SONY

メニュー
サイト内検索ボタン

検索

稲沢事業所敷地内における環境自主調査報告発表について

2001年07月03日

ソニーイーエムシーエス株式会社 稲沢テック敷地内における環境自主調査報告発表について

ソニーの関係会社 ソニーイーエムシーエス株式会社 稲沢テックにて環境計画に基づく自主的な環境調査の結果、まことに遺憾ながら事業所敷地内の一部の測定場所において、環境基準値を上回るフッ素が検出されました。
この件について、本日(7月3日)ソニーイーエムシーエス稲沢テックが発表を行いましたので、以下に発表文を掲載させていただきます。

なお、当社としては今後ともグループ全体の環境リスクマネジメントを徹底し、環境汚染事故の防止について、継続的改善を図ってまいります。

稲沢事業所敷地内における環境自主調査
—環境基準値を超えるフッ素に対して改善処理を実施—

ソニーイーエムシーエス株式会社 稲沢テックでは、環境行動計画に基づく自主的な環境調査の結果、当事業所敷地内の一部の測定場所において環境基準値を上回るフッ素を確認しましたので、調査結果ならびに対策を下記のとおりご案内申し上げます。なお、調査結果につきましては、6月28日に行政機関に報告を行なっております。 当事業所ではこの事態を真摯に受け止め、早急に改善処理いたします。

1.調査理由と結果

当事業所は、1996年3月にISO-14001を取得して以来、事業活動の全てにおいて環境保全活動を展開しております。今回、事業所内で使用しているフッ素に対して環境マネジメントの一環として地下水の自主調査分析を実施しました。調査結果は、下の表の通りです(詳細は別表)。
敷地内28ポイント中、14ポイントで環境基準を超える値を確認しました。とくに、敷地中心部(6ポイント)に集中しています。
なお、敷地周辺(当社従業員駐車場:東西南北)の4ポイントは、環境基準値以内でした。

3.フッ酸の使用目的、量、期間

ブラウン管のガラスの表面を洗浄する目的で3?4%に希釈して使用しています。操業開始以来使用しており、過去3年間の月平均の使用量は、100%換算で約3.4tです。

4.対策

以下の対策を実施いたします。

  1. 対策:フッ素漏洩の可能性がある排水溝亀裂部の補修を3月末に完了いたしました。
  2. 再発防止対策:安全面を考慮して、排水系統は漏洩検出センサー付き空中二重配管に、および中継水槽は漏洩検出センサー付き半地下二重水槽による排水に切り替えます。7月末をメドに完了予定です。
  3. 地下水の浄化:敷地外への流出を防ぐため、地下水の下流域(敷地南東側)に3本のバリア井戸(深度12?13m)を設置し6月13日から揚水浄化を実施しています。今後、バリア井戸を2本増設し、さらに敷地中心部については同様深度の3本の浄化井戸を設置する予定です。
  4. モニタリング:測定の継続と傾向管理に加えて、保健所に改善の進捗状況を適宜報告します。

6.学識者のコメント

岐阜大学 農学部生物資源利用学科 農学博士 高見澤 一裕 教授
「環境基準(0.8mg/リットル)に対する測定結果からみて、地下水から検出されたフッ素は、敷地中心部に多く検出されているが、敷地境界部においては比較的低濃度(最大1.7mg/リットル)であり、この程度であれば、仮に飲んだとしても人体に急性的な影響を及ぼすレベルではないと考えられる。
敷地境界から周辺環境への拡散を防止するため、バリア井戸による揚水浄化を行なうのが妥当であろう。当面モニタリングを続け、濃度変化を監視する必要がある」

2001年トピックス

2001年12月14日

2001年12月03日

2001年11月28日

2001年10月09日

2001年07月03日

2001年04月11日

2001年02月01日

2001年01月24日

2001年02月02日

プレスリリース

2001年02月02日

プレスリリース

2001年04月11日

プレスリリース

2001年06月14日

プレスリリース

2001年08月31日

プレスリリース

このページの先頭へ