SONY

About
Good Design Award

ソニーが近年受賞した
グッドデザイン賞

家電や建築、サービス、地域づくり活動など、有形無形を問わず、人が何らかの理想や目的を果たすために意図して築いたものごとをデザインととらえ、
その質を評価するグッドデザイン賞。デザインの力でいかに暮らしや産業の質を高め、新たな社会の活力を生み出しているかが問われます。
ソニーが手がけた様々な製品、サービス、活動もグッドデザイン賞を受賞しています。
ここでは、グッドデザイン賞の歴史などをご紹介するとともに、近年の受賞案件を振り返ります。

グッドデザイン賞について

まずは、グッドデザイン賞の基本情報や
歴史をご紹介します。

グッドデザイン賞とは

優れたデザインの製品や建築、サービス、システムに贈られるグッドデザイン賞は、公益財団法人日本デザイン振興会が主催しています。グッドデザイン賞は単にデザインの優劣を競うコンクールやコンテストではなく、その審査を通じて、新たな創造の価値を発見して社会と共有することで、次の創造につなげていく仕組みです。

「新たな創造の価値を発見して社会と共有することで、次の創造につなげていく」グッドデザイン賞の仕組みを示した図

デザインの盗用問題を背景に、グッドデザイン賞は当初、工業製品のみが受賞対象となっていました。しかしながら、受賞対象の範囲は、時代とともに変わってきています。

グッドデザイン賞は、向き合うべき根源的な課題として以下の5つの言葉を掲げています。つまり、これらの課題解決を求めているともいえます。

人間(HUMANITY)
もの・ことづくりを導く創発力
本質(HONESTY)
現代社会に対する洞察力
創造(INNOVATION)
未来を切り開く構想力
魅力(ESTHETICS)
豊かな生活文化を想起させる想像力
倫理(ETHICS)
社会・環境をかたちづくる思考力

グッドデザイン賞の
歴史/背景

グッドデザイン賞は、これまで「復活の時代」「ジャパンオリジナルの時代」「価値変化の時代」「価値多様化の時代」「共有の時代」の5つのフェーズを経てきました。その歴史は、1957年にさかのぼります。

第2次世界大戦に敗れた日本は、戦後復興に向けた動きを活発化させていました。そんななか、1949年(昭和24年)にイギリスからGHQを通じて日本の輸出織物の意匠がイギリス製品を盗用していると抗議されたことを皮切りに、複数の先進諸国から輸出品のデザイン盗用問題の指摘が相次ぎ、外交問題に発展しました。これを受けて政府は輸出検査や輸出意匠の登録・認定などの制度整備を行い、一定の成果を挙げましたが、根本的に模倣を防止するにはオリジナリティのあるデザインを奨励するべきであるという動きが政府をはじめ民間企業の中でも起こり始めます。一方、イギリスでは経済復興と貿易発展に対してデザインが大きく寄与するものとの考えから、グッドデザイン商品を選定する取り組みが始まります。こうした2つの動きが重なり、通商産業省(現在の経済産業省)は1957年に「グッドデザイン商品選定制度」(Gマーク制度)をスタートさせました。このGマーク制度が、現在のグッドデザイン賞の前身になります。

1970年代に入り、順調な経済成長率を示すなか、ソニーが1979年にウォークマンを世に問います。このような日本企業のデザインが国際的に高い評価を受け、発信力のある製品が次々と登場します。Gマーク制度は、時代をリードするデザインを表彰するため、1977年に「部門別大賞」を選ぶ特別賞、1980年にその年を象徴するデザインに位置付けられる「グッドデザイン大賞」を設けます。

バブルが崩壊し、また、温暖化をはじめ環境対策も大きな課題として問われた時代。これまで築いてきた価値観が国内外で揺らいだ時期ともいえます。こうした情勢のもと、旧通産省主催のグッドデザイン商品選定制度は終了し、1998年に日本産業デザイン振興会(現・日本デザイン振興会)主催の「グッドデザイン賞」として改めてスタートしました。

