SONY

メニュー
サイト内検索ボタン

検索

マダガスカル

EYE SEE ユニセフ子ども写真プロジェクト マダガスカル共和国の子どもたちの写真作品を見る
EYE SEE

マダガスカル共和国

マダガスカル共和国の国旗
国情報
首都 アンタナナリボ
人口 1,963万人
面積 587,041km2
公用語 マダガスカル語、フランス語
主要産業 農業(米、コーヒー、砂糖など)、漁業
5歳未満児死亡率 58/1,000人
改善された水資源を利用する人の比率 41%
平均寿命 61歳
1人あたりのGNI(国民総所得) 420米ドル
1日1.25米ドルで暮らす人の比率 68%
識字率 71%
児童労働に携わる子どもの率 28%
マダガスカル共和国の地図

Data as of 2009, UNICEF

プロジェクトレポート

人口3万人のモロンダバは、ボートづくりに長い歴史をもつ美しい港町です。しかし2009年はじめに直撃したサイクロン・Fanaleでは、モロンダバの多くの人が恐怖を体験し、家を失いました。亡くなった人もいます。たった数時間で、すべてが変わってしまったのです。

数週間後、復興作業が進むなか開催されたワークショップには、9~16歳の20人の子どもたちが参加、写真を使ったルポタージュ技術を学びました。モロンダバの子どもたちは、身近な人々が被災で受けた心身の傷を癒しながらどのように生活し、地域が復興に向かっているかを、つぶさに観察。ときには被写体となる人々にインタビューも行いながら撮影しました。アデレリンは木の幹をくりぬく舟大工の作業を、ナリンドラは海に出る漁師たちを、フローレントは保健センターで予防接種を受ける人々やスタッフの様子を、テオドースはテントやビニルシートで応急処置した学校で学ぶ子どもたちをレポートしました。地域社会の日常を自分の視点で表現し、自分たちに、そして、世界に伝えるために。

撮影風景
撮影風景
レポートしている様子

デジタルカメラを初めて手にするモロンダバの子どもたちにとって、撮影するという行為と、そこに写ったものは、どんなものだったのでしょうか。そして、子どもたちがそこから学んだことは、いったいなんだったのでしょうか。ナリンドラは言います。「撮影した写真を通して何を伝えたいのか考えなければいけなかったけれど、物事を新しい角度から見られるので、コミュニティのまわりを歩き回るのは楽しかったわ」。それは、単なる撮影技術や記録にとどまらない、そこに暮らす人々の真実の物語であり、メッセージなのです。

(ワークショップ実施:2009年)

All images ©UNICEF/G.Pirozzi

子どもたちの写真作品を見る

マダガスカルの撮影者たち(名前、年齢)

Théodose Sitrakiniaina
16
Kelly Andriamanandray
16
Rizzah Camille Ramana
nkoto 12
Julia Haningo 10
Esther Rasoanandasa
na 10
Patrick Rajeriarilala 12
Samiah Bin Houssen
16
Frorent Maharitra 12
lucienne Celestine 16
Rina 16
Narindra Alisoa 15
Maminiana 13
Frederick 11
Adelerin Leorah Ray
mond 16
Orelia Rasoanantenaina
16
Jean De Dieu Raoelson
12
Paulin Jean De Paul 12
Arson 9
Nofisoa 12
steven Tek Isaak 9

All images ©UNICEF/G.Pirozzi

このページの先頭へ