SONY

メニュー
サイト内検索ボタン

検索

日本での活動

ダイバーシティ、エクイティ&インクルージョンの教育・啓発

ダイバーシティ、エクイティ&インクルージョンについて理解を深めることを目的に、教育・研修や講演会、ダイバーシティメッセージ(人権標語)募集・優秀事業所活動表彰を実施。国内ソニーグループ会社と連携した活動を展開しています。

ダイバーシティメッセージ(人権標語)表彰

DIVI:Diversity Initiative for Value Innovation

多様性という視点で改めて会社の中を見直し、よりクリエイティブで活気に満ちたソニーにしていくために解決すべき課題を見つけるとともに、自律した社員の一人ひとりが個性を活かしつつ、その能力を存分に発揮できる環境を目指す社員活動です。

女性登用活躍推進

女性社員がさらにキャリア意識を向上させるための施策

  • キャリアを考える座談会
    ロールモデルや同僚との情報交換を通して、自らのキャリアを考える場を提供しています。
  • イントラネットでの情報発信
    様々な領域で活躍している先輩社員の、キャリアや仕事に対する考え方を紹介しています。

マネジメント向けの施策

  • 部課長ワークショップ
    マネジメントが部下とのコミュニケーションにおける気づきを得て、部下育成の必要性を理解する場にしています。

両立社員のキャリア形成のための施策

  • 両立支援コミュニケーションサイト
    仕事と育児・介護などライフイベントの両立を、支援するためのアドバイスを掲載しています。
  • 社員の意識に働きかけるイベント
    ワークライフバランスをテーマにした講演会、育児休職中・復職後の社員を対象にしたWorking Parent's Meetingなどを実施しています。

次世代育成支援対策推進法

  • ソニーグループ株式会社 行動計画

女性活躍推進法

  • ソニーグループ株式会社 女性活躍推進に関する行動計画

障がい者雇用推進

「障がい者だからという特権なしの厳しさで、健丈者よりも優れたものを」とのソニー創業者井深大の理念を受け継ぎ、「障がいを感じない、感じさせない、働き甲斐のあるソニーらしい障がい者雇用」の実現に向け、様々な活動に取り組んでいます。

障がい者への配慮

ソニーでは、障がいのある人は、一人ひとりの状況が違うため、各自にあった配慮を行っています。

障がい者雇用研修
個人にあわせたデスク

障がい者採用

ソニーグループ合同で採用イベントを行うなど積極的な採用活動を展開しています。

特例子会社

特例子会社であるソニー・太陽株式会社、ソニー希望・光株式会社で多くの障がいのある社員が活躍しています。

LGBTQ+に関する取り組み

人事関連制度の適用

ソニーでは、LGBTQ+の社員が、自分らしさを活かし、個性が尊重される職場環境を整備する取り組みの一環として、配偶者に適用される人事関連制度の一部(結婚祝い金や忌引き、家賃補助、社員家族イベントへの参加など)を同性パートナーにも適用しています。

社内での理解促進施策

ダイバーシティ研修 e-Learning の実施

全社員を対象としたe-Learning研修の中で、LGBTQ+を取り上げ、思い込みからくる差別をなくし、LGBTQ+社員が働きやすい環境整備の必要性を説明しています。

LGBTQ+ アライイベントの実施

ソニーのアライ(LGBTQ+の課題を当事者と共に取り組む人)社員が、基礎知識や当事者社員が抱える悩み等を理解し、どのような意識を持ち行動すべきかを考えるワークショップや、広く社員が参加しアライを表明できるように促すイベントを開催しています。

  • LGBTQ+とは、レズビアン (Lesbian) 、ゲイ (Gay) 、バイセクシュアル (Bisexuality) 、トランスジェンダー (Transgender)、クィア/クエスチョニング(Queer/Questioning) の頭文字をとった多様なセクシュアリティーを持つ人々の総称として使われている表現の一つです。

多様なセクシュアリティの総称として、LGBTやLGBTQなど複数の表記が存在します。ソニーはあらゆる性の多様性を認めていることから、2021年度から表記をLGBTQ+としていきます。

このページの先頭へ