2000年代に入ると、ICT(Information and Communication Technology)が急速に発展。グッドデザイン賞では、近未来の生活者の視点に立つという方針への転換が行われました。そして、「人間、本質、創造、魅力、倫理」という5つのワードが、グッドデザイン賞の理念に掲げられます。

2011年に発生した東日本大震災。大災害に直面した人々は「自分たちにできることは何か?」といった根源的な問題を考えることになりました。価値観が大きく転換した出来事だといえます。グッドデザイン賞も「何がよいデザインなのか?」と考え直す契機になりました。
(参照:https://www.g-mark.org/about/

賞の種類

グッドデザイン賞の審査は、応募者から示された情報をもとに実施する「1次審査」、応募対象の製品などをもとに行う「2次審査」によって行われます。2次審査を通過した応募対象は「グッドデザイン賞受賞」となります。

グッドデザイン賞を受けたすべての対象の中で、さらに暮らし、産業、社会を推し進め、未来を予感させる優れたデザイン100件をグッドデザイン・ベスト100として選びます。このグッドデザイン・ベスト100に選ばれたものの中から、特に優れているものに対し、以下に挙げるようなグッドデザイン特別賞が贈られます。

※2019年9月現在

グッドデザイン大賞
すべてのグッドデザイン賞受賞対象の中で、社会性、時代性、提案性などの面で最も優れたデザインと認められたものです。
グッドデザイン金賞(経済産業大臣賞)
すべてのグッドデザイン賞受賞対象の中で、総合的に特に優れたデザインと認めるものです。
グッドフォーカス賞 新ビジネスデザイン
(経済産業省商務情報政策局 商務・サービス審議官賞)
すべてのグッドデザイン賞受賞対象のうち、新たなビジネスモデルやイノベーションの促進などに貢献する意味で、特に優れたデザインとして認めるものです。なお、グッドフォーカス賞にはこの他に[技術・伝承デザイン](中小企業庁長官賞)、[地域社会デザイン](日本商工会議所会頭賞)、[防災・復興デザイン](日本デザイン振興会会長賞)の3つのテーマが設けられています。
グッドデザイン・ベスト100
グッドデザイン賞受賞対象の中で、これからのデザインの指標となるとされた100件のデザインです。

ソニーが受賞した
グッドデザイン
金賞・特別賞・ベスト100

ここからは、近年ソニーが受賞したグッドデザイン金賞・特別賞・ベスト100を年度別にご紹介します。

2022年度
グッドデザイン賞

  • グッドデザイン金賞

    ワイヤレスステレオヘッドセット LinkBuds

    評価ポイント/審査員コメント

    今回エントリーされたイヤホンの中で、際立った存在であった。音楽を聴きながら周囲の音を取り込むことは、そもそも矛盾とも思えるが、耳を塞がないリング型ドライバーという発想に至り、実現したことは驚くべきことである。デバイス開発も出来るこのメーカーの強みといえる。耳周辺のタップによる操作など、新たな試みも満載、着けてみると軽く、開放感があり、心地良い。この構造で高音質を実現している事に、問題解決とモノの本質とをトレードオフしないというメーカーの強い姿勢が読み取れる。驚くほどコンパクトなパッケージもプラスチック使用量ゼロを実現するなど、環境にも配慮され、この業界に蔓延する過剰な包装形態に一石を投じる試みである。イヤホンが本来持つ問題に真摯に取り組んだ、大義ある秀逸なプロダクト。

2021年度
グッドデザイン賞

  • グッドデザイン金賞

    コンソールゲーム機 プレイステーション®5

    PlayStation®5はゲーム体験を新たに再定義し、ユーザーに新世代の革新的なゲームプレイを届けます。 ハプティック技術、アダプティブトリガー、3Dオーディオ技術が生み出す濃密な没入感。カスタムされたCPU・GPU・SSDがその力を発揮し、これまでのPlayStation®の常識を超える処理性能を実現しています。

  • グッドフォーカス賞 [新ビジネスデザイン]

    音声ARアプリ Locatone(ロケトーン)

