SONY

メニュー
サイト内検索ボタン

検索

Press Room

コンテンツメニュー

パーソナルオーディオ

ダウンロードの際は、下記注意事項をご確認の上、画像をクリックしてください。

日付

  • 型番 / 関連プレスリリース

2011

  • MDR-DS7500写真
    MDR-DS7500

    業界初※ 高さ方向を新たに加えた3Dの音場を再現デジタルサラウンドヘッドホンシステム
    ※民生用デジタルサラウンドヘッドホンシステムとして(2011年8月現在 ソニー調べ)

2010

  • S750/S750K シリーズ写真
    S750/S750K シリーズ

    デジタルノイズキャンセリング機能を、主力機種として初めて搭載。

2009

  • NW-X1060写真
    NW-X1060

    独自のデジタルオーディオ技術で原音に近い音楽再生を実現。高音質・高画質技術を結集した。“ウォークマン”Xシリーズ

  • NWD-W202写真
    W シリーズ『NWD-W202』

    ネックバンドスタイル採用したヘッドホン一体型。

  • NW-X1060写真
    NW-X1000 シリーズ『NW-X1060』

    高音質・高画質技術を結集したフラッグシップモデル。
    3.0 型ワイド有機EL ディスプレイ、フルデジタルアンプ“S-Master”、デジタルノイズキャンセリング機能、無線LANなどを“ウォークマン”として初搭載。

2008

  • MDR-NC500D写真
    MDR-NC500D

    世界初のデジタルノイズキャンセリングヘッドホン。周囲からの騒音を約99%カットする。

  • NW-S630FK/ S630F/ S730Fシリーズ写真
    NW-S630FK/ S630F/ S730Fシリーズ

    高音質、スタミナ、カラフルで約7.5mmの薄型アルミボディを実現。
    「NW-S630FKシリーズ」には、一体感のある専用スピーカーを付属。

2007

  • SEP-10BT写真
    SEP-10BT

    サウンドエンターテインメントプレーヤー“Rolly(ローリー)”。ソニーがこれまで培ってきたオーディオ技術に、動きを制御するロボット技術を付加して創られた商品。手のひらサイズの卵形の本体に、水平対向配置型ステレオスピーカー、フラッシュメモリー、バッテリーを内蔵。気軽に家の中で持ち運んで、好きな場所でクリアなサウンドが楽しめる。

  • NW-A910シリーズ写真
    NW-A910シリーズ

    ワンセグTVを搭載したポータブル機器として業界最小・最軽量となるカードサイズのボディを実現。2.4型液晶、ビデオ再生、ノイズキャンセリング機能など搭載。

2006

  • NW-S700Fシリーズ写真
    NW-S700Fシリーズ

    “いい音で音楽を楽しむ”ことを追求し、ノイズキャンセリング機能を本体に内蔵するなど、原音を忠実に再現する独自の高音質技術を採用。

2005

  • NW-E505/507写真
    NW-E505/507

    香水瓶をイメージした美しいボディに、有機ELディスプレイ、片手で簡単に操作できる新機構を採用。約3分の急速充電で約3時間のスタミナ再生を実現。

  • NW-A3000写真
    NW-A3000

    使えば使うほどユーザーの好みに合わせて進化。人と音楽を深く結ぶ“ウォークマン”Aシリーズ。

2004

  • MZ-NH1写真
    MZ-NH1

    Hi-MDウォークマン。高密度記録技術により長時間録音・再生が可能。

  • NW-HD1写真
    NW-HD1

    2004年7月10日発売。約30時間の長時間連続再生が可能な20GBハードディスク内蔵ネットワークウォークマン。大事なデータを衝撃から守るGセンサー(重力加速度センサー)機構と耐衝撃ダンパーを搭載。

2003

  • NW-MS70D写真
    NW-MS70D

    2002年12月10日メモリースティックDuo(デュオ)と同時に発表。小型ボディに256MBのフラッシュメモリー内蔵。CD約11枚分の音楽が楽しめる新スタイルのネットワークウォークマン

