコン、ACアダプター、AVケーブル

ソニー株式会社 システムビジネスカンパニー
イメージセンシングプロダクツ営業部
0462−27−2345