SONY

メニュー
サイト内検索ボタン

検索

CSR・環境・社会貢献

2012年12月03日

エコプロダクツ2012

 ソニーは、2012年12月13日(木)から15日(土)まで東京ビッグサイトにて開催される「エコプロダクツ2012」に出展し、「For the Next Generation(次世代のために)」の精神のもとに、ソニーが行っている活動の中から、「子どもたちのための科学教育」と「環境保全」の活動について、ワークショップやタブレットでのゲーム体験などを通して、楽しく、わかりやすくご紹介します。

出展概要

出展概要

ソニーブースの見どころ

ソニーブースの見どころ

1.つくって、わかる。発電・蓄電ワークショップ
 (ソニー・サイエンスプログラム)

「つくって、わかる。発電・蓄電ワークショップ」は、電気エネルギーをテーマとした約20分間のワークショップです。ソニーのエンジニアが講師となり、子どもたちが自らの手で発電と蓄電を体験できる「振動型発電機(スティックジェネレーター)」を使って、電気エネルギーの原理やその未来について、楽しく学びます。

つくって、わかる。発電・蓄電ワークショップ

2.スマトラ島森林保全活動プロジェクト

ソニーは、熱帯林に覆われた美しい自然を育むインドネシア・スマトラ島で、世界遺産に指定された貴重な森を守るために行われているWWF(世界自然保護基金)の森林保全活動を支援しています。実際に現地で活用されているデジタル録画双眼鏡のデモコーナーや、“Xperia(TM) Tablet”とAR技術*1を活用した、スマトラ島の希少な動植物を探すアプリケーションゲーム”Forest Scope in Sumatra(フォレスト・スコープ・イン・スマトラ)”への参加を通じて、森林保全の大切さを体感していただきます。

  • *1Augmented Reality(拡張現実感)の略
  • スマトラ森林保全プロジェクト スペシャルサイト
スマトラ島森林保全活動プロジェクト
Forest Scope in Sumatra Forest Scope in Sumatra

3.ソニーの蓄電池関連製品

効率的に電力を蓄えることができる業務用蓄電池や、家庭で使用するホームエネルギーサーバー、災害時にも手回し充電使用できる、コンパクトなポータブルチャージャーや手回りラジオなど、ソニーの蓄電池関連製品をご紹介します。

ソニーのCSR活動について

ソニーのCSR活動について

 ソニーは、”For the Next Generation(次世代のために)”を理念に、イノベーションと健全な事業活動を通じて、持続可能なより良い社会の実現に貢献していくことを目的としています。

このページの先頭へ