SONY

ソニーグループのLGBTQ+の取り組み/社内外に向けたイベントを開催/東京レインボープライドにも協賛

ソニーグループでは、LGBTQ+の社員が、自分らしく、安心して働ける職場づくりを国や地域の実情に合わせて推進しています。

日本では、同性パートナーがいる社員やトランスジェンダー社員に対し、人事制度だけでなくインフラ整備や制度運用でも配慮を行っています。
また、LGBTQ+の社員に対してだけではなく、すべての社員が学ぶ必須研修にSOGIに関する知識を提供し、より深く学びたい社員への個別研修を提供することで、啓発を行っています。
積極的にLGBTQ+の社員を支援したいアライ社員向けのネットワークもあり、メールマガジンの配信や、LGBTQ+関連イベントの企画・運営への参加機会を設けています。

LGBTQ+に関しては、ソニーグループの中だけではなく他社やNPO、自治体などとも連携して取り組む必要があることから、社外に対して開くイベントを開催、またイベントやコミュニティ活動への協賛も行っています。

具体的には以下のような取り組みを行っています。

  • 同性パートナーがいる社員に対して、異性間事実婚と同様の対応
    • 社員の同性パートナーの慶弔時の対応
    • 同性パートナーと同居している社員の転勤時の対応 など
  • トランスジェンダーの社員に対して、合理的な配慮を実施
    • 通称名の使用
    • 多目的トイレの設置
    • ユニホームの統一 など
  • 研修による社員への啓発活動
    • 新入社員研修、新任マネジメント研修、全社員研修でSOGIの知識を提供
    • 役割に応じたLGBTQ+基礎研修を提供 など
  • ※ Sexual Orientation(性的指向)、Gender Identity(性自認)の略語
  • アライネットワークを運用
    • メールマガジンを通じて、アライの社員にLGBTQ+に関する社内外の最新情報を提供
    • LGBTQ+に関するイベントの企画・運営への参加機会提供 など
  • 社会への発信
    • ソニーグループ外からも参加可能なイベントを開催
    • さまざまな業種のLGBTQ+アライ企業が集まるプロジェクトへの参加
    • 国内LGBTQ+関連イベントやコミュニティスペースへの協賛 など

このような取り組みの結果、一般社団法人work with Prideが策定した日本の職場におけるLGBTQ+などのセクシュアル・マイノリティへの取り組みの評価指標PRIDE指標2022において、ソニーグループ株式会社を含むグループ20社がゴールド認定を受けています。

  • 2022年まで任意団体
work with Pride 2022 ゴールド認定ロゴ

社内・社外に向けたイベント

2月28日に、"日本で広がるLGBTQ+の取り組み「あなたがいるから、価値がある」"と題して、日本各地でLGBTQ+支援コミュニティを運営する3名からLGBTQ+支援の現状と展望について話を伺うイベントを開催しました。
社内にとどまらず社外への発信を行い、国内ソニーグループ各社の社員に加え、人権啓発やダイバーシティ推進に取り組む団体・企業の担当者などにも参加を募り、およそ200名が本イベントを視聴しました。

  • 登壇者は下記の通り(カッコ内は運営するコミュニティ)
    松中 権さん(金沢にじのま、プライドハウス東京)
    村木 真紀さん(プライドセンター大阪)
    舩石 翔馬さん(福岡コミュニティセンターHACO)

イベントでは、日本におけるLGBTQ+の取り組みの歴史、調査結果から紐解く現状、それぞれのコミュニティの取り組み、コミュニティ運営の意味と現実的な課題、そして企業ができることについてお話しいただきました。

最後に登壇者3名からいただいた、企業に対するメッセージをご紹介します。

  • 舩石さん
    「地方にはカミングアウトをしないことを選択して働いている人もいます。そのような人の中には"余計なことをしないでほしい"という方もいますが、当事者は声を上げないといないことにされてしまいがちです。企業でLGBTQ+に関わる仕事をされている方はぜひ周囲を巻き込んでいただき、地方の会社にも広げていってほしいです。」
  • 村木さん
    「大企業の活動は進んできていますが、日本の多くの人が働く中小企業ではまだこれからです。大企業で働く方は、ぜひ取引先を巻き込んだ活動を行ってほしいです。ソニーグループには、エンタテインメントの力を使って取り組んでほしいです。エンタテインメントは地方にも届きます。」
  • 松中さん
    「企業の力はとても大きいです。先日、G7について要望書を出しに行った時に企業の方がまわりにいて、応援されているという実感がありました。小さいことでも、一人ひとりがワンアクションを行うことが力になります。そして各地のコミュニティにもぜひ訪れてみてください。」

東京レインボープライド2023に協賛

ソニーグループ株式会社は、4月22・23日に代々木公園で開催される東京レインボープライド2023に協賛します。

当日、会場ではソニーグループの紹介ボードが掲示され、また東京レインボープライドの公式サイト上には同じく紹介ページが掲載されます。

また、株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は今年3月に東京レインボープライド2023に先立ち、東京レインボープライドの総合司会を務めるブルボンヌさんを講師にお呼びしてLGBTQ+をより深く学び、自己肯定感の重要性を知るための社内啓発イベントを開催しました。
SIEは今年も会場に特設フォトブースを設け、撮影した写真にお馴染みのPlayStation®シェイプス(△○×□)を散りばめ、2023年版のレインボーカラー加工を施したフォトデータをお渡しします。来場者に遊び満載の体験を提供しますので是非SIEブースへお越しください。

東京レインボープライドに合わせて、渋谷モディの屋外大型ビジョン「ソニービジョン渋谷」にて、ソニーグループのLGBTQ+に関する姿勢を示す動画を両日放映します。ぜひご覧ください。