SONY

報道資料
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。

2001年8月22日

ソニーと索貝(Sobey:ソーベイ)、MPEG対応製品の開発について提携

(北京、中国 2001年8月22日)Sony Corporation of Hong Kong Limited(以下、ソニー)は、Sobey Digital Technology Co.Ltd(以下、ソーベイデジタル)との中国市場におけるMPEGベースの製品連携に関する発表をおこないました。

ソニーとソーベイデジタルは、BIRTV2000において覚書(Memorandum of Understanding)にサインし、両社は相互に協力して開発に取り組んでまいりました。

今回、ソニーとソーベイデジタルはMPEG製品の開発をより促進するためのソリューションを以下に提案いたします。

  1. ソーベイデジタルがSDTI-CPインターフェースをサポートすることで、ソニーのMPEG IMX VTRとソーベイデジタルのノンリニア編集機間において、2倍速の転送速度を実現します。
  2. ソニーのDVCAMデジタルテープレコーダーとソーベイデジタルのノンリニア編集システムによって、4倍速のデータアップロード/ダウンロードを実現します。
  3. ソニーのマルチアクセスビデオ/オーディオサーバー「VSR-2000」をベースとして、ソーベイデジタルはこのサーバーをサポートする中国語版のアプリケーションソフトの開発に成功しました。これにより、コンテンツ配信において、ソーベイデジタルのノンリニア編集システムによってソニー「VSR-2000」にデータ転送することが可能です。
  4. ソーベイデジタルは、ソニーのペタサイトストレージシステムとDTF技術を用いたトータルソリューションを実現するアーカイブシステムを開発しました。

今後、ソニーとソーベイデジタルは、お互いの製品・システムの連携を一層推進してまいります。

以上

このページの先頭へ