SONY

メニュー
サイト内検索ボタン

検索

イベント

ソニーのアクセシビリティをお客さまに体験していただくために、
さまざまな展示会やイベントに出展しています。

イベント予告

イベント予告

イベント出展レポート

アクセシビリティに関する世界最大級の国際会議である
CSUN Assistive Technology Conference(CSUN)に出展

第36回CSUN Assistive Technology Conferenceが2021年3月8日から12日までの間、オンラインで開催されました。ソニーは2018年から参加しており、今回が3度目の出展ですが、初めてオンラインでの参加となりました。
オンラインでもお客さまにわかりやすく、身近に感じていただけるように、アクセシビリティに配慮しているソニーの製品をライブ配信で紹介しました。ブラビア®やウォークマン®では、画面上に表示される文字を読み上げる「音声読み上げ」の機能を実演。PlayStation®5では、用意されている豊富な設定メニューを体感してもらえるよう、色補正など切替前後の変化を見ていただきました。また製品だけでなく、視覚障がい者団体と協業して開発中の点字・音声解説付きの商品展示台もアクセシビリティの取り組みとして紹介しました。これらのライブ配信は、すべて字幕付きで提供。加えて、視聴しているお客さまからの質問を音声やテキストチャットで随時受け付けることで、対面のときと同じように、オンラインでもお客様とのやりとりが行われました。
あわせて、ソニー株式会社※1執行役 専務 神戸 司郎とソニー・ノースアメリカ 社長 兼 COO であったマイケル・ファスーロ※2(出展当時)から、ソニーのアクセシビリティへの考え方や取り組みについてメッセージを配信。さらに開催期間中には今回初めてとなるビデオ講座を実施し、社内啓発イベントや障がい者団体との連携や協業など、誰にとっても利用しやすい製品やサービスのためにソニーが継続的に行っているアクセシビリティに関する取り組みを紹介しました。

  • ※12021年4月1日付で、ソニー株式会社はソニーグループ株式会社に社名変更しました。
  • ※22021年4月1日付で退任。
CSUN 2021
ソニーオンラインライブ実演の様子

ヨーロッパで権威のあるアクセシビリティイベント
「TechShare Pro 2020」にシルバースポンサーとして参画

2020年11月17日から19日まで「TechShare Pro 2020」がオンラインで開催されました。ソニーは昨年に引き続き当イベントに参加し、イベントのシルバースポンサーを務めました。
今年は、ソニー株式会社 執行役 専務 神戸 司郎と、ヨーロッパでソニーのアクセシビリティをリードしIEC技術委員会100の議長も務める、ウルリケ・ハルトリッヒがスピーチを行いました。 また、ウルリケ・ハルトリッヒは欧州アクセシビリティ法に関するパネルディスカッションにも登壇しました。

会期中、ソニーの製品デモンストレーションもオンラインで行いました。ブラビア®の「音声読み上げ」をはじめとしたアクセシビリティ機能のほか、お手元テレビスピーカーや外音取り込み機能搭載のヘッドホンなど、アクセシビリティに配慮した製品を紹介しました。

オンラインスピーチの様子
オンラインによる製品紹介

多様な人が自分らしく描ける未来のデジタルペンDoodle Penを使った展示会を開催

ソニーは、最新テクノロジーや研究開発段階のプロジェクトを体感できる展示を行っています。未来のデジタルペンDoodle Penは、壁やテーブルなど、どこにでも滑らかに描くことができる未来のデジタルペンとして、WoW Studio(東京・渋谷)やNTT R&D Forum 2019(東京・武蔵野市)で展示してきました。デジタルペンの動きは、ソニー開発の高速ビジョンセンサー(IMX382)を利用して毎秒1000フレームでセンシングされています。壁やテーブルが大きなキャンパスに早変わりし、普段なら描くことがはばかられる所に文字や絵を自由自在に描ける解放感が好評です。
2020年8月13日(木)~9月6日(日)Bunkamuraギャラリー(東京・渋谷)にて、障がいのある人から寄せられた詩を紹介する展覧会「NHKハート展」が開催されました。その企画の1つに、詩から感じた思いを来場者に自由に描いてもらうコーナーがあり、ソニー株式会社および株式会社ソニー・ミュージックソリューションズが技術協力で参画し、Doodle Penが使われました。

Doodle Pen
来場者がDoodle Penを使って壁一面に描く様子

ハート展へ技術協力するにあたり、Doodle Penは、障がいのある方をはじめ多様なお客さまに配慮して、描き込み範囲にバリエーションを持たせるなど工夫をしています。
開発段階では、肢体に障がいのある詩作者のご自宅に訪問し、どのような姿勢や素材が書きやすいかなど一緒に検証してもらいました。
開催期間中は、障がいの有無に関わらず多様なお客さまがハート展に訪れ、Doodle Penを使って思い思いの表現を楽しんでいらっしゃる様子が見られました。

「NHKハート展」開催概要については以下をご覧ください。

インクルーシブデザインの体験型展示「CAVE Without a LIGHT (ケイブ・ウィズアウト・ア・ライト)」をSXSW(サウス バイ サウスウエスト)2019に出展

2019年3月9日から12日まで米国テキサス州オースティンにて開催された世界最大のクリエイティブ・ビジネス・フェスティバル「SXSW(サウス バイ サウスウエスト) 2019」 に出展、ソニーはBest Use of Technology賞をいただきました。展示の一つである「CAVE Without a LIGHT (ケイブ・ウィズアウト・ア・ライト)」では、ソニーブースの中でも最も大きな区画を使い、視覚に頼らず楽しめるインクルーシブデザインの体験型展示を行いました。本展示では洞窟の暗闇を再現した空間で、ソニーの音響・触覚技術を用いて参加者が音楽を協奏する体験をとおして、障がいの有無に関わらず多様な人が自分らしく楽しめるテクノロジーの可能性を提示しました。

全盲のオーディオエンジニアをはじめ、障がい・性別・文化・言語の違いに関係なく、ソニーグループのクリエーターたちがインクルーシブデザインに取り組み、多様な視点から完成度を高めました。また、開催期間中にオースティン在住の視覚障がいのある方がたを招待しました。連日、多様なお客さまが本展示を訪れ楽しんでいました。

  • インクルーシブデザインとは、多様なユーザーを包含・理解することで新たな気づきを得て、一緒にデザインする手法。

アクセシビリティに関する世界最大級の国際会議であるCSUN Assistive Technology Conference(CSUN)に出展

2019年3月11日から15日まで米国カリフォルニア州アナハイムで開催されたアクセシビリティに関する世界最大級の国際会議、CSUN Assistive Technology Conferenceにソニーが2018年に引き続き2度目の出展をしました。ブラビア®、PlayStation®4とPS4®用ソフトウェアタイトル『Marvel's Spider-Man』をはじめとしたソニー製品のアクセシビリティ機能を紹介しました。また、視覚障がい者団体と協業し、点字や音声での製品説明を提供できる展示台を制作し、視覚障がいのある方も手に取りやすくなるよう配慮しました。

点字や音声で製品情報を提供できる展示台
このページの先頭へ