SONY

報道資料
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。

2001年8月20日

撮影した映像をネットワーク上で共有して楽しむ
ソニー製品と連携したサービス「イメージステーション」

ソニーは、デジタルの動画や静止画をインターネット上で共有して楽しめる"デジタル イメージングコミュニティサイト"「イメージステーション」を昨年9月より展開しております。
イメージステーションは、これまでもインターネットを使った新しい映像コミュニケーションとしてお楽しみいただいておりましたが、このたび発表したBluetoothTM※2機能搭載の"ネットワーク ハンディカム"では、よりイメージステーションを手軽にお使いいただけるようになりました。
また、今までイメージステーションは日米でのサービスでしたが、新たに欧州での展開を予定しており、世界中でお楽しみいただけるようになります。

イメージステーションとは

イメージステーションでは、お客様がお持ちの動画や静止画などのデータをアルバム形式で保存したのち、電子メールを利用した「ビジュアルメール」機能で友達に紹介したり、趣味・ホビーやペットなどのカテゴリごとに分かれたコミュニティに一般公開することができます。たとえば、友達同士で行ったヨーロッパ旅行のアルバムを参加者で共有したり、「旅行」カテゴリに登録して簡単な旅行日記を公開することができます。そのほか、撮影したデジタル画像をインターネット上で活用する、さまざまな新しいビジュアルコミュニケーションを提案しています。

Bluetooth機能搭載 "ネットワーク ハンディカムIP" でイメージステーションを楽しむ

Bluetooth機能搭載の"ネットワーク ハンディカムIP"では、パソコンを介することなくイメージステーションをお楽しみいただけます※3。メモリースティックに記録した動画・静止画をその場でイメージステーションにアップロード、同時に友達に招待状を出すことで、撮影した画像をすぐに友達に見てもらうことができます。また、イメージステーションに保存した画像を、"ネットワークハンディカムIP"にダウンロードして楽しむこともできます。

イメージステーションはこれまでにもさまざまなソニー製品との連携を実現してきましたが、今後もさらなる新たな楽しみかたを提案してまいります。

その他ソニー製品との連携例

VAIOバンドルソフトウェアとの連携

「バイオシリーズ」搭載のソフトウェアで加工・編集した動画・静止画を、イメージステーションに保存

「バイオシリーズ」搭載の映像マネージメント用ソフト「PictureGear」、映像取りこみ用ソフト「Smart Capture」、動画エンタテインメントソフト「Movie Shaker」、ライブ配信ソフト「UrecSight」を使って加工・編集した動画・静止画を、簡単な操作でイメージステーションに保存することができます。また、「PictureGear」ではイメージステーションに保存した画像をダウンロードすることもできます。

携帯端末「CLIE(クリエ)」との連携

イメージステーションに保存した動画・静止画を、CLIEにダウンロード

イメージステーションに保存したアルバムの動画・静止画を、パソコンまたは携帯電話を介してCLIEにダウンロードすることができます。イメージステーションでは、CLIEのブラウザ画面に適したサイズで表示できるCLIE専用のページを用意しました。外出先で自分のアルバムや、一般公開されているアルバムを閲覧・ダウンロードすることができます。

携帯電話との連携

イメージステーションに保存した静止画を、携帯電話の待ち受け画面に

イメージステーションに保存したアルバムの静止画を、携帯電話の待ち受け画面などに活用することができます。イメージステーションの「携帯に送る」機能をご利用いただくと、サーバー側で携帯電話に適したファイル形式・サイズに変換します。iモード、EZwebのカラーコンテンツ対応端末・Ezwebの@mail 対応端末でご利用いただけますが、ソニーの携帯電話(SO503i、SO502iWM、C404S、C406S)からですと最適な画像サイズでご覧いただくことができます。

  • ※1「イメージステーション」の運営はソニースタイルドットコム・ジャパン株式会社が行なっております。
  • ※2BLUETOOTHトレードマークは、商標権者が所有しており、ソニーはライセンスに基づき使用しています。
  • ※3「ネットワーク ハンディカムIP」でお楽しみいただく際には、Bluetooth™機能搭載のモデムアダプター「BTA-NW1」(別売り)または携帯電話(au C413S)が必要です。
    またインターネットへの接続は、インターネットサービスプロバイダーとの契約が必要です。
このページの先頭へ