    Locatone(ロケトーン)は、リアルの場を活用し、そこにバーチャルな世界を掛け合わせた、新しいサウンドエンタテインメントです。好きなコンテンツを選択し、マップ上の特定のスポットを訪れると、位置情報に連動して自動的に音声や音楽が聞こえてきます。音声を聞きながら街をめぐることで、街の新しい魅力や楽しみ方を発見できます。

  • グッドデザイン・ベスト100

    映像制作用カメラ商品群 Cinema Line
    VENICE / FX9 / FX6 / FX3

    本格的な映画制作から小規模制作の映像まで、幅広い領域の映像クリエイターにシネマの印象的な映像表現を提供する、映像制作用カメラ商品群です。映画制作の現場で培ってきた映像表現力と最先端のデジタルイメージング技術を融合し、多様化する映像文化の広がりを支えます。

  • グッドデザイン・ベスト100

    5Gミリ波帯対応デバイス Xperia PRO

    5Gミリ波やHDMI入力に対応し、新たな映像づくりに挑むクリエイターの制作環境を革新させるプロフェッショナル向け5Gミリ波帯対応デバイスです。業務用カメラ等にXperia PROを繋げば、高解像度データを場所を選ばずワイヤレスに超高速伝送。過酷な撮影環境での制作ワークフローを改善し、より自由な映像の創造に貢献します。

2020年度
グッドデザイン賞

  • グッドデザイン・ベスト100

    モビリティへの取り組み VISION-S

    ソニーは、テクノロジーとクリエイティビティによってモビリティの進化へ貢献していく取り組み「VISION-S」を発表。安心・安全からエンタテインメントまで、次世代の移動体験を提供し、公道走行を前提とした試作車両をデザイン・開発しました。今後パートナー企業と新たな移動体験に向けた活動を継続していきます。

    評価ポイント/審査員コメント

    半導体、エレクトロニクス、モバイル、MaaS、エンタメ、金融…ソニーが持つ事業アセットを融合させ、未来のモビリティのあり方を追求するプロジェクト。プロトタイプは、新規性や独自性よりも「そのまま公道を走行できる」安全性と規格にこだわって開発され、CESでの発表はソニーとして史上最高のバズが生まれるほどのグローバルな注目を集めた。センシングによる安全性、ソフトウェアによる継続的なアップデート、AIによる移動最適化やエネルギー効率向上、ファイナンシャルサービスとの連携などを更に推し進め、社会への未来像提示と実装を期待したい。

  • グッドデザイン・ベスト100

    toio™ 専用タイトル おんがくであそぼう ピコトンズ

    ソニー・インタラクティブエンタテインメントによる、ロボットトイ「toio™(トイオ)」の専用タイトル。付属のマットや絵本の上で「toio™コア キューブ」をタッチ・スライドするだけで子どもでも直感的に音楽が演奏でき、キャラクターとゲームであそびながら、幅広く音楽が学べる新しい遊びです。

    評価ポイント/審査員コメント

    toioの専用タイトルだからこそできる音楽における感性と直感を育てるプログラムに仕上がっている。子どもも大人も関係なく楽しめ、気がつくと作曲体験が生まれるというシステムのデザインに評価が集まった。プログラムだけでなく、同梱されているプレイブックが楽しむことを促してくれることで、触ってみたい、演奏してみたいという気持ちが身体の中から呼び起こされてしまう。ピコトンズで遊んだ子どもたちが、これからどのように音楽と付き合っていくのか、とても楽しみである。

2019年度
グッドデザイン賞

  • グッドデザイン金賞

    都会の中の実験的な「変わり続ける公園」 Ginza Sony Park(銀座ソニーパーク)

    街に開かれた実験的な「変わり続ける公園」として、個性豊かなパートナーとともに、年間を通して遊び心を感じる体験型イベントやライブ等のプログラム、様々な試みをする店舗を展開。ソニービル解体途中、建て替えを再開する2021年9月までの期間限定「垂直立体公園」。ビルの特徴的な構造を残し、フラットな地上部と地下4層で構成している。

