SONY

メニュー
サイト内検索ボタン

検索

アルゼンチン

EYE SEE ユニセフ子ども写真プロジェクト アルゼンチン共和国の子どもたちの写真作品を見る
EYE SEE ユニセフ子ども写真プロジェクト TOPページへ

アルゼンチン共和国

国旗
国情報
首都 ブエノスアイレス
人口 4,076万人
面積 2,780,400km2
公用語 スペイン語
主要産業 農業、工業(食品加工、自動車)
5歳未満児死亡率 14/1,000人
改善された水資源を利用する人の比率 98%
平均寿命 76歳
1人あたりのGNI(国民総所得) 9,740米ドル
1日1.25米ドルで暮らす人の比率 1%
識字率 98%
児童労働に携わる子どもの率 不明
アルゼンチン共和国 地図

出典:世界子供白書2013

プロジェクトレポート

2013年3月にアルゼンチンのComandancia Friasという町で開催されたEYE SEEアルゼンチン。その土地に暮らす先住民の子どもたちにフォーカスをあてた、初めてのEYE SEEワークショップとなりました。

アルゼンチンには30もの異なる先住民グループが存在し※1 、それぞれの先住民コミュニティでは、飢え、栄養不良、飲料水の不足、就学率の低さ、健康問題、劣悪な住環境、不安定な雇用、社会的文化的な対立、原生林の破壊、生物多様性の損失などさまざまな課題を抱えています。

そんな中、アルゼンチン北部にある緑豊かなComandancia Friasという地域で、ウィチ族の子どもたち17名が、EYE SEEの写真ワークショップに参加しました。子どもたちが自らの生活を写真に切り取ることで、彼ら自身の意見を世の中に伝え、社会と積極的に関わる機会を提供することが目的です。

プロジェクトレポート ©UNICEF/G.Pirozzi
プロジェクトレポート ©UNICEF/G.Pirozzi
プロジェクトレポート ©UNICEF/Patrick Haar

参加した17人の子どもたちは、初めてデジタルカメラを手に取り、写真撮影をしました。5日間のワークショップの中で、最初は表現することを恥ずかしがっていた子どもたちも、やがて写真を撮ることに夢中に。3日目には、自分たちの日常生活から人々に伝えたいこととして題材を選び、「トラクターでの毎日の通学」、「授業前の朝食」、「菜園で働くクラスメート」、「近隣の村の人々」、「伐採しないでと涙する木」などを撮影しました。

プロジェクトレポート ©UNICEF/G.Pirozzi
プロジェクトレポート ©UNICEF/Patrick Haar

ワークショップを指導した写真家のジャコモ・ピロッツィは、「森の木々や動物たちについての全てを写真にして見せてくれようとしていたよ」と、子どもたちがいかに自然についての知識にあふれていたかをふり返りました。

プロジェクトレポート ©UNICEF/G.Pirozzi
  • ※1出典:国家統計センサス局(National Institute of Statistics and Census、INDEC)/ 先住民族の補完的調査(Complementary Survey of Indigenous Peoples)

(ワークショップ実施:2013年)

子どもたちの写真作品を見る

アルゼンチンの撮影者たち(名前、年齢)

Romualda Domínguez 12
Cristina Marta Díaz 12
Simón Navarrette 18
Diego Marcos 12
Carlos Marcos 14
Patricio Miranda 14
Juana Elizabeth Andrada 12
Mónica Anriques 10
Eneas Palacios 13
Cristián Román García 18
Enzo Rubén Díaz 14
Nelson Aranda 11
Ángel Marcos 14
Venancio Domínguez 12
Delia Miscetian 15
Fabiola Pérez 13
Andrea Ciro 12

ALL images ©UNICEF/G.Pirozzi

このページの先頭へ