SONY

メニュー
サイト内検索ボタン

検索

「持続可能な紙利用のためのコンソーシアム」参画について

2013年11月19日

-企業とNGOが協働し、2020年までに持続可能な紙利用を目指す-

 ソニー株式会社は、環境や社会に配慮した紙の利用を社会全体で推進することを目的にこの度発足した「持続可能な紙利用のためのコンソーシアム」に参画、取り組みを開始致します。

 このコンソーシアムは、紙の利用について先進的な取り組みを行なう企業5社と国際環境保全NGOであるWWFジャパン、そして企業の持続可能性の推進をする株式会社レスポンスアビリティが協働して設立されました。各メンバーは2020年までに自らの事業活動において持続可能な紙利用を実践すると同時に、その意義が社会全体に広まるよう、情報発信や普及啓発活動等を行います。

コンソーシアムの具体的な活動内容

  • 持続可能な紙利用を進めるための情報提供
  • メンバー間での定期的な情報共有
  • 情報発信や普及啓発活動
  • サプライヤーや取引先への取り組みの拡大

「持続可能な紙利用のためのコンソーシアム」参画企業 ※五十音順

  • 味の素株式会社
  • キリンホールディングス株式会社
  • ソニー株式会社
  • 三井住友信託銀行株式会社
  • (運営アドバイザー)株式会社レスポンスアビリティ
コンソーシアム

コンソーシアムの詳細は、以下のWWFジャパンのホームページをご覧ください。

(ご参考)ソニーの環境活動について

このページの先頭へ