    評価ポイント/審査員コメント

    銀座数寄屋橋交差点のランドマークであったソニービルの地上部分を解体してつくられた公園。地下では地下鉄のコンコースや西銀座駐車場とも繋がり、地下部分も含めて立体的な公園としてデザインされている。公園の定義とはなにか、公共スペースとはなにかと見ている側を逆照射する。オリンピックを控え再開発が乱立する中で、あえてオープンスペースをつくることを選んだこと。数年間はあえてビルは建てないことを選んだことそのものが、現在最も革新的なデザインであるといえるだろう。

  • グッドデザイン金賞

    toio™ 専用タイトル 工作生物 ゲズンロイド

    ソニー・インタラクティブエンタテインメントによる、ロボットトイ「toio™(トイオ)」の専用タイトル。 付属の工作シートから作る紙工作を、モーター内蔵で動き回ることのできる「toio™コア キューブ」と組み合わせてプログラムで制御することで、 命を吹き込まれたように動く「工作生物」ができあがる。

    評価ポイント/審査員コメント

    自分のつくった生物が動く。そんな夢想を形にしてくれる。ここでつくるのがロボットではなく生物というのがそそられる。「デジタルものづくり」ではなく、「動く紙工作」である点が興味深い。コンセプトはもちろんのこと、アナログとデジタルの融合の仕方、好奇心を刺激する演出、命を吹き込む動きのデザイン、ネットを活用した展開手法など、すべてが秀逸な作品。

  • グッドデザイン・ベスト100

    グラスサウンドスピーカー LSPX-S2

    LSPX-S2は、透明な有機ガラス管を振動させ、クリアな音で空間を満たすグラスサウンドスピーカーです。すべてを音質のために最適化設計し、テーブル中央に置いても会話を遮らないようなコンパクトで居住空間に溶け込む佇まいと、高音質化・ハイレゾ対応を両立させました。生演奏のようなリアルな音と柔らかな光が調和し、空間を彩ります。

    評価ポイント/審査員コメント

    前作のピエゾスピーカーよりさらに空間に溶け込むデザインとなっている。電気製品感を払拭し、次の時代のモノのあり方を示唆するような啓蒙感のあるデザインで、音の良さだけでなく心に響く光の揺らぎが空間に安らぎを与え心地よい。先端のガラス部分は細くテーブル上の料理を遮らず、また底面積も小さいので置く場所を選ばない。そのため、トレイに載せてお酒や料理と一緒に持ち運ぶ、キャンドルを彷彿とさせる使い方が粋だ。

2018年度
グッドデザイン賞

  • グッドデザイン金賞

    自律型エンタテインメントロボット aibo(ERS-1000)

    aiboは、家庭の中で人とつながりを持ち、育てる喜びや愛情の対象となるエンタテインメントロボットです。デザインコンセプトは「人に寄り添い、共に新たな物語を紡ぎ出す、知性と愛らしさを併せ持った生命感を宿したデザイン」。人や社会は今後AIを搭載したロボットとどのように暮らしていくべきかという問いの答えとして、人の心を豊かにしてくれる感性価値を提供するロボットの存在があるのではないかと考えました。思わず触れて、抱き寄せたくなる丸みを帯びた生命感のある佇まいと、人を目で追い視線を交わしたり、まばたきや瞳の変化、躍動感に満ち溢れた体の動きやしぐさによって、感情を豊かに表現します。家族のように心を通わせながら寄り添い合うという、ロボットと人の新たな関係性を提案します。

    評価ポイント/審査員コメント

    「一家に1台、ロボットを」。そんな未来が急にリアルに感じられてしまう商品だ。AI技術を搭載し、持ち主との触れ合いを通じて固有の性格を形成し、まばたきや仕草も独自に成長するようになっている。初期搭載されている動作は20程度、それが日々のコミュニケーションを通じ、数百にまで増えていくのだという。「ロボットと人は心を通い合わせることができる」。aiboに触れた人は、そう確信するのではないだろうか。再現できる動作の限界や充電の必要性など、技術的な改善の余地はあるが、「犬」の模倣ではなく、ロボットという新しい「生き物」と人が共生する未来が見えてくる。

