SONY

メニュー
サイト内検索ボタン

検索

ニュース

世界遺産 平等院でトリポーラスの効果検証を開始

貴重な文化財を劣化なく保護するために、空気中の汚染物の除去管理が求められています。このたび、
進和テック株式会社の協力で、世界遺産平等院の文化財倉庫でのトリポーラスの空気浄化性能の検証を開始しました。

©平等院

©平等院

米ソニーピクチャーズの美術館においては、トリポーラスが文化財の劣化の原因となる酸性ガスやアルデヒドガスを除去効果が確認できました。
(日刊工業新聞:「もみ殻の炭素材料、文化財の劣化を防ぐことができた!」)

トリポーラス投入前後における汚染ガス濃度の変化(左:酸性ガス 右:ホルムアルデヒド)

トリポーラスはその空気浄化性能により、貴重な文化財を保護し、人類の文化向上発展に貢献します。