SONY

報道資料
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。

2001年2月1日

オーディオビジネスの更なる強化に向けて、2事業所の技術力・生産力を結集

関東圏に位置するソニーボンソンとソニー北関東のオペレーションを統合

ソニーは、ネットワーク時代に向けた新たなオーディオビジネスの展開と市場における競争力の強化を目指し、オーディオに関する技術力・生産力を結集してオペレーションの最適化を図るため、ソニーボンソン株式会社(本社:埼玉県坂戸市)とソニー北関東株式会社(本社:茨城県下妻市)のオペレーションを統合することを決定いたしました。
具体的なスケジュールとしては、本年4月よりソニー北関東からソニーボンソンへの業務移管を徐々に進め、9月末日を目処に全ての業務をソニーボンソンに集約する予定です。
なお、今回の決定は、昨年3月に発表した “EMCS(Engineering, Manufacturing and Customer Services)構想”の下、ビジネス環境の急激な変化に即応でき、より効率的で競争力のある新しい設計・生産体制の構築を目指すものです。

ソニーボンソンは、1933年に創立、現在は高密度実装技術・生産技術力を活かして、MDウォークマンやCDウォークマン、ICレコーダーなどのポータブルオーディオ機器の他、最近ではネットワークウォークマンなどパソコンとリンクした製品の生産を行なっております。
一方、ソニー北関東は、1956年に創立、現在はシステムステレオやMDプレーヤー、CDプレーヤーなどの据え置き型オーディオ機器の基幹工場として、究極の音質を追求したスーパーオーディオCDプレーヤーなどの生産も行なっております。

両社のオペレーションを統合することにより、設計から資材調達、生産、カスタマーサービスにわたるプロセスを総合的に運営できる体制を強化し、本年4月に設立予定の組立系設計・生産プラットフォーム会社『ソニーEMCS株式会社』におけるオーディオ機器の基幹事業所として、設計・生産の「柔軟性」「スピード」「品質」の向上を図ってまいります。

  • 昨年7月に発表した組立系EMCS会社「ソニーEMCS AV/IT(仮称)」の予定正式名称

参考資料

ソニー北関東(株)の概要

  • 設立時期:
    1996年(創立 光和電機として1956年)
  • 所在地:
    茨城県下妻市下妻
  • 代表者(社長):
    鳥取 憲三
  • 従業員数:
    約700名
  • 生産品目:
    システムステレオ、MDプレーヤー、CDプレーヤー、DATデッキ、カセットデッキ、アンプ、チューナーなど

ソニーボンソン(株)の概要

  • 設立時期:
    1987年(創立 石川無線電機として1933年)
  • 所在地:
    埼玉県坂戸市塚越
    ※事業所:坂戸工場、岩槻工場
  • 代表者(社長):
    奥田 廣
  • 従業員数:
    約1400名
  • 生産品目:
    ウォークマン、ポータブルCD、ポータブルMD、ネットワークウォークマン、ICレコーダーなど
このページの先頭へ