  • グッドデザイン金賞

    4K有機ELテレビ ブラビア® A9Fシリーズ

    画面自体を振動させて音を鳴らす「アコースティックサーフェス オーディオプラス」を採用し、映像と音が一体化する究極の体験を目指した4K有機ELテレビ。デザインコンセプトは「Soft Minimalism(究極の映像体験を、心地よく人のそばへ)」です。テレビという存在を消し込もうとするのではなく、ミニマムな構成の中に親しみやすさや手仕事を感じさせる造形や素材を取り入れることで、彫刻のように主張がありつつも、家具のように空間に調和させられるのではないか、との考えに基づきデザインされています。没入感の高い体験を提供すると同時に、正面からスピーカーやスタンドの見えない一枚の板のようなミニマムなデザインを実現。同時に、3chアクチュエーターと2chサブウーファーを採用し、圧倒的な音質を追求しました。背面スタンドは音にとって最適なレイアウトから導き出された必然的な形です。すべてのディテールが究極の体験に紐づいています。

    評価ポイント/審査員コメント

    映像と音が一体化しており、まさに没入感の高さに圧倒された。テレビと言えば、正面しか見ない製品だが、このブラビアに関しては、背面の細部にわたる処理まで美しく、床に置いておきたくなる、インテリアのようなデザインに仕上がっている点が高く評価された。とにかく「美しいテレビ」であり、物欲をそそられる佇まいが印象的であった。すべての審査員が高い評価をしていた。

  • グッドデザイン・ベスト100

    ステレオヘッドホン IER-Z1R

    「超低域から超高域までレンジの広い最高音質を持ち歩いて楽しむ」という新たな感動体験を提供するソニー最高峰のインナーイヤーヘッドホン。デザインコンセプトは「楽器のように磨きぬかれた、最高音質の『塊』」です。音質にこだわるコアなオーディオファンに向けて、最高音質を屋外でも楽しめるインナーイヤーヘッドホンを提供したいと考え開発されました。新開発のマグネシウムドーム振動板を用いたφ12mmダイナミックドライバーとBAトゥイーターのハイブリッド構成に、Φ5mmダイナミックトゥイーターを音導管の同軸に追加することで、フラッグシップ音質と100kHz超の超広帯域再生を実現。高音質技術に相応しいデザインとして、ジルコニア合金の一体成型で筐体をつくり、表面を磨き上げることで高純度の音質を体現しました。伝統的研磨仕上げのペルラージュを施すなど、素材や仕上げにこだわり、長年愛用できる道具としての佇まいを追求しました。最高音質による新たな感動体験を提供することで、音楽文化の広がりにも貢献します。

    評価ポイント/審査員コメント

    妥協のないデザインにより、量産を前提とした工業製品でありながらも、ジュエリーのような工芸としての魅力も兼ね備えている。現段階で考え得る最良の方法を妥協なく模索、コストから考えない取り組み自体にも高い評価が集まった。感動体験を提供する同社の最高峰インナーイヤーヘッドホンとして、開発者の熱意が遺憾無く発揮されたプロダクトである。

  • グッドデザイン・ベスト100

    デジタルミュージックプレーヤー DMP-Z1

    空気感や細かいニュアンスまで再現した、究極の高音質体験を提供するアナログアンプ内蔵デジタルミュージックプレーヤーです。デザインコンセプトは「究極のミュージックプレーヤーとして唯一無二の存在を目指す」。音響設計エンジニアの「究極の音を追求したプレーヤーを作りたい」という純粋な思いと情熱が開発のきっかけとなりました。プレーヤーとアンプを一体化することで、アナログアンプによる繊細な表現力と、大出力を可能にするデジタルならではのパワーを合わせ持ち、ケーブル接続時の信号劣化やノイズ発生を低減します。さらに、低ノイズで安定した電流供給を実現するDC電源を採用。それらを収める新規考案のアルミのH型フレームは、高い剛性と効率的な基板配置を両立し、不要共振や音の歪みを極限まで低減します。高音質のためのあらゆる要素を最適な形でパッケージ化した、新しいミュージックプレーヤーの在り方を提案します。