2001

  • MZ-N1写真
    MZ-N1

    9月1日発表、12月10日発売。パソコンから音楽データを高速転送するための規格NetMDに対応した最初のモデル。ガム型充電池で標準モードで約28時間の再生可能。オープン価格。

1999

  • NW-MS7写真
    NW-MS7

    9月22日発表、12月21日発売。MGメモリースティックに対応したメモリースティックウォークマン。4万5,000円(税別)

  • D-E01写真
    D-E01

    CDウォークマン15周年モデル。究極の音飛びガード機能「G-PROTECTION」搭載、従来の「音を溜める」システムから「音を飛ばないようにする」システムへ。

1997

  • MDR-G61写真
    MDR-G61

    業界初のネックバンド方式モデル。

1996

  • MZ-E50写真
    MZ-E50

    10月発表。 ソニーのポータブルテクノロジーの粋を集めた再生専用のMDウォークマン。 世界最小・最軽量(*)。4万8,000円(当時の価格)。 (*)1996年9月時点

1995

  • MDR-NC10写真
    MDR-NC10

    ソニー初のノイズキャンセリング機能を搭載。

1992

  • MZ-1写真
    MZ-1

    9月10日発表、11月1日発売。MDウォークマン1号機は1992年11月1日に7万9,800円で発売された。再生録音が可能で、テンキーや音飛びガードを搭載。

  • NT-1写真
    NT-1

    世界初超小型テープ使用デジタルマイクロレコーダー スクープマンNT-1

1990

  • TCD-D3写真
    TCD-D3

    手のひらサイズ DATウォークマン1号機

1988

  • MDR-R10写真
    MDR-R10

    アルミニウムに匹敵する剛性を持つバイオセルロース振動板を世界で初めて採用。価格は36万円

1985

  • WM-101写真
    WM-101

    9月4日発表、10月1日発売。初めてガム型充電池を採用したモデルだが、単3乾電池の使用も可能。電池にかかるコストが大幅に節約され、本体の重さが200gを切った。

1984

  • D-50写真
    D-50

    10月2日発表、11月10日発売。CDジャケット4枚分の大きさで幅127.0×高さ36.9×奥行き132.5mm。本体重量は590gだった。4万9,800円という価格と機能で評判になった。

1983

  • WM-20写真
    WM-20

    8月30日発表、10月1日発売。「世界最小・最軽量」をウリに登場。使用する単3乾電池を1本にしたのが、スモールサイズの秘密。

1982

  • MDR-E252写真
    MDR-E252

    初のインナーイヤー型モデル
    「N・U・D・E」シリーズの1号機

1981

  • WM-2写真
    WM-2

    メタルテープに対応した2代目のモデル。初代よりも高さが24.5mm低くなり、カセットケースと同等のサイズになった。

1979

  • MDR-3写真
    MDR-3

    “ウォークマン”一号機「TPS-L2」に付属。小型・軽量ヘッドホン“H・AIR”シリーズ1号機

  • TPS-L2写真
    TPS-L2

    6月22日発表、7月1日発売。カップルで楽しめるようにヘッドホンのジャックがふたつあり、初期のロットのみ"GUYS&DOLLS"と書かれていた。価格は3万3,000円

1968

  • DR-4A、4C写真
    DR-4A、4C

    ソニー初の密閉型ステレオヘッドホン

<注意事項>
このページは、報道各社の皆様が、原稿執筆等に際し、必要な写真をいち早く入手できるように画像データにてご提供するページです。

◆ お願い
・記事化の目的以外にご使用いただくことはご容赦下さい。
・ご利用の際は、ソニー(株)広報・CSR部へご一報願います。
・無断掲載はお断りさせていただきます。
・画像データの加工の際には、
  1. 画角(縦横比)の変更
  2. 本体の一部を切り取るようなトリミング
  3. その他の画像と合成
  4. フィルター処理などの加工処理はご容赦ください。
◆ ご注意
・ ダウンロードできる画像データは、JPEGフォーマット、300~400dpiにてご提供しております。
このページの先頭へ