SONY

ワークショップ開催案内[ ワークショップ ]

音の伝わるしくみを考えながら工作しよう!障がいのあるなしに関わらず、共に学ぶインクルージョン・ワークショップ
『ペットボトルと牛乳パックでつくるヘッドホン』

本ワークショップでは、身近な材料であるペットボトルや牛乳パックなどを使って工作を体験しながら、実際のヘッドホンにも使われている音が聞こえるしくみや、コイルと電気で磁石が生まれるしくみ(電磁石)など、身の回りに隠れている科学のふしぎやものづくりの楽しさを学ぶことができます。
できあがったヘッドホンは、実際に音楽プレーヤーやスマートフォンにつないで、お好きな音楽をお楽しみいただけます。
本ワークショップの講師は、実際に当社のヘッドホンを製造するソニー・太陽株式会社(以下、ソニー・太陽)の社員が担当します。ソニー・太陽は、障がいのある社員が全体の約6割在籍するソニーの特例子会社として設立され、障がい者の自律を目指して積極的な雇用を行っています。

今回のインクルージョン・ワークショップは、障がいのあるなしに関係なく、ものづくりの楽しさを感じ、興味を深め、ダイバーシティ、エクイティ&インクルージョン(※)を体験することにより、相互理解を深めてもらうという、ソニー・太陽の特色を生かしたプログラムです。
障がいの有無に関わらず、ぜひ積極的にご参加ください。障がいのあるスタッフも指導にあたります。ご自身で作ったヘッドホンはお持ち帰りいただけます。

皆様からのたくさんのご応募をお待ちしています!

※ソニーのダイバーシティ、エクイティ&インクルージョン
ダイバーシティとは、人種、国籍、宗教、信条、障がい、性別、年齢、出身地、性的指向、性自認および価値観、働き方などの特徴の多様性および多様性を尊重する活動を意味します。ダイバーシティ(=多様性)を尊重し、お互いを受容するインクルーシブな組織風土づくりを進めるだけでなく、一人ひとりが直面している課題を理解し、ともに乗り越えられるように支援するエクイティ(=公平性)の考え方が大切と考えています。

障がいのあるなしに関わらず、共に学ぶインクルージョン・ワークショップ
『ペットボトルと牛乳パックでつくるヘッドホン』

プログラム内容
ペットボトルや牛乳パックなどの身近な材料を使ってオリジナルのヘッドホンを工作します。音が聞こえるしくみや、コイルと電気で磁石が生まれるしくみ(電磁石)など、身の回りに隠れている科学のふしぎを楽しく学べます。
インクルージョン・ワークショップ ペットボトルと牛乳パックでつくるヘッドホン
実施日時
(いずれか1回をお選びください。)
1. 2022年12月3日(土)10:00-12:00
2. 2022年12月3日(土)13:30-15:30
3. 2022年12月4日(日)10:00-12:00
4. 2022年12月4日(日)13:30-15:30
実施場所
ソニーグループ株式会社本社(住所:東京都港区港南1-7-1)
対象
小学3年生から小学6年生までの児童と保護者
募集定員
各回20組40名×4枠、合計80組160名(参加者1名につき付き添い保護者1名まで)
参加費
無料
応募
申込受付は終了しました。
申込期間
2022年11月1日(火)〜11月16日(水)※応募者多数の場合には抽選とし、11月22日(火)までに当・落選通知のメールをお送りします。

その他注意事項

  • ・お申込み後の変更・キャンセルは原則お受けできませんので、十分ご確認の上お申し込みください。
  • ・会場入り口に手指用の消毒液を設置しております。ご参加の際は新型コロナウイルス感染予防のため、各自でマスクの着用、消毒のご協力をお願いいたします。
  • ・講師、運営スタッフはマスクを着用して対応させていただきます。
  • ・受付時の検温にご協力をお願いいたします。
     なお、37.5℃以上の発熱が確認された場合はワークショップにご参加いただけませんので、予めご了承ください。
  • ・当日せき・鼻水などの症状や37.5℃以上の発熱症状がある方はご来場をお控えいただけますようお願いいたします。
  • ・広報用にワークショップの様子を録画及び写真撮影させていただくことがございます。予めご了承ください。
  • ・新型コロナウイルスの感染状況により、やむを得ず急遽イベントを中止する可能性がございます。