    評価ポイント/審査員コメント

    究極の音体験をもたらすために、考え得る工夫を徹底的にやりきる姿勢、実際に製品として世に問う純粋な思いと情熱に大きな評価が集まった。様々な工夫が、H型フレームによって明快に統合されており、外観上の大きな特徴にもなっている。内部外部問わず統合された姿からは、エンジニアリングとデザインの垣根を超えた開発が行われたことが伺え、開発プロセス自体が素晴らしい。

  • グッドデザイン・ベスト100

    デジタルスチルカメラ RX0

    1.0型イメージセンサーをアルミ削りだしの防水・堅牢な小型ボディに凝縮し、あらゆる場面で高画質な撮影を可能にするデジタルスチルカメラ・DSC-RX0。「カメラがクリエーションの限界を決めているのではないか」という問いのもと、従来のカメラが持つ様々な制約を取り払い、逆に撮影者にインスピレーションを与え、これまでにない発想を引き出せるカメラを開発できないかとの考えから開発されました。水深10mの防水性能と、2.0mの落下耐性や200kgfの耐荷重という堅牢性を実現し、雨天や水中、砂埃が多い環境、狭小な場所やカメラに衝撃が加わるシーンなど、これまで難しかった過酷な状況でも自在な撮影を可能に。さらに、ワイヤレス接続や有線接続による複数台のカメラを組み合わせた多視点撮影に対応。スーパースローモーションを含め、動画と静止画を組み合わせた表現を可能にするなど、クリエイターの創造力を刺激し、映像表現の新たな可能性を広げます。

    評価ポイント/審査員コメント

    潔い小型のスクエアフォルム、水・砂・衝撃にも負けない堅牢性、それでいて圧倒的な解像度。この小ささでここまでやるか。思わず唸り声が出てしまうようなカメラだ。単体性能に加え、複数台を用いた多視点撮影にも対応し、アクセサリや編集ソフトウエアを備えることで、臨場感のある個性的な映像撮影を可能にしている点も高く評価した。「カメラ」ではなく、「新しい映像表現を生み出すソリューション」としての開発視点が明快である。作り手の創造性を拡張してくれるアイテムだ。

  • グッドデザイン・ベスト100

    CineAltaカメラ VENICE

    36×24mm CMOSフルフレームセンサーをコンパクトなボディに凝縮したデジタルシネマカメラです。クリエイターが映像表現そのものに集中できるシネマカメラを目指し、的確な操作を直感的に行えるシンプルな操作性、過酷な環境でも安定して撮影できる堅牢性、様々な環境や表現意図に柔軟に応えるフレキシビリティという3つの要素を突き詰めました。大規模な映画制作におけるチーム撮影での使用を想定し、カメラの両側面に操作パネルを設置。カメラマンとアシスタントの各役割に合わせてボタンを絞り込み、シンプルな操作性を追求しました。細部まで金属を採用したフルメタルボディで過酷な環境でも撮影できる高い堅牢性を実現。ドローンなど幅広い撮影で運用性を高めるサイズ感や、周辺機器と自在に組み合わせられるモジュラー構造など高いフレキシビリティも追求。クリエイターが作品づくりに集中できるようスムーズかつ効率的なオペレーションを実現し、映像表現の可能性を広げます。

    評価ポイント/審査員コメント

    映画製作に於ける現場での徹底的なユーザー調査を元にこのカメラの構成、各要素の配置は決定されている。大規模な映画製作ではチームで撮影される事を前提に、カメラマンとアシスタントがカメラの両側からそれぞれアクセスできるよう操作スイッチやボタン類を役割別に左右に振り分けて配置。多くのケーブルをつなぐ端子類はぶつからないよう互い違いに、そして外側に向けて配置されている。これだけ多くの複雑な操作系を非常に解り易く整然と配置し、機能を最優先させながらもバランスの美しさ、それらをまとめる造形的な美しさを両立させている点は素晴らしいの一言である。

ソニーデザインは、近年ソニーグループのビジネス領域の拡大に伴いデザインの領域を広げ、様々な活動に取り組んでいます。
これらの活動がグッドデザイン賞という社会的意義を求められる賞を受賞できたことはとても意味のあることだと考えます。
これからもソニーデザインは、デザインの力で社会に貢献することを目指します。