SONY

Technology

『魔改造の夜』を駆け抜けたチャレンジャーたちの軌跡

『魔改造の夜』とは……
エンジニアたちが極限のアイデアとテクニックを競う、NHK BSプレミアムの技術開発エンタテインメント番組「魔改造の夜」。
“子どものおもちゃ”や“日常使用の家電”を魔改造しモンスターマシンへと姿を変える興奮と感動の夜会。その第5弾「ネコちゃん落下25m走」と「電気ケトル綱引き」に、ソニーグループのエンジニアたちが挑戦、1か月半魔改造に励み、闘いに挑んだ。

特別動画 チャレンジャーたちの舞台裏

一夜にかけた挑戦に込められた技術と想いに迫る

1か月半という限られた時間の中で、どのような"魔改造"を行うか。ソニーのエンジニアたちが試行錯誤しながらおもちゃや家電をモンスターに変貌させました。その裏には番組では語り切れない技術的なこだわりや想い、チームでの"魔改造"を通じて見えるソニーの魅力がありました。

技術解説 魔改造マシンを徹底解剖 座談会 チャレンジャーたちに迫るスペシャルトーク
技術解説

魔改造マシンを徹底解剖

ネコちゃん落下25m走

ネコのおもちゃを6m落下させ、合計25m走らせるスピード競技。落下時の安定性に加えて、落下後にまっすぐとゴールに向かって走り続けられるかがポイントです。

ソニーチームのネコちゃん「ALKNYAN(アルクニャン)」

エンジニアによる開発秘話

※PDF内の埋め込み動画を再生する際は、Adobe Acrobat Reader等を使用してご覧ください

電気ケトル綱引き

"電気ケトル"の湯を沸かす機能を拡張することで、動力を生み出し、綱引きをする力比べ競技。蒸気を使っていかに早く、強い力に変換できるかがポイントです。

ソニーチームのケトル「お茶の魔ケトル MKZ-1300N」

エンジニアによる開発秘話

座談会

チャレンジャーたちに迫るスペシャルトーク

Talk 1

若手エンジニアとベテランメンター
のコラボレーションが大きな成果を生んだ

Talk 2

エンジニアを陰で支え続けた立役者たち

このページの